ネイチャーエンジニア Blog

全国各地で年間100箇所以上探索するフリーランスITエンジニアが、自然をもっと楽しむための情報を発信。


TOP | 自己紹介 | アプリ・ゲーム | 


ゴキブリはなぜ嫌われるのか? | 害虫とうまく付き合う方法

ネイチャーエンジニアの亀田です。

 

害虫」と聞いて、多くの方が思い浮かべる生き物に、

ゴキブリがいますよね。

 

この虫を「この世から排除したい!」

くらいに嫌っている方もいるのではないでしょうか。

 

このゴキブリについて、

1000種以上の虫を見て来た僕が

オススメする対処法を書きたいと思います。

 

f:id:kkamedev:20171109230702j:plain

 

ゴキブリはなぜ嫌われるのか?

害虫とは

害虫とは、僕たち人間にとって害をなす虫のことを言います。

 

害虫の分類は大きく3つに分かれます。

  • 衛生害虫
    人を刺したり、病原体を媒介する虫
    例)カ、ムカデ、など
  • 経済害虫
    農作物や家畜に悪影響を及ぼしたり、家財にダメージを与える虫
    例)カメムシ、シロアリ、など
  • 不快害虫
    心理的なおぞましさを感じるような虫
    例)クモ、ゲジゲジ、など 

 

さて、ではゴキブリは何の害虫なのでしょう?

 

実は、上記全てに当てはまると言われています。

 

ゴキブリが嫌われる原因

全分類の害虫のレッテルを貼られてしまったゴキブリ。 

 

その中でもゴキブリが嫌われる一番の原因は

不快害虫としての側面=「見た目や動きが気持ち悪い

(と思われている)ということでしょう。

 

※衛生害虫、経済害虫の側面もありますが、

他に大きな影響を及ぼす害虫に比べれば軽微なものです。

 

なんだか汚そう、

ツヤツヤして油っぽい感じが嫌だ、

素早くて予想外の動きが不気味、

 

といった感想が多いのではないかと思います。

 

ゴキブリとの接し方

それでは、このようなゴキブリとどう付き合って行けば良いでしょうか?

 

虫、というか生き物には、

それぞれ「住みやすい場所」 というものがあります。

 

食べるものがたくさんあるところ、

安全で暮らしやすいところ、

生活スタイルにあった暮らしができるところ。

 

人間がこんなことを基準に住む場所を選ぶように、

虫も上記のような基準を持って住む場所を選びます。

 

ゴキブリの好きな場所 

ではゴキブリの生活スタイルってどんなでしょう?

  • 夜型(=夜行性)
    →暗いところが落ち着く
  • 体が平べったいので狭いところが好き
    →体型に合った場所に住むと快適だし安全
  • 変温動物
    →暖かいところで活発に動けます
  • 水分・食べ物が必要
    →エサがあるところ、水気があるところが好き
  • 体に油をまとっている
    →食べ物は油っぽいものが好き
  • 嗅覚が良い
    →美味しい匂いを嗅ぎつけられる

 

ゴキブリの過ごしやすい環境が想像できましたでしょうか?

この環境の逆を想像してみましょう。

 

寒くて乾燥してて隠れる場所がなくて、

食べ物が落ちてなくて無臭な場所。

 

うーん、なんだか生活感のない部屋がイメージできますね。

人間にとってもあまり快適な活動的な空間ではなさそうですよね。

 

好みが人間と似てるからこそ、遭遇する確率が高いんですね。

 

ゴキブリが嫌なのは文化やイメージ

ゴキブリが気持ち悪がられて嫌われるのは、

社会がそういうイメージを作っているのだと思うのです。

 

具体的な例があります。

北海道にはゴキブリがほとんどいません。

北海道の知人は、東京へ引っ越してきた時には全然平気で、

触るのも全然抵抗がなかったそうです。

ですが東京にしばらく住み、

ゴキブリ=汚いものというイメージを持つようになってダメになった。

と言っていました。

 

実は僕も前は一般的な日本人と同じように、

ゴキブリが苦手でした。

家に出る度にパニックです。

 

では今はどうかというと、

特別おかしな虫ではなく、他の虫や生き物と同じ

という感覚で見ることができます。

 

こういう風に見られるようになったのは、実は最近です。  

 

というのは、何千種という動物を見ていると、

ゴキブリ以上にインパクトのある生き物はたくさんいるんですね笑

 

そういうものをたくさん見てくると、

生き物っていろんな形があって、

だからこそ面白いんだな、

と思うようになったのです。

 

ゴキブリの能力は面白い!

ゴキブリは何も武器を持ちませんが、

すごい省エネシステムを持っています。

気門(お腹にある空気の出入り口)を閉じて

水分を放出しない仕組みや、

排泄を抑えて栄養を体に蓄えておく仕組みがあります。

 

いきものに対して、

どんな特技があるんだろう?

どんなことが好きなんだろう?

と興味を持つと、

いろんな姿が見えてきます。

 

一般的なイメージとは全然違うものだっているんですね。

 

人と同じ生き物という目線で向き合って見る

こうすると、嫌われ者もイメージが変わるかもしれません。

 

みなさんの嫌いなものが1つ減り、 

人間社会一番の嫌われ者であるゴキブリが、

少しでもプラスのイメージを持たれることを願います。

 

ちなみにやっぱりダメだという方は、

家をゴキブリが好む場所の逆の環境にすれば棲み分けができると思います笑