ネイチャーエンジニア Blog

全国各地で年間100箇所以上探索するフリーランスITエンジニアが、自然をもっと楽しむための情報を発信。


TOP | 自己紹介 | アプリ・ゲーム | 


日本最大級の大きさを誇るド迫力のバッタ!【ショウリョウバッタ】

ショウリョウバッタ

今回は、日本最大のバッタをご紹介します。

 

さて、そのサイズ感はどの程度のものか?

 

かの昆虫の王様、カブトムシ

 

その大きさは、平均で50-60mmです。大きいもので70mm程度。

 

それに対し、今回ご紹介するバッタの大きさはなんと

 

「80mmオーバー」

 

です。

 

その驚くべき大きさを誇るバッタの名は、「ショウリョウバッタ」。 

 

僕はネイチャーエンジニアの亀田です。

年間100回以上虫探しに行き、1500種類以上の昆虫に出会ってきました。

 

色々な昆虫の魅力を見てきた僕が、このショウリョウバッタの特徴・魅力をお伝えします。

 

■ 目次

  

日本最大のバッタ、その姿 

早速、日本最大のバッタ、ショウリョウバッタの姿をお見せします。

 

ショウリョウバッタ メス

 

写真を見て分かる通り、大人の手の平いっぱいになる大きさ。

 

バッタの中では、かなりがっしりした体格をしています。

 

その重い体を宙に浮かせるための脚(あし)もかなり力強い。

 

飛び跳ねる時も、

 

「ドスッ、ドスッ」

 

とパワーを感じる動きをします。

 

意外なことに、体の大きさのわりには性格は臆病。

 

体が大きい分、遠くに飛んで行けないので、茂みに隠るためガサガサと潜っていきます。

 

茂みに入られると、意外と見つからない。

 

「うまく草に擬態するなあ」といつも感心します。

 

関連: 擬態(ぎたい)の意味と種類。実は奥が深い「化ける」能力を解説

 

大きいから、簡単に見つけられそうなものなのですけどね。

 

体は大きいけど、平和的な虫です。

 

オスとメスで大きさが違う

実は、日本最大級の大きさを持つのはメスの話。

 

オスの大きさは、2/3くらいの大きさの50mmくらい。

 

体型も細く、スマートな印象です。

 

ショウリョウバッタ オス


また、姿だけでなく動きもメスとはかなり違います。

 

メスは体が重く、大した距離を飛ぶことができないのですが、オスは違います。

 

オスのショウリョウバッタは、10mくらい飛行することができます

 

なのでオスを見つけた場合は、不用意に近づくと遠くに飛んでいってしまうので注意です。

 

別名「コメツキバッタ」「キチキチバッタ」

ショウリョウバッタには、いくつか別名があります。

 

■ コメツキバッタ

「コメツキバッタ」はメスにつけられた別名です。

 

両方の後ろ足をつかむと、体を大きく上下に動かします。

 

その体の動きが、米をついているように見える。

 

ということからつけられました。

 

■ キチキチバッタ

「キチキチバッタ」はオスにつけられた別名です。

 

オスは、飛ぶときに「キチキチ…」という音を出しながら飛翔します。

 

この音により、「キチキチバッタ」の別名がつけられました。

 

ちなみに僕が子供の頃は、「ショウリョウバッタ」よりも、こちらの方が馴染みのある呼び方でした。

 

なんなら「キチキチバッタ」が正式名称だと思っていました。

 

夏の季節を象徴するバッタ

ショウリョウバッタは、夏を象徴するバッタです。

 

というのも、その名前が夏を表しているからです。

 

ショウリョウバッタの「ショウリョウ=精霊」です。

 

これは、ショウリョウバッタが、8月の精霊祭(しょうりょうまつり)の時期に現れることが由来と言われています。

 

色々な別名があったりすることも含めて、昔から人にとって身近なバッタだったことがうかがえます。

 

季節をまたいで探索していると、幼虫は初夏頃から見られ、7月中旬くらいから成虫が見え始めます。

 

大きくなって羽が生えそろったショウリョウバッタの姿を見ると、「夏もピークだなあ」と感じるものです。

 

おわりに

  • ショウリョウバッタの大きさとその迫力
  • オスとメスの体の違い
  • ショウリョウバッタの色々な名前とその由来

を紹介してきました。

 

僕にとって、ショウリョウバッタは子供の頃から身近で思い入れのある虫です。

 

昔は街中でも、ちょっとした空き地の草むらにたくさんいたので、よく追いかけ回したものでした。

 

ですが、最近はあんまりオープンな大きな空き地がなく、街中では見つけづらくなってしまいましたね。

 

子供たちがバッタを追いかけ回す姿が見えないのは、少し寂しいものです。

 

もし草むらに行くことがあれば、ぜひオス・メスそれぞれ見つけて観察して見てください。

 

では、また。

 

ピックアップ記事

www.nature-engineer.com