ネイチャーエンジニア Blog

全国各地で年間100箇所以上探索するフリーランスITエンジニアが、自然をもっと楽しむための情報を発信。


TOP | 自己紹介 | アプリ・ゲーム | 


トレッキングシューズ(登山靴)が「野鳥・虫観察」に必需品な理由

最近野鳥観察し始めたんだけど、トレッキングシューズっていいのかな?

それ用にわざわざ買う必要があるのか、知りたいなあ。

 

そんなあなたの疑問に対する答えは、

 

「トレッキングシューズは今すぐ持つべき」

 

です。

 

この記事では、

  • トレッキングシューズ(登山靴)が「野鳥・虫観察」に必需品な理由
  • おすすめのトレッキングシューズ

についてお伝えします。

 

僕はネイチャーエンジニアの亀田です。

年間100回以上、野鳥や虫の探索に出かけます。

 

そんな生活を2年半ほど、続けています。 

もちろん、今は毎回トレッキングシューズを履いて。

 

そんな僕も、探索初年度はスポーツシューズで探索に行っていました。

 

その頃の僕に向けて言いたい。

 

今すぐトレッキングシューズを持て!

  

というわけで、過去の自分のような方に向けて、記事を書いていきます。

 

■ 目次 

 

 

トレッキングシューズ(登山靴)が「野鳥・虫観察」に必需品な理由 

f:id:kkamedev:20180804142318j:plain

使うまでは、「あった方がいいんだろうなあ」くらいだった僕。

 

それが今では、「トレッキングシューズなしの探索は考えられない」となりました。

 

そう思うようになった、3つの理由をお伝えしておきます。

 

理由1:探索できる範囲が広がる

野鳥観察や、虫探しに出かけると、自然の多い場所にも行くことになります。

 

すると以下のような場所を歩くことになります。

  • 泥・ぬかるみ(雨の後の土など)
  • 砂浜
  • 生い茂る草むら

 

こんな場所をスポーツシューズなどで歩こうとすると、迂回を考えたり、足場を探しながら歩くことになります。

 

しかし、そんな時間や労力は完全にムダです。

 

だって、迂回したら5分の時間を無駄にするかもしれません。

 

5分もあれば、時期によっては虫5種類見つけられます。

 

トレッキングシューズを履いていれば、何も考えずズカズカ進んでOK。

 

時間と心の余裕を産んでくれるアイテムなのです。

 

理由2:長持ちする

僕はもともと、靴に関しては物持ちがよくないタイプでした。

 

メインで使っている靴の場合、半年くらいで靴底がすり減ってペラペラになったり、穴が空いてしまいます

 

ところが今使っているトレッキングシューズは、

 

2年弱使っているのにも関わらず、まだまだ現役!

 

それも前にすぐに靴をダメにしていた頃よりも、はるかに荒い使い方をしています。

  • 年間100回以上探索する
  • 1回の探索で最低10kmほど歩く。歩く時は20km以上歩く
  • 森、山、草むら、砂浜など、足場の悪いところばかり歩く

f:id:kkamedev:20180804145058p:plain

※ちょいちょい計測し忘れている日がありますが、大体週2〜3くらいのペースで探索に行っています

 

この超悪条件で使い続けて、トレッキングシューズはまだ壊れてないんです。

 

スポーツシューズを使ったままだったら、この2年で5足は買い換えていたでしょう。

 

僕の使っているトレッキングシューズは15,000円ほど。

 

スポーツシューズが一足5,000円だとすると、5,000円 x 5足 = 25,000円!

 

トレッキングシューズは、コスパも非常に良いのです。

 

理由3:足にやさしい

先ほど説明したように、僕は足場の悪い場所をよく歩き、靴と足をかなり酷使しています。

 

月に何回も20km以上もの長距離を歩けるのは、ひとえにトレッキングシューズのおかげです

 

僕はフルマラソンに出場したことがありますが、1度出場しただけで爪ははがれる、足はマメだらけ、と悲惨な状況になります。

 

走っていないとはいえ、これだけの長距離歩く割に、足へのダメージは少ないです。

 

少なくとも、通常のスポーツシューズを履いて歩くよりは、ダメージは軽減されますね。

 

なお、

  • 足に合ったサイズのシューズである
  • ある程度靴紐はちゃんと締める
  • コンクリートのような固い地面はできる限り避けて歩く
  • ムレは避けられないので適宜休憩して風通しをよくする

ということは前提になりますが。

 

探索頻度が高い方にやさしい靴ですね。

 

おまけ:普段使いしやすい

探索にとってのメリットではありませんが、もう1つ利点があります。

 

普段使いしやすい、という利点です。

 

例えば、 

  • 雨が降っている
    →靴が濡れるから、トレッキングシューズ履いていこう

  • 最寄駅から20分ほど歩く場所に出かける
    →トレッキングシューズ履いていった方がラクだな

  • 実家に帰る前に、少し寄り道できる探索スポットがある
    →トレッキングシューズ履いていこう

 

こんな感じに、トレッキングシューズが活躍できる状況が多岐に渡り、結果的に使う頻度が高くなってしまうのです。

 

探索時以外の日常使いでも活躍できる靴なのです。

 

おすすめのトレッキングシューズは「モンベル」

そう、僕が使っているメーカーが「モンベル」です。

 

僕が使っているのは、このトレッキングシューズ。

 

定価は19,000円ほどですが、15,000円くらいで買えると思います。

 

実は僕はトレッキングシューズはこの1足しか使っていません。

 

店頭で何足か試し履きしたくらいで、ほぼ一目惚れで購入しました。

 

なぜこれをおすすめするのかというと、僕がこの2年間使って猛烈に満足しているからです。

 

もっといい他のシューズがあるかもしれませんが、この靴が良い靴であることだけは確かです。

 

少なくとも、「必需品な理由」で供述したメリットは十分に享受できます

 

僕はもともと陸上をやっていました。

 

陸上用のシューズでも、アシックス派、ミズノ派みたいのがあります。

 

でも、誰にとっても絶対的に良い靴があるわけではなく、

  • 主観的なデザインの良さ
  • 自分の足に合う

といった理由で、お気に入りのメーカーが決まるんですよね。

 

なのであれこれ機能的なメリットを探すよりも、パッと見で好きだと思ったものを使うのも大事だと思います。

 

乗り換えるのはいつでもできるので。

 

予算から大幅にはみ出していないのであれば、とりあえず直感的に気に入ったものを使ってみるのが良いと思います!

 

おわりに

  • トレッキングシューズ(登山靴)が「野鳥・虫観察」に必需品な理由
  • おすすめのトレッキングシューズ

をお伝えしてきました。

 

あなたにお気に入りのトレッキングシューズが見つかり、探索ライフがより充実することを願っています。

 

では、また。

 

ピックアップ記事

www.nature-engineer.com