ネイチャーエンジニア いきものブログ

虫・鳥などの動植物の魅力や知識など、自然観察をもっと楽しむための情報を発信します。

小さな猛禽「百舌(モズ)」【かわいい・多彩な鳴き声・肉食な秋の野鳥】

モズ

目立つ場所にとまっていろんな声で鳴いてる鳥がいる!

あの鳥は何?

こんな疑問にお答えします。

 

ネイチャーエンジニアの亀田です。

 

特に秋の季節、頻繁に鳴き声を聞く機会のある野鳥がいます。

 

それは「モズ」。

 

モズは様々な声を操るという、特徴を持ちます。

 

しかし、モズはそれ以外にもたくさんの魅力がある面白い鳥です。

 

今回は、そんなモズについて紹介します。

 

 

 

 

小さな猛禽「モズ」の特徴と魅力

丸い体型のかわいい鳥

モズは丸っこい体系をしたかわいい鳥。

 

杭や電柱などよく目立つ場所に止まり、尾をクルクルと回す仕草をします。

 

体長20cmくらいで、スズメとムクドリの中間くらいのサイズ。

 

オスとメスは若干姿が異なります。

 

モズ オス

モズ オス

 

モズ メス

f:id:kkamedev:20181125215927j:plain

 

モズのオス・メスを見分けるポイントは以下の通り。

・オスは過眼線(目の部分の線)が黒く、メスは茶色
・メスは胸まわりがうろこ状

 

オスの方がアクセントの効いた外見になっています。

 

様々な鳴き声を出し分ける鳥【百舌】

モズ

モズは漢字で「百舌」と書きます。

 

この名前の由来は、モズが「様々な声を出し分けられること」。

 

そう、モズの鳴き声は実に多彩なのです。

・「キィーキィー」
・「ギギッ」
・「ギチチチ…」
・「ジュジュ」
・「チチピー、チチピー」

 

と、本当に1種の鳥の声とは思えないほどのバリエーションが。

 

僕も探索中に鳥の鳴き声を聞いて、シジュウカラだと思って見上げたら、モズがいて驚いた記憶があります。

 

モズの「ギチチチ…」と甲高く鳴く声。 

 

この声は秋に良く聞かれる鳴き声で、「モズの高鳴き」と言います。 

 

モズの高鳴きは、餌の少なくなる冬に備えての縄張りアピール

 

ここは俺の陣地だぁぁぁー!!」と叫んでるわけです。

 

そのため冬を控えた秋の季節は、いろんな場所でモズの高鳴きが聞こえて賑やかになるのです。

 

ちなみに秋によく鳴くと言われますが、経験上12〜1月くらいまでは鳴いています

 

モズにとって秋→冬への切り替わりは、少し時期の感覚が違うのかもしれませんね。

 

以下の記事で紹介したジョウビタキとも、縄張り争いをする様子が見られることがあります。

 

モズの習性「早贄(はやにえ)」

モズ サバイビー

モズの有名な習性に、「早贄(はやにえ)」というものがあります。

 

早贄も秋によく行う習性で、獲物を枝などに突き刺しておく行動のこと。

 

ただ、その理由は良くわかっておらず、以下のような説があります。

・獲物を固定しておくため
・非常食として取っておくため
・縄張りアピールのため

 

秋に行われるという時期的にも、縄張りアピールは関連がありそうですね。 

 

モズは餌とする獲物の幅が広く、昆虫や両生類、爬虫類までが獲物対象。

 

太くて強力な嘴がそれを可能にしているのでしょう。

 

小さくて可愛らしい姿なのに、とっても肉食! 

 

その肉食性は以下の記事で紹介した漫画「サバイビー」でも登場します↓

 

以上のようなことから、モズは小さな猛禽類とも呼ばれています。

 

モズを観察できる季節 

モズには畑や田んぼ、林縁などで出会えます。

 

モズは渡りをしない留鳥ですが、夏の間は微妙に移動して山など標高の高い避暑地で過ごします。

 

そのため、平地で見られるのは秋〜冬

 

目立つ場所に出てきて高鳴きをする「」が特に観察しやすいです。

 

渡り」「留鳥」などの用語については、以下の記事で詳しく解説しています↓

 

おわりに

今回はモズを紹介しました。

 

モズは鳴き声や行動パターンが多彩で、見てて飽きない鳥です。

 

僕もモズを見ると、ついついその可愛らしい仕草を撮影してしまいます。

 

モズを見つけたら、ぜひその行動をよく観察してみてくださいね!

 

合わせて以下の記事もどうぞ↓

いろんな鳥の魅力を知りたい!

いろんな種類の野鳥の魅力まとめ【海外で観察した野鳥も紹介】

鳥を楽しむための情報・グッズを知りたい!

鳥を楽しむ情報・グッズまとめ【本、アプリ、グッズなど】

鳥に関する他の記事を見る

「鳥」カテゴリーの記事一覧

 

では、また。