ネイチャーエンジニア Blog

全国各地で年間100箇所以上探索するフリーランスITエンジニアが、自然をもっと楽しむための情報を発信。


TOP | 自己紹介 | アプリ・ゲーム | 


<初心者向け>山や森をハイキングするのにオススメの服装

ネイチャーエンジニアの亀田です。

 

ハイキングや登山が気持ちの良い季節になりました。

 

そこで、今回は春〜夏に山や森を歩くのにオススメの服装をご紹介します。

 

今回の記事で対象としている読者は、

・普段あまりハイキングしていない

・ハイキングをこれからゆるりと始めたい

・単発ではなく、定期的に行くつもり

といった方です。

 

なのであまりコストをかけ過ぎず、普段の服装の延長線上で揃えられる装備を中心にオススメしたいと思います。

 

ちなみに僕の普段の装備はこんな感じです。

f:id:kkamedev:20180524000345j:plain

 

オススメの理由を、僕の体験を交えてご紹介していきます。

 

 

服の色は「黒以外」が良い

1つ目は服の色についてです。

 

服の細かい機能よりも服の色が重要なのはなぜか?

 

その理由は黒の服は虫に刺されやすいからです。

 

まず、「蚊」。

 

蚊は夏場の森の中で出会う厄介なやつですが、彼らは黒を好みます

 

実際僕も明らかな差を感じました。

黒い服で行くとめちゃめちゃ蚊に刺されるのです

ジャージとか履いてても、上からブスブス刺されます。

 

蚊に刺されるとかゆいだけでなく、運が悪いと病原菌を持っていたりするので刺されないに越したことは無いですよね。

 

僕の経験上、虫よけスプレーをかけるよりも服の色変えた方が効果があると思います。 

 

なお、服の上からさせない素材の服を着ていくと完璧ですね。

ウインドブレーカーみたいな、繊維の隙間がないやつです。

 

もう一つ効果があるのが、「ハチ」。

 

ハチも黒いものを狙って刺すといわれます。 

 

ハチの場合は、変に刺激をしなければ積極的に刺してくることはありません。

 

ただ、秋の繁殖期の時期は気が立って攻撃的になっているので意識して注意が必要です。

 

長袖・長ズボン

これは理由が2つあります。

 

虫や植物から守る 

1つ目が色でも触れた理由。

 

ただし、先ほど紹介した虫以外で注意しなくてはいけない奴がいるのです。

 

それは、「マダニ」。

 

マダニは動物の血を吸う習性を持つので、積極的に近寄ってきます。

こいつの戦法は、草むらで待ち構えて、動物が近くを通ったら飛びついてしゃぶりつく

 

とてもちっこい虫で、刺されても痛くはないです。

怖いのは、病原菌を媒介すること

痛くないので刺されてもすぐに気がつかないのが逆に厄介なのです。

 

さらに、手で取ると体がちぎれて頭だけ残ってしまう可能性があるので、病院に行かなくてはなりません。

 

ちなみに僕はやられたことないですが、一緒に探索していた妻がやられたことがあります。

大事には至りませんでしたが。

 

他には「植物」に触れるのも服装で防ぐことができます。

特に気をつけたいのは、「ウルシ」「バラ」系の植物。

 

ウルシは皮膚に触れるとかぶれます。

 

バラは鋭いトゲを持っているので引っかかったりすると猛烈に痛いです。

こんなんに足が引っかかったらと思うと…ヒィー!

f:id:kkamedev:20180524005907j:plain

 

防寒対策

2つ目の理由は防寒対策です。

 

特に山は登っている時は暑くても、標高が高いと寒くなるし、天気も変わりやすく急に冷えたりするので着脱しやすいものを持っていると便利です。

 

他にも初夏などは、日なたは暖かいけど日陰は寒い、などもあります。

 

ユニクロのウルトラライトダウン、かさばらなくてオススメです。

 

トレッキングシューズ

個人的には、もうこれなしでハイキングできません笑

 

トレッキングシューズは登山靴の一種です。

軽登山靴とも呼ばれ、耐久性がありつつ柔軟性があり、舗装された登山道のような道で威力を発揮する靴です。

 

デザイン的にもちょっとごついスポーツシューズくらいなので、普段使いもしやすいと思います。

 

僕がこれを必須と思う理由は2つあります。

 

オールラウンドに探索できる

僕は山以外にも湿原や干潟など、いろんなフィールドに探索に行きます。

 

そうすると色んな足場があるんですね。

 

例えば、

 

砂浜:足を取られる負担が減り、ミドルカットの靴なので砂もほとんど入ってこない

湿地:ぬかるみがあってもあまりに深いものでなければ難なく歩ける

 

と、フィールド毎に装備を揃えなくて良い、という恩恵が得られます。

 

とにかく丈夫!

僕は割とすぐに靴を履きつぶしてしまうタイプでして。。

 

前はよくスポーツシューズを使っていたのですが、半年くらいすると靴底に穴が空いてしまったり、ドラゴンボールの悟空の靴みたいになったりしてました笑

 

ところが、以前よりもるかに探索頻度が上がったのですが、今のトレッキングシューズは履き始めて1年半、まだまだ現役です

 

僕にとってはとてもコスパが良く、今では外せないアイテムになっています。

 

防水機能がある装備

これは最初から準備をしなくても良いかもしれません。

 

何回か行って、定期的にハイキングにいくことになりそう。

またはハイキングは今後継続的にすることを決めているから、初期コストが掛かってもちょっと良いものが欲しい、という方ですかね。

 

その場合は、以下を重視することをオススメします。

防水性がある

速乾性がある

 

出かける回数が増えるほど雨に当たる回数も増えます。

 

多少の雨には耐えられるものであれば、余分に雨対策用の装備を持っていく必要もなくなるのではないでしょうか。

 

まとめ

まとめると、

  • 「黒以外」の服装 
  • 長袖・長ズボン
  • トレッキングシューズ
  • 防水機能がある服(後からでも良い)

 でした。

 

準備ができていると、一層快適にハイキングを楽しめると思います!

 

それではみなさん、良いハイキングを!

 

[合わせて読みたい記事]

バードウォッチングの魅力とは?動物園や猛禽カフェとの違い