ネイチャーエンジニア Blog

全国各地で年間100箇所以上探索するフリーランスITエンジニアが、自然をもっと楽しむための情報を発信。


TOP | 自己紹介 | アプリ・ゲーム | 


虹色に輝く美しい宝石昆虫「タマムシ」の魅力

ネイチャーエンジニアの亀田です。

 

美しく輝く昆虫の日本代表のような虫、「タマムシ」。

 

僕は年間100回以上、虫探しに行きます。

そして出会った虫の魅力をブログやアプリ、電子書籍を通じて発信しています。

 

関連: 自己紹介 - ネイチャーエンジニア Blog

 

今までいろんな虫に出会ってきた僕ですが、この「タマムシ」はトップクラスの輝きを持っています。

 

また、実はタマムシは虹色のはねを持つ種だけじゃなく、他にも仲間がいるんです。

 

今回は、

  • タマムシの特徴・魅力
  • タマムシの仲間

についてご紹介します。

 

■ 目次

 

 

虹色に輝くはねを持つヤマトタマムシ

ヤマトタマムシ

タマムシといえば、この「ヤマトタマムシ」。 

虹色に輝くはねを持つ、綺麗な昆虫です。

 

タマムシのはねの美しさは、昔の日本人も魅了していました。

 

その証拠となる話が2つあります。

 

法隆寺の玉虫厨子(たまむしのずし)

タマムシの羽を装飾に使った伝統工芸品で、今も法隆寺に貯蔵されている「国宝」です。

 

関連: 玉虫厨子 模造|奈良国立博物館

 

ただ、残念ながら現在はタマムシの装飾はほとんどなくなってしまっているそう。

 

昔の状態は見れないかと探したら、に再現制作されたものがありました。(↓のサイトで小さい画像クリックすると大きく見れます)

 

想像以上に美しいです!

 

関連: ミニ企画展示「蘇る技と美 玉虫厨子」開催のお知らせ

 

タマムシのはねが工芸品に使えるのには理由があります。

 

実はタマムシのはねは、虫自体の色ではなく、光の反射によるもの。

光の反射を利用して見せる色を「構造色」と言います。

 

構造色の仕組みのおかげで、タマムシが死んだ後もそのはねは美しい輝きを保ち続けられるのです。

 

幸運を呼ぶ虫「吉丁虫」

タマムシを漢字で書くと「玉虫」ですが、「吉丁虫」という書き方もあります。

 

吉丁とは「良い知らせ」のこと。

そう、古くからまさに幸運を呼ぶ虫とされてきたのです。

 

タマムシを見つけると、その発見を他の誰かに伝えたくなるのでしょうか?

 

僕が探索に行く中で、初めて出会った方となぜか「タマムシ」の話をしたことが3回ほどあります。

どの方も発見した時の喜びを嬉しそうに教えてくれました。

 

タマムシのおかげで一期一会が生まれたといえます

それだけでも考えようによっては、「幸せを運んできてくれた」と言えるのではないでしょうか。

 

タマムシが住む場所と減少の原因 

タマムシは「エノキ」「ケヤキ」「サクラ」などの木の葉を食べます。

 

以下はエノキの木です。

エノキ

 

実はどの木も街中に生えている身近な木たちです。

 

であれば、「街中でも会える虫なの? 」と期待してしまいますよね。

 

ですが残念ながら街中ではほとんど出会えないでしょう。

というのは、街には「幼虫のすみか」がないからです。

 

幼虫は枯れ木の中で暮らします。

街の中では朽ち木や倒木を放置しておくことはありません。

 

タマムシ自体の個体数は年々減少しているのも、幼虫が住む場所が減少してしまったことが原因でしょう。

 

他にもいる!タマムシの仲間

ヤマトタマムシ以外のタマムシの仲間も個性派揃いです。

 

チビタマムシ:米つぶサイズのタマムシ

クズノチビタマムシ

クズノチビタマムシ

 

チビと名がつくだけあって、とっても小さいタマムシです。

大きさは3mm程度しかない、米つぶサイズの昆虫です。

 

関連: 米つぶサイズの小さな虫たち!ミクロの世界をのぞいてみよう!

 

小さくてもタマムシの片鱗があり、はねには金属光沢があります。

はねにある白い模様も複雑で芸術的です。

 

名前につく「クズ」は植物のクズ(マメ科)のことです。

たまに食べたくなる、葛餅(くずもち)のクズですね。

 

クズは街中でも広く分布しているので、クズの葉を良く探すとこの虫に出会えるかもしれませんよ!

 

ナガタマムシ :細長いシブめのタマムシ

ナガタマムシのなかま

ナガタマムシ


細長くてはねの先端が角ばっているタマムシです。

このグループ全体的に派手派手しい感じではないのですが、やはりタマムシならではの金属光沢があります。

 

シブい光沢が好きな人にはグッとくるタマムシでしょう。

 

サイズは10-15mm程度で決して大きくはないのですが、見つけた時はタマムシ特有の存在感で嬉しい気持ちになります。

 

ウバタマムシ:ビッグサイズのおばあちゃんタマムシ

ウバタマムシ

ウバタマムシ

25-40mmくらいと、ヤマトタマムシと同じくらいの大きさがあり、存在感があります。

ウバとは姥のことで、おばあさんのことです。

体の色とシワがあることが由来になっているようです。

 

他のタマムシと比べてあまりキラキラしていないですが、目がクリクリしているところはヤマトタマムシそっくりですね!

 

都市部では少なくなっているようで、ヤマトタマムシより見つけるのは難しいかもしれません。

 

おわりに

ヤマトタマムシの魅力、そしてヤマトタマムシ以外にも魅力的なタマムシがいることをお伝えしてきました。

 

身の回りにはこんなにたくさんの美しい虫たちが暮らしているんですね!

 

一方で、このような美しい虫たちが段々見つけづらくなってきているのはとても悲しいことです。

 

これからも魅力的な生き物たちとたくさん出会えるように、環境問題についても考えていきたいですね。

 

関連記事

www.nature-engineer.com