ネイチャーエンジニア Blog

全国各地で年間100箇所以上探索するフリーランスITエンジニアが、自然をもっと楽しむための情報を発信。


TOP | 自己紹介 | アプリ・ゲーム | 


野鳥撮影を楽しむ!カメラを使ったバードウォッチング

ネイチャーエンジニアの亀田です。

 

野鳥観察の魅力とは?動物園や猛禽カフェとの違い

の記事でバードウォッチング=野鳥観察の魅力を紹介させていただきました。

 

その中で紹介した「姿を楽しむ」は、野鳥観察の主流な楽しみ方です。

 

今回は主に「カメラを使った楽しみ方」を深掘りしたいと思います。

 

関連: 最強の高倍率コンパクトデジカメはどっちだ? キヤノン PowerShot SX60 HS vs ニコン COOLPIX P900

 

「野鳥撮影って、カメラで野鳥の姿を撮影する以外に意味があるの?」

 

はい!

撮影するという言葉でも、「どんなテーマで撮影するか」によって、色んな楽しみ方ができるんですよ。

 

それでは、「カメラを使った色んな楽しみ方」を紹介していきます。

 

 

カメラを使って野鳥の姿を楽しもう!

f:id:kkamedev:20180604221715j:plain

 

こちらは以前の記事でも紹介した、キビタキの写真です。

 

んー、やっぱり綺麗な鳥ですね。

こういった魅力的な鳥に出会って、観察して楽しむのが野鳥観察です。

 

こんな綺麗な鳥が、実は東京の身近な公園でも見られるんだからたまりません。

 

関連: 野鳥観察初心者はどこに出かければいい?まずは近くの公園に行ってみよう!

 

さあ、それでは野鳥をさらに楽しむ写真撮影の方法、紹介して行きますよー!

 

花鳥風月(アート)としての撮影を楽しむ

昔から日本にある言葉に「花鳥風月」があります。

花鳥風月 :美しい自然の風景や、それを重んじる風流を意味する四字熟語である。(ウィキペディアより)

 

この言葉に象徴される通り、昔から日本人は「鳥の姿は美しい」 という認識を持っていたんですね。

 

花鳥風月を感じる写真としては、鳥単体ではなく、「鳥の後ろにある背景」・「自然や季節を感じられる構図」を意識して、写真全体としてメッセージ性があることが大切にになります。

 

よく野鳥撮影の悪い写真の例として、電柱や電線に止まっている写真はダメ、と言われます。

これは花鳥風月的なテーマにそぐわないから、という理由となります。

 

花鳥風月に沿った写真としては、以下のようなものになるでしょう。

f:id:kkamedev:20180605002750j:plain

「梅」+「メジロ」で、季節感のある写真になりますよね。

 

コレクションとしての撮影を楽しむ 

日本で観察記録のある野鳥は600種類以上になります。

 

野鳥撮影をしていると、公園・森・川・海と、場所ごとにたくさんの種類の野鳥に出会うことができます。

 

ある程度経験を積んでいくと、あの鳥はまだ見ていないから遠出してでも撮影に行こう!と、鳥目的の移動や旅が増えていくんですね。

 

そう、鳥をコレクションしたくなっていくのです。

 

ポケモンが大ヒットしたことから示されるように、コレクション欲は人間に本能的に備わっているものなのかもしれません。

 

野鳥観察は「大人のポケモン」と表現されることがありますが、本当にその通りだと思います。

 

さらに言えば、攻略法は多様化しているし、トライし続ければ出会えるといった保証はないわけですから、より中毒性のあるゲームになっています笑

 

野生的な瞬間の撮影を楽しむ

野生的な瞬間を撮影する。

 

これは野生動物ならではですよね。

 

狩りをする瞬間、求愛行動をする瞬間、色々ありますが、その中でも特に鳥らしい行動があります。

 

もう想像できた方もいますよね?

 

鳥らしい行動、それは「空を飛ぶ姿」です。

 

僕は技術が未熟なので、迫力のある飛翔姿でなく申し訳ないのですが、なんとか撮れた飛翔中の写真をお見せします。

f:id:kkamedev:20180605005946j:plain

 

タカ・ワシなどの猛禽類は飛翔姿がとても迫力があるので、猛禽類ばかりを狙って撮影されているバードウォッチャーの方もいます。

 

飛翔中の姿にさらに花鳥風月を組み合わせられればよりアート性が上がるでしょうね。

 

撮影した写真の使い道

「撮影した写真はどうしてるの?」

 

という疑問も浮かんできますよね。

 

花鳥風月や飛翔中の姿などのアート性のある写真は、現像して家などに飾るというのは絵画の代わりになるし、いい楽しみ方ですね。

 

写真コンテストに応募するという楽しみ方もあります。

入賞したら、今後の撮影活動のモチベーションも一層上がることでしょう。

 

また、野鳥観察ブログを書いて発信するというのもバードウォッチャーの主流な楽しみ方です。

 

これの良いところは、ブログを通じて野鳥観察仲間ができることでしょう。

やはり同じ趣味を持った人とは通じ合いやすいです。

 

この、写真によるコミュニケーションは他にも例があります。

 

僕は旅行に行ったり出かけたりすると、他のバードウォッチャーの方と出会うことが多々あります。

海外から来た方と出会うこともあります。

 

その時、英語は流暢に喋れなくても写真を見せ合うだけでもコミュニケーションが取れてしまうのです。

 

共通の趣味を持つことで、出会いや人との繋がりが広がるのです。

 

おわりに

野鳥撮影の楽しみ方が少しでも伝わっていれば嬉しいです。

 

「タカの飛翔中の迫力ある姿を鮮明に撮りたい!」のように撮影を極めようとすると結構高額な装備になってしまったりします。

 

が、まずは手持ちカメラで小鳥撮影からでも十分に楽しめますよ!

オススメのコンパクトカメラの記事も書きましたので、検討の参考にしてみてください。

 

参考記事: 最強の高倍率コンパクトデジカメはどっちだ? キヤノン PowerShot SX60 HS vs ニコン COOLPIX P900


P900-BK ニコン デジタルカメラ「COOLPIX P900」 [P900BK]【返品種別A】