ネイチャーエンジニア いきものブログ

虫・鳥などの動植物の魅力や知識など、自然観察をもっと楽しむための情報を発信します。

野鳥観察初心者はまず公園に行くべし!公園で出会える魅力的な野鳥たち

野鳥観察やってみたい!

でも、まずはどこに行けばいいのかな?

こんな疑問にお答えします。

 

野鳥観察は様々な楽しみ方ができる、奥の深い趣味です。

 

以下で野鳥観察の魅力について詳しく紹介しました↓

 

野鳥観察初心者が行く観察場所として、まずおすすめするのは近くの公園です。

 

なぜなら、いきなり広い場所に行くと野鳥を見つけるのが大変

 

まずは野鳥を見つけやすい公園で、野鳥観察を楽しみつつ感覚をつかんでみましょう。

 

また、ある程度大きな公園なら様々な環境があるので、むしろ山などに行くよりもたくさんの野鳥に出会ることもありえます

 

僕はネイチャーエンジニアの亀田です。

 

年間100回以上全国各地で生き物観察をし、様々な野鳥に出会ってきました。 

 

そんな鳥好きの僕が、身近な公園で鳥を探すポイントと、公園で見つかる鳥について紹介します。

 

 

都内の公園でも魅力的な野鳥が観察できる

「家の近くじゃスズメやハトくらいしか見たことない」

 

と思う方もいるかもしれません。

 

いやいや、実は身近な公園でも意外にたくさんの鳥に出会えるんですよ。 

 

都内のそれほど大きくない公園だって、15-20種類くらいの鳥が見られます!

 

なお、「地面が砂利だけ」「10m四方くらいしかない公園」もありますが、さすがにこれほど小さくて自然が少ない公園だとほとんど見つかりません。

 

公園を一周するのに最低15分くらいかかるくらいの大きさの公園に行ってみてください。

 

 

公園で探す場所と見られる野鳥

1. 芝生・土

まずは目線をそのまま歩いて見て、地面にいる鳥を探して見ましょう。

 

すると、地面で虫や木の実をついばんでいる鳥たちが見つかります。

 

ここで見られる鳥は人馴れしていることも多いので、比較的近くで観察できるのも魅力ですね。

 

見られるのはこんな鳥たち。

 

ムクドリ

ムクドリ

 

ツグミ(冬鳥)

ツグミ

 

2. 木の枝、木のてっぺん

では次は、目線を上に上げて見ます。

 

公園の木から鳥の声が聞こえていませんか?

 

木の枝の上や、木のてっぺんを忙しく移動する鳥影が見えるはずです。

 

素早く動く鳥が多いので落ち着かないかもしれませんが、かわいい小鳥たちが発見できるハズですよ!

 

見られるのはこんな鳥たち。 

 

シジュウカラ

シジュウカラ

 

メジロ

メジロ

 

ジョウビタキ(冬鳥)

ジョウビタキ

 

3. 電線、電柱

次は、街中の公園ならではのスポットを見てみましょう。

 

目線は上のまま、公園の外側を見てみますよー。

 

すると、電線や電柱の上に鳥影が

 

高い位置で落ち着いている鳥を見られるはずです。

 

見られるのはこんな鳥たち。 

 

カワラヒワ

カワラヒワ

 

モズ

モズ

 

4. 水辺、池

少し大きな公園だと、水場があるかもしれません。

そちらも見に行って見ましょう。

 

そういう水場を好む鳥が見つかるはずです。

 

水の上を泳いでいたり、水の中にいる魚を狙っている鳥たちがいませんか?

 

見られるのはこんな鳥たち。 

 

カワセミ

カワセミ

 

コサギ

コサギ

 

カルガモ

カルガモ

 

おわりに

今回は、公園で簡単にチェックできる場所と見られる鳥を紹介しました。

 

ここでは10種類の鳥しか紹介しませんでしたが、他にも可愛らしい野鳥たちは、身近な場所にたくさん暮らしています。

 

あなたも身近な場所で、野鳥観察をしてみませんか?

 

以下では、野鳥観察の始め方観察に役立つ知識や道具とともに紹介していますので、ぜひご覧ください!

 

合わせて以下もお読みください↓

「他の野鳥の紹介」を読みたい!

野鳥の魅力紹介まとめ【海外で観察した野鳥も紹介】