ネイチャーエンジニア いきものブログ

虫・鳥などの動植物の魅力や知識など、自然観察をもっと楽しむための情報を発信します。


TOP | 自己紹介 | 運営者のアプリ・ゲーム | 運営者の本


なぜ虫嫌いになるのか?一度虫が苦手になったけど、克服した話

f:id:kkamedev:20180530140242j:plain

ネイチャーエンジニアの亀田です。

 

普段友人・知人と話していると、しばしば虫の話になるのですが、その時よくこんな質問を投げかけられます。

 

「なんで虫ってこんなに嫌われるんだろう?(or 嫌いなんだろう?)」

「虫嫌いを直す方法って何かありますか?」

 

これらの質問には僕なりの結論があります。

 

というのも、僕も過去に虫が苦手になったことがありますが、それを克服した経験がああるからです。

むしろ今は好き過ぎるくらいになってしまいました笑

 

「でも、虫を好きになって何かメリットあるの?」

 

と思う方もいるでしょう。

 

これにも、僕が考える「虫を好きになった方が良い理由」があります。

 

僕自身の体験談も踏まえて、「虫を好きになるべき理由」、「虫が苦手」になる理由と克服する方法をお伝えしていきます。

 

■ 目次 

 

虫嫌いを克服すると何が良いか? 

まず、虫嫌いを克服すべき理由をお伝えします。

 

虫が苦手な人に話を聞くと、必ずこの悩みが出てきます。

 

「家に虫が出てきて嫌!」

「出てきた虫の対処に困ります…」

 

みんなこれで悩んでるんですよね。

 

自分から近づいていないのに、虫から近寄ってきてしまう。

虫が苦手な人の一番の悩み事ではないでしょうか。

 

虫嫌いを克服すると良いことは色々とありますが、

家に出た虫の対処ができること

は一番嬉しいことなのではと思います。

 

虫が苦手な人に虫が出た時の対応を聞くと、その対応方法が悪いことが多いです。

 

例えば、カメムシ。

 

「家にカメムシが出たからスリッパで潰したら、すごくクサいにおいを出してスリッパを捨てるハメになった…」

 

これが発生したら、余計にカメムシが家に出るのが嫌いになってしまうでしょう…

 

カメムシって、普段からクサイわけではありません。

危険を感じた時に、お腹部分からクサイガスを放出するのです。

カメムシがクサくなるのは、怖がっている証拠です。

 

だから、すごい剣幕でスリッパで叩き潰そうなんてしたら、カメムシは怖くてガスをめっちゃ出します。

 

では、正しい対処法は?

 

カメムシが怖がらないように、穏便に対応しましょう。

 

カメムシが歩いていたら、その進行方向に手を起きます(新聞紙とかでもいいです)。

すると、カメムシはそのまま進んで手をトコトコと登ってきます。

カメムシが手に登ったら、自分が外に移動してカメムシを家の外に置いてやりましょう。

 

カメムシを背後から掴もうとしたりするとカメムシは警戒するので、優しく接することがコツです。

 

これで解決です。

ね、簡単な対処でしょ?

 

こちらがしてほしいことは、カメムシに外に出て行ってほしいだけです。

なので無理に騒いだり攻撃する必要はなくて、淡々と対処すれば良いのです。

 

このように、「虫嫌だ!」「出てこないでほしい!」と攻撃したり排除しようとすると、状況は悪化したり反撃されて嫌な思いをするだけです。

 

ちょっと虫の習性や行動を知って冷静に対処することで平穏な日常を過ごせるのです。

虫嫌いと拒絶するだけでなく、一歩近づいて相手のことを知ってみましょう

 

とは言っても、「どうしても嫌なんだ」、という方へ。

なぜ虫が苦手なのか、その理由を知ることが必要なのかもしれません。

 

虫が苦手になる理由をお伝えしていきます。

 

虫が苦手になってしまった話 

f:id:kkamedev:20180625222938j:plain

では、なぜ虫を苦手になるのか?

 

僕が実際に虫を苦手になってしまった例からお伝えしたいと思います。

 

カブトムシが大好きだった少年時代

僕は子供の頃、虫が大好きでした。

 

小学生の頃は、毎日のようにカゴと虫取り網を持って近所の公園や草むらを走り回っていました。

 

ダンゴムシから始まり、ベタですがカブトムシ・クワガタを森に採りに行くのが一番ワクワクする遊びでした。

 

家の近くは海寄りで、森がなかったのでカブトムシは親に車で連れていってもらわないと行けず、より冒険心をくすぐられたのかもしれません。

 

採ったカブトムシは家で飼育しました。

 

飼育してからは毎日虫かごを観察するのが楽しみ。

カブトムシにはかわいそうですが、キャッキャ言いながら虫かごから出して手に乗せたり、動いてほしくて虫かごを揺さぶったりもよくしました。

 

社会人になって虫が苦手になった

そんな虫好き少年はITエンジニアとして社会人になり、サラリーマンとなりました。

 

サラリーマンとして過ごした期間は10年ほど。

 

普段虫探ししたり、ましてや触ることはありませんでした。

ただ、年に1回くらいは夏にキャンプに行って夜にカブトムシ探し、のようなことはしていました。

 

虫に触れる頻度は減ったものの、自分の中では子供の頃と変わらないくらい虫が好きな気持ちのつもりでした

 

ですがある時、昔とは違うことに気づく事件がありました。

 

夜、仕事から帰宅して自宅のあるマンションに入った時、電灯に導かれたコガネムシが自分の肩にアタックしてきたのです。

 

多分、当時アタックしてきたのはこのアオドウガネ。

アオドウガネ

 

突然の奇襲に驚いた僕は、「うわ!」と思わず声をあげてしまいました。

 

その後、そこに落ちたコガネムシを見つけました。

そして、よく見てみようと思い、手を伸ばそうとしました。

 

ところが、

 

あれ、手が伸びない?

 

この虫は無害(毒ない、噛まない)です。

そのことはよく知っていました。

 

でも、手を伸ばすと、

この虫が自分に向かって飛んでくるかもしれない。

予測不能な動きをするかもしれない。

 

そう思うと、手が伸ばせませんでした。

 

この時、僕は虫が苦手になってしまったと気付いたのです。

 

虫が好きなはずだった僕は、正直ショックでした…。

 

なぜ虫を苦手になるのか

f:id:kkamedev:20180623133008j:plain

なぜ、虫を苦手になるのか?

 

僕自身のコガネムシがさわれなくなった話、そして友人たちの話を聞いて、 僕が出した答えは2つあります。

 

1. 情報不足

1つ目は、「虫に対する情報不足」です。

 

これは先ほどの例で僕がコガネムシを触れなくなったのも同じパターンです。

 

友人の話を聞いていても、「昔は虫を全然平気で触れたんだけどねー」という人もかなりの割合います。

 

でも突き詰めると、これは対象が虫なだけで、人でも同じであることに気付きました。

 

例えば昔頻繁に遊んでいた友達がいて、3年間一度も連絡をしなかったとします。

するといざ連絡する時、昔ほど気軽にはメッセージ送れなくないですか?

 

そしてそれが10年間だったら。

何の仕事をしているのか?結婚しているのか?どこに住んでいるのか?

全く状況が分からない。

(今はSNSのプロフィールなどである程度把握できたりしますが)

 

「迷惑かも」「メアド変わってないかな」と、気を遣ったり、躊躇してしまいますよね。

 

そう、それは相手の状況や考え方が理解できないという「情報不足」という状況から起きているのです。

 

情報不足になっていると、自分のアクションに対して相手が「どういう反応をするか想像できません」。

 

虫についても、昔はどう反応するのかをよく理解していたのが、虫との関わりが減り、情報不足になって想像ができなくなってしまったのが原因と思われます。

 

2. 所属するグループの価値観

2つ目は「価値観が変わった」からです。

 

友人の話でこれを象徴する話がありました。

 

友人は北海道出身で、そこにはゴキブリはほとんど生息していません。

 

友人が初めて東京に出てきた時、ゴキブリに対して嫌なイメージはなく、触ることもできたそうです。

 

ですがそれから東京で数年過ごしてからは見るのも嫌になってしまったとのこと。

 

これはなぜでしょうか?

 

テレビや一般的な価値観として、ゴキブリは害虫、汚い、グロテスク、というイメージがつけられています。

 

それにずっとさらされていると、本質的なものよりもイメージの方が強くなってしまうのです。

 

逆にいいイメージにされている生き物もいます。

 

例えばエビは、ゴキブリといい勝負のインパクトのある姿だと思いますが、「気持ち悪い」よりも「美味しそう」というイメージが強いですよね。

 

ちなみに、これも人間で例えることができます。

 

少し古い考えの日本社会では(世界でもそうなのかもしれませんが)、サラリーマンとして働くことが一般的で、「企業勤めして労働する=社会人として一人前」というイメージがあります。

 

さらに言うと、「1つの会社に長く勤めるべき」と言う考えがあります。

なので、転職を何度も繰り返している方は、堕落者のレッテルを貼られたり、社会不適合者に見られがちです。

 

が、実際は色々な働き方があり、ステップアップのための転職や、より自分が活躍できる場所への転職もたくさんあります。

 

このように、所属するグループの文化による影響を大きく受けるわけです。

 

なので、ゴキブリが汚い、と言うのもイメージと実態が合っていない可能性があります。

 

毎日触っているスマホの画面の方がゴキブリよりも汚いかもしれません。

 

虫嫌いを克服するには

f:id:kkamedev:20180630121944j:plain

僕は10年間のサラリーマン生活後にフリーランスとして独立しましたが、今では虫に対する苦手意識は完全になくなりました

 

虫への嫌悪感・苦手意識を克服するには、

  • 虫のことを知る(=情報不足を解消)
  • 価値観に縛られず観察してみる・触れてみる

が大事です。

 

いきなり本物を触るのとかはハードルが高いので、虫のキャラクターやおもちゃから入ってみるというのもオススメです。

 

僕も、そういったライトな方たちにも入りやすいところから魅力を知って欲しいということで、ゲームや電子書籍を配信しています。

 

■ 虫探し・虫育成ゲーム「むしマスター!2」 

f:id:kkamedev:20170323092459p:plain

Google Play
Appleストア

 

ちなみに僕は生き物に関する事業をすると決めて、1年間色々な虫を観察し続けていたら2年目には全ての虫に対して抵抗が無くなっていました。

 

植え付けらている価値観のことを理解した上で、純粋に虫のことを知ろうという姿勢自体が一番大事です。

 

おわりに

虫が苦手になるのは、

  • 虫に対する情報不足
  • 所属しているグループの価値観

です。

 

虫嫌いを克服するには、上に陥らないようにグループから植え付けられている価値観を取り外し、虫のことをよく知りましょう!

 

そんなにハードルを高くせず、「コンビニで新しい飲み物が出たらしいから挑戦してみよう」というくらいの感覚でまずは虫のことを見るようにしてみましょう。

 

ゲームやアニメ、キャラクターなどから入るのもオススメです!

 

ちなみに余談ですが、こういう話を色んな人としていて、男性よりも女性の方が虫を克服するポテンシャルが高い傾向があります。(個人的な統計)

 

これも考えてみたのですが、今の社会では女性の方が虫に接する機会が多いんですよね。

食材に虫がついていたり、洗濯物を取り込む時や掃除をしている時に虫がいたり。

 

逆に不精な一人暮らしのサラリーマン男性なんかは、ほとんど虫に触れる機会がありません。(自分もそうでした)

 

意図せずその虫のことを見ることで、情報不足が少し解消されているのでしょうね。

 

以上、虫が苦手なのを克服するお話でした。

 

これからも生き物をもっと楽しむ方法、お伝えしていきます!

それでは、また別の記事で! 

 

関連記事

www.nature-engineer.com