ネイチャーエンジニア Blog

全国各地で年間100箇所以上探索するフリーランスITエンジニアが、自然をもっと楽しむための情報を発信。


TOP | 自己紹介 | アプリ・ゲーム | 


台湾(台北周辺) - 南国らしい美しい蝶に出会う | 自然観察の旅

ネイチャーエンジニアの亀田です。

 

以前、台湾で出会った鳥について記事を書きましたが、今回はチョウです!

www.nature-engineer.com 

台湾と言えば、蝶(チョウ)も有名です!

 

台湾には400種類ほどの蝶が生息しているようです。

(日本は250種類ほど)

 

1月に行った旅では野鳥がメインだったのですが、

道中面白い虫たちにも出会えたので紹介します。

 

美しい蝶たち

ツマベニチョウ

f:id:kkamedev:20180211122254j:plain

白ベースにオレンジ色の紋が特徴的です。

分類的にはシロチョウ科という、

モンシロチョウなどのグループに属しますが、

他の種よりも大型で、存在感がありました。

 

ルリウラナミシジミ

f:id:kkamedev:20180211122927j:plain

台北植物園に咲いている花を吸蜜しに、たくさん飛んできていました。

名前の「ルリ」は表翅がルリ色になっているため。

翅を広げるとキレイなルリ色が見られます。

静止している状態だと翅を広げなかったので、ルリ色の撮影はできませんでした。

 

ツマムラサキマダラ

f:id:kkamedev:20180211123434j:plain

青色のベースと白いまだら模様が宇宙のような神秘さを感じさせます。

現地で始めて見た時の青い輝きは衝撃的で、見入ってしまいました。

 

イラガの幼虫(?)

f:id:kkamedev:20180211124038j:plain

おそらくイラガの幼虫だと思うのですが、不明です。。。

台湾の書店でも蝶の本はまあまあ置いてあり調べられるのですが、蛾の情報はやはり少ないですね。

 

蝶以外の虫たち

銅豔白點花金龜

f:id:kkamedev:20180211124334j:plain

ハナムグリの一種です。(名前は読めません。。。)

最初見つけた時は、「赤いカナブン!?」と思ったのですが、後で図鑑を見て調べてこの種ではないかという結論になりました。

この写真では分かりづらいですが、羽の中央付近にハナムグリらしい白い斑点があります。

大型の甲虫は台湾でこの旅で始めて見たのでテンションが上がりました。

 

マスラオハエトリ

f:id:kkamedev:20180211124818j:plain

とっても美しいハエトリグモを見つけました。

まるで熱帯魚のような色味です。

写真のものはメスで、オスは地色が黒っぽいようです。

日本では沖縄、奄美大島で見られます。

ハエトリグモは全般的に気が強いです。

この種も例外にもれず、写真を撮っているとよく威嚇してきました。

 

まとめ

以上、紹介した数は少なかったのですが、見ての通り台湾には美しい虫もとっても多いです!

台湾の蝶のシーズンは5〜6月のようなので、その時期にはきっともっとたくさんの虫たちに出会えるのでしょう!

 

僕も虫目当てでもまた行ってみたいと思います!