ネイチャーエンジニア Blog

全国各地で年間100箇所以上探索するフリーランスITエンジニアが、自然をもっと楽しむための情報を発信。


TOP | 自己紹介 | 運営者のアプリ・ゲーム | 運営者の本


日本にはスズメが2種類いる!?海外のスズメとの違いも解説

日本の2種類のスズメ

身近なかわいい小鳥、「スズメ」。

 

家の周りでもよく見かける、最も身近な野鳥の一種です。

 

実はこのスズメ、日本には2種類いるって知ってますか?

 

僕はネイチャーエンジニアの亀田です。

 

年間100回以上、野鳥観察に出かけます。

 

僕も野鳥観察をする前は、スズメが2種類いることは知りませんでした。

 

もう1種のスズメとの初めての出会いは新潟。

 

あれ!?あのスズメ、いつもと何か違う!」となって、必死に撮影したのを覚えています。

 

今回の記事では、

 

  • 日本にいる2種類のスズメ(見分けポイントも)
  • 海外に住むスズメ

 

についてお話をします。

 

 

 

■ 目次 

 

日本には2種類のスズメがいる 

冒頭にお話した通り、日本には2種類のスズメがいます。

 

その2種類をご紹介します。

 

人家の近くに住む「スズメ」

スズメ

まずは、家の周りでよく見かける「スズメ」です。

 

「チュンチュン」という鳴き声を出すかわいい小鳥です。

 

家の軒下など、人に近い場所に巣を作ります

 

昔から人に近い距離にいるスズメのようで、「舌切り雀」などの童話に出てきます。

 

他にも、スズメの名前を冠した野草も多いです。

 

また、僕も含めて日本人は鳥をスズメ基準にして判断することが多いですよね。

 

このブログで「スズメに似た野鳥」をテーマにした別記事を書いているのですが、

 

関連: 身近にいるスズメに似た野鳥たち。その特徴と見分け方まとめ

 

この記事にそれなりのアクセスがあるのが、スズメがいかに身近であるかの証拠だと思います。

 

ただ残念な情報として、最近は人間の生活変化などの影響でスズメが営巣できる場所が減り、スズメの個体数も減少しているようです。

 

郊外に住む「ニュウナイスズメ」

オス

ニュウナイスズメ オス

メス

ニュウナイスズメ メス

ニュウナイスズメ」の生息場所は、郊外の林

 

スズメと違ってあまり身近な場所で見られません。

 

というのも、実はニュウナイスズメは、スズメとの競争に破れ、郊外に追いやられたと言われています。

 

もし今後、さらに人間の生活変化が進んでスズメが林に戻ることになったら、ニュウナイスズメの個体数にも影響が出る、と懸念されています。

 

また、スズメはオス・メス同色ですが、このニュウナイスズメはオス・メスで姿が違います

オス・メスの見分け方で一番分かりやすいのが、その体色

 

オスはオレンジ色で、メスは茶色。

 

さらにメスの場合は、目の上に白い線があるのも特徴的です。

 

スズメとニュウナイスズメの見分け方

この2種の見分けポイントは、「頰の黒い斑点」です。

 

こちらの画像をどうぞ。

スズメとニュウナイスズメの違い

左が「スズメ」、右が「ニュウナイスズメ」。

スズメの特徴である、頰の黒い斑点がニュウナイスズメにはありません

 

特にニュウナイスズメのメスの体の色は、スズメに似ているので、確実に見分けるには、頰の部分を確認しましょう。

 

ちなみに、ニュウナイスズメの名前の由来はいくつか説がありますが、その一説はこちら。

 

「にふ(斑)=黒い斑点」→ ニュウ。

 

「ニュウ」がないスズメ → ニュウナイスズメ

 

このように、黒い斑点の違いが由来になっているのですね。

 

海外のスズメも日本のスズメとは別種

海外にもスズメはいますが、実は日本のスズメとは別種です。

 

ヨーロッパや中央アジアに分布する「イエスズメ」 

イエスズメ

上はオスの写真ですが、頭の灰色部が特徴的。

ちなみに、メスはニュウナイスズメのメスに似た姿をしています。

 

イエスズメは、ヨーロッパや中央アジアなどの広い範囲に分布します。

 

上の写真も、ニュージーランドで撮影したものです。

 

関連: 【野鳥旅行記】ニュージーランド:キーウィに会いにスチュワート島へ

 

アジアでは分布していない地域の方が少なく、むしろ日本や朝鮮半島、フィリピンなどが特殊なのです

 

そしてスズメとイエスズメでは、イエスズメの方が競争力が強い

 

実は日本は、イエスズメがいない地域だからこそ、スズメが身近な場所で見られるのです。

 

おわりに

この記事では、

 

  • 日本で見られる「スズメ」「ニュウナイスズメ」の紹介と見分け方
  • 海外で見られる「イエスズメ」の紹介 

 

 をお伝えしてきました。

 

ちなみに、このスズメたちは、僕の出している電子書籍「かわいい♪ことりのおしり」にも登場しています。

 

詳しくはこちらの記事からどうぞ!

 

関連: 【電子書籍】小鳥のおしり写真集「かわいい♪ことりのおしり」

 

郊外でスズメを見かけたら、もしかしたらそれは「ニュウナイスズメ」の方かもしれません。

 

その時はぜひ、頰の黒い斑点をチェックしてみてくださいね。

 

「他の野鳥の魅力も知りたい!」という方はこちらの記事もどうぞ↓

>> 身近にも海外にも面白い野鳥はたくさんいる!野鳥の魅力紹介まとめ

 

「野鳥観察に興味がある!」という方は、こちら↓

>> 野鳥観察を始めよう!必要な装備と野鳥観察に役立つ知識を紹介

 

では、また。