ネイチャーエンジニア いきものブログ

虫・鳥などの動植物の魅力や知識など、自然観察をもっと楽しむための情報を発信します。

季節によって姿が変わるチョウ「キタテハ」の特徴と魅力

※2018/11/6更新

キタテハ

秋に見られる、面白い虫を教えて!

こんな要望にお答えします。

 

ネイチャーエンジニアの亀田です。

 

今回紹介するのは、「キタテハ」というチョウ。

 

このチョウは、季節によって姿が変化する面白いチョウです。

 

というわけで、今回はこのキタテハについて紹介します。

 

 

 

 

キタテハ (チョウ目タテハチョウ科)

キタテハ

キタテハは、1年を通して見られるチョウ。

 

特に、春先秋頃はよく目立つところに出てきます。

 

オレンジの地色に黒と青の斑点がとてもキレイです。

 

キタテハは、草原や河川敷、森や畑などの環境で見られます。

 

後述するセイタカアワダチソウの花の蜜によく集まるので、この花がある場所で観察しやすいです。

  

セイタカアワダチソウの花に集まる 

下の黄色い花はセイタカアワダチソウ

セイタカアワダチソウ

セイタカアワダチソウは、秋に花を咲せます。

 

キタテハはこの花の蜜が好きなようで、秋にはこの花の周りでよく観察できます

 

ちなみにセイタカアワダチソウは外来生物でもあります。

 

この花の特徴については、以下の記事で詳しく紹介しています↓

 

季節によって姿が変わる【夏型と秋型の違い】

キタテハは季節によって変身するチョウ

 

夏型・秋型というのがあり、チョウが生まれる時期によって姿が変わるのです。

 

左:秋型、右:夏型

f:id:kkamedev:20171012104122j:plain f:id:kkamedev:20171012104247j:plain

 

秋型の方が赤みが増し、翅の形がとがった感じになります。

 

季節によって、姿を変えるなんて、とっても面白いですよね!

 

このように、チョウの季節ごとの姿を「季節型」と言います。

 

季節型については、以下の記事で詳しく説明しています↓

  

成虫越冬

虫に関する用語で、「越冬形態」という言葉があります。

 

これは冬をどういう姿(成虫/さなぎ/幼虫/卵)で越すのかという言葉です。

 

キタテハは1年を通して見られると先述しましたが、その理由が成虫越冬であること。

 

多くのチョウは卵や幼虫の姿で越冬しますが、キタテハは成虫の姿で越冬するのです。

 

真冬でも暖かい日には、運が良ければヒラヒラと舞う姿を見ることができます。

 

春に見られる越冬後の姿を観察してみよう

初春の3月頃になって暖かい日が増えると、キタテハは他のチョウたちよりも一足早く活動し始めます。

 

秋に生まれたキタテハは、厳しい冬を生き延びたものだけが春の暖かさを感じることができるのです。

 

そんな春の彼らの姿を、ぜひ観察してみてください。

 

越冬したチョウは、冷たい冬の雨や風を耐え凌いだ猛者たち。

 

多くのチョウのその「はね」は、ボロボロになっています

 

↓は比較的綺麗な状態ですが、はねの外側の方は擦り切れています。

キタテハ 越冬個体

 

厳しい冬を乗り越えた彼らを見たら、出会えて嬉しい気持ちと共に「お疲れ様」と言いたくなる気持ちにさせられます。

  

おわりに

キタテハは日本では決して珍しくない、普通種です。

 

だけど、季節によって姿が違ったり、寂しい冬でもその姿を見せてくれたり、たくさんの魅力を持つチョウです。

 

この記事で、少しでもキタテハの魅力が伝わると嬉しいです。

 

合わせて以下の記事もどうぞ↓

虫の名前を知りたい!

見つけた虫を識別したい!虫の名前を調べる3つの方法

虫を楽しむための情報・グッズを知りたい!

虫を楽しむ情報・グッズまとめ【本、アプリ、グッズなど】

虫に関する他の記事を見る

「虫」カテゴリーの記事一覧

 

では、また。