ネイチャーエンジニア Blog

全国各地で年間100箇所以上探索するフリーランスITエンジニアが、自然をもっと楽しむための情報を発信。


TOP | 自己紹介 | アプリ・ゲーム | 


見つけた虫を識別したい!虫の名前を調べる3つの方法

f:id:kkamedev:20180531233236j:plain

 

ネイチャーエンジニアの亀田です。

 

虫は種類がとても多い生き物です。

日本では、名前が分かっている昆虫は3万種もいると言われています。

こんな多様な虫の名前を調べるのは大変苦労しますよね。

 

「虫の名前を調べたいけど、どう調べたら良いのか分からない」

「似た虫が多くて、特定することまでたどり着けない」

 

虫を調べると、そんな壁にぶち当たったことがあるはず。

 

僕は全国各地を旅して様々な虫に出会いました。

 

その数、1500種類以上

 

出会った虫は自分の勉強も兼ねて自力で調べてきましたが、虫を調べるのに難儀してきました。

 

そうやって僕が試行錯誤して身につけた、虫の名前に辿り着く3つの方法を伝授します!

 

 

1. 図鑑で調べる

生き物の名前を調べると言えば、図鑑

これは昔からある、最も王道な名前を調べるツールと言えるでしょう。

 

でも実は!

虫の図鑑を選ぶのって、案外難しいんです。

 

というのも、虫は他の生き物と比べてあまりに種類が多い!

そのため1冊の図鑑で全種類が掲載されてる、なんてことはあり得ません

(そもそも名前の付いていない虫とかいます)

 

よって、一般的な図鑑では著者の得意分野が反映されるのです。

※学術的な図鑑など、網羅的に記載があるものもあります。でも高価です。

  

例えば、図鑑によって、

  • 特定のグループ(バッタ、チョウ、甲虫など)の掲載数が多い
  • 成虫だけでなく幼虫やさなぎの情報もある
  • イラスト or 生体写真 or 標本写真

などの違いが出てきます。

 

なので虫の図鑑は、ものによって得られるものにかなり幅があるのです。

 

ですが、このムラこそが虫の図鑑に個性を出していくれているわけでもあります。

 

今回は「虫の識別」ということで、識別する上でのメリットとともにオススメの図鑑を紹介していきます。

 

(1) フィールドガイド 身近な昆虫識別図鑑(誠文堂新光社)

この図鑑は、「虫に関する用語などよくわからない」という初心者の方にオススメです。

 

この本では、1種の虫をいろんな角度の写真で識別点を説明してくれたり、識別点を専門用語をあまり使わずに解説してくれるからです。 

 

例えば、ゲンジボタルとヘイケボタルの違いについて、一般的な図鑑での説明はこんな感じ。

 

「ヘイケボタルよりも黒条が小楯板よりも狭い」

 

黒条?小楯板?となりますよね。

 

で、この本の場合は、

ゲンジボタルとヘイケボタルが並んだ写真を置いて、

 

「(ゲンジボタルの胸部を指して)細くて十字型」

「(ヘイケボタルの胸部を指して)太くて一文字」

 

という感じ。

 

このように専門用語なしで分かりやすく解説してくれます

 

専門用語の説明、大抵は図鑑の頭に書いてありしますが、

そもそも読まなかったり、毎回確認にページをめくるのめんどいですからね。

 

特定の種だけでなく、甲虫」や「カメムシ」などのグループの説明も同じレベル感で解説してくれています

 

自分自身が識別するのはもちろん、お子さんと一緒に図鑑を見ながら説明したり勉強するのに、とっても入りやすいと思いますよ!  

 

 

(2) ポケット図鑑 日本の昆虫 全2巻(文一総合出版)

綺麗な虫の姿(写真)を見ながら識別したい方にオススメです。

 

この図鑑の良いところは2つポイントがあります。

 

1つ目は、虫の情報が整理されて見やすいこと。

2つ目は、生体写真であることです。

 

1つ目、「虫の情報が整理されて見やすい」について。

 

虫の写真を掲載する場合、大抵の図鑑では撮影した写真を切り取っています。

 

すると、

「背景がバラバラ」

「写真の明るさがバラバラ」

「虫の方向がバラバラ」

と、質が均等にならないことが多いのです。

 

すると、ある程度自分でその差の補完をする必要があります。

 

対して、この図鑑では「白バック」という白い背景に統一されており、同じ背景・同じ方向で虫の写真が掲載されているため、とても比較がしやすいのです。

 

2つ目、「生体写真であること」について。 

 

図鑑には生体写真のほかに、

標本写真が使われている場合、

イラストが使われている場合、

があります。

 

なぜ生体写真が良いのか?

 

それは生きている時しか見られない虫の色があからです。

 

例えば、アオカメノコハムシという、緑色の姿の甲虫がいます。

ですがこの虫、死ぬと色が失われて褐色になってしまうのです。

 

外で出会う虫は基本的に生きているわけですから、色が違ってしまうと虫を識別する大きな情報が1つ失われてしまいます

 

生きている時の美しい絶妙な色は、標本写真やイラストでは得られない情報になります。

 

以上から、「生きている虫に近い姿」を見て識別したい人にピッタリの図鑑です!

1、2巻と出ていて、2つ合わせると1400種もの美しい昆虫の姿を見られますよ! 

 

 

(3) イモムシ ハンドブック 全3巻(文一総合出版)

イモムシを識別したい人必携の図鑑です。

 

なぜなら、幼虫の情報ってなかなか見つからないんです…

そもそも幼虫の図鑑ってほとんどなくて、僕がもう一冊持っている幼虫図鑑は25,000円程します。

 

その貴重な幼虫の図鑑が、1500円程度(1冊あたり)で手に入るなんて、もう買わない手はありません。

 

なお、このシリーズの本はチョウ類の幼虫に特化した本です。

チョウ類の幼虫に関して、3冊合わせると、実は25000円の図鑑よりもはるかに多い掲載種数なんです。

 

なのでかなりマイナーな種類の幼虫も載っています。

 

「マイナー」とは図鑑でなかなか取り上げられないという意味で言っていますが、僕たちの周りに暮らしているイモ虫たちは、その定義でいう「マイナー」なものばかりですからね。

 

つまり、身の回りのイモ虫を識別するのにめちゃめちゃ助かってます

 

お手頃な価格のイモムシ図鑑を探しているなら、これ一択ですよ!

 

 

2. Webサイトで調べる

Webサイトの強みは、2点です。

  • 無料であること
  • 掲載種数が多いこと

 

僕がWebサイトを使うのは、図鑑に載っていないマニアックな種を調べたい時です。

 

種類数が多いのは、Webサイトの方です。

本だと種数が少なくなるのは、不正確な情報は出せないからなのでしょう。

なので、「◯◯ムシのなかま」と言った曖昧な情報もよくあります。

ただ、現実的には識別が難しくて、見た目ではそこまでしか調べられない虫も多くいます。

 

ちなみに、ある程度虫の種類を知っていれば検索は手持ちの図鑑の方がラクです。

使い込んでいればキーワード入力するよりも早くページが開けて、ページめくりも早いですからね。

 

僕が使用しているサイトで、図鑑的にまとまっているサイトをご紹介します。

 

(1) 昆虫エクスプローラ

定番のWeb昆虫図鑑です。

 

様々な探し方に対応しており、名前での検索はもちろん、分類から探したり、見た目(色など)からも検索できます。

それに加えてユーザーインターフェースがシンプルで使いやすいです。

 

掲載写真も綺麗な画像で大きく表示されるので、じっくり見ることができます。

 

www.insects.jp

  

(2) 進化する昆虫図鑑

見たことのない虫がいて、グループはなんとなく分かる。

という時に、このサイトで調べてみるのはオススメです。

 

その理由は、掲載写真数が多いからです。

 

似ている虫をこのサイトで探していけば、どのグループの虫かは識別できてくるでしょう。

 

僕も、とにかく色んな虫を見て判断したい時にはここを利用します。

ただ、ある程度虫のグループを知っていないと探しにくいかもしれませんね。

中級者寄りのサイトです。

 

Webサイト: 進化する昆虫図鑑

 

(3) 虫ナビ

特定の種類の虫の情報を詳しく見たい!

という時に便利なサイトです。

 

他のサイトは割と写真メインですが、このサイトは解説が充実しているのです。

 

また、実は虫の種類数もかなり豊富です。

写真のフォーマットも割と統一されているので一覧化しても見やすいのもポイント。

 

さらに他のサイトよりも優れているのは、クモやムカデなど昆虫以外の情報も充実していることです。

 

Webサイト: 虫ナビ

 

3. Googleで画像検索する

ツールではなく、検索テクニックのお話になります。

 

図鑑やWebサイトでも見つからない場合、自力で検索することになります。

 

将来AIがもっと賢くなればそれをすることもなくなるのかもしれませんが、現時点では難しいです。(判定アプリなどもありますが、種レベルで判定する精度はなさそうです)

 

そんな時、僕が使っているのが画像検索

 

検索キーワードを作る

1つ目のポイントは、検索キーワードです。

 

キーワードを作るための手順は2つ。

  • 図鑑やWebサイトで外見が近い虫の「科」または「種」を特定する
  • 虫の外見的な特徴(色や模様など)を組み合わせてキーワードにする

 

出来上がるキーワードは、

「シジミチョウ オレンジ」「メイガ 白 黒い線」

などです。

 

これを入力して検索することで、探している虫が出てくる確率がグッと高まります。

 

検索結果からさらに絞り込む

検索結果をザッと眺めていると、目的の虫と似た虫が出てきます。

 

似た虫の画像をクリックして詳細を見てください。

だいたい、サイト名か概要に虫の名前が出ています

 

そしてその虫の名前で再度検索する、を繰り返していきます。

 

するとそのうち目的の虫が出てくるんですね。

似た虫比較とか、虫関連の記事で虫がたくさん紹介されていたりするんです。

 

それでも見つからなかったら 

もしここまでやって見つからなかったら、しばらく寝かせておきましょう。

 

そしてしばらくしてからもう一回やってみます。

すると、次は見つかることがあります。

 

実は、この検索経験を積んでいくと、精度が段々とあがっていくのです。

 

なぜなら「当てる経験」が増えていくと、ツールを使わなくても虫のグループの特徴が分かってくるからです。

 

昔は「ヤガ科」だと思っていたのが、今見ると「メイガ科」だな、など。

 

過去分からなかったものが分かった時は快感ですよ! 

 

虫の識別によって得られる最も大事なことは「名前」ではない

f:id:kkamedev:20180630121944j:plain

虫の名前を調べる方法をお伝えしてきました。

 

虫の名前が分かれば、その虫のことをもっと深掘りしやすくなります。

その虫の意外な一面にたどり着けるかもしれませんね。 

 

一方で、これらの方法を駆使しても、虫の名前は分からないこともあります。

そもそもまだ名前がついていない種もいますしね。

 

でも、そんなに気にする必要はありません。

 

虫の名前を知るよりも、その虫の名前を知りたいと思った気持ちが大切だからです。

 

名前を知りたいと思ったということは、その虫に何かしら気になることがあって「興味が湧いた」ということですよね?

 

その好奇心からスタートして名前を調べる道のりの中で色々な発見があったはずです。

 

「この虫のグループにはこんな特徴があるのかー」

「こんな虫がいるんだ!この虫も見てみたい!」

 

虫の名前を知ることはゴールではありません。

 

その虫の名前を知ろうとすることで、さらに奥深くの情報を引き出しやすくなったり、新たな虫との出会いを生み出してくれるのです。

 

僕は虫の識別をしていて、「ベニヒラタムシ」という甲虫がいることを知りました。 

 

いつか会いたいなー、と思っていたのですが、先日新潟の山に行った時に偶然出会えました。

事前に知っていなければ、何気ない出会いだったかもしれませんが、知っていたことで嬉しい出会いと感動が1つ増えたわけですね。

 

虫は種類が多いから、1つの虫をきっかけにいろんな出会いを連れてきてくれる機会も多いのです!

 

おわりに

膨大な種類の虫の名前を調べるのは大変です。

 

今回、虫の名前を調べる方法として、

  • 王道の安定な虫識別ツール「図鑑
  • 整っていないかもしれないけど情報量が豊富な「Webサイト
  • 自力で工夫しながら調べる「Googleで画像検索

をご紹介しました。

 

ただ、虫の名前を調べて終わり!ではなく、ぜひこれをきっかけにさらにその虫を調べたり、調べる過程でいろんな虫に出会ってください。

 

僕も、図鑑や調べる過程で出会った虫たちの中から、気になった虫たちを「いつか出会いたい虫リスト」にまとめています。

 

これからも一緒に虫たちとの出会いを楽しみましょう!

 

関連記事

www.nature-engineer.com