ネイチャーエンジニア いきものブログ

虫・鳥などの動植物の魅力や知識など、自然観察をもっと楽しむための情報を発信します。

東京の生活に適応した野生のインコ!ワカケホンセイインコとは

東京に野生のインコがいるってほんと?

こんな疑問に答えます。

 

東京に住む野生のインコの噂。

 

僕も最初、インターネット上で耳にしました。

 

大きくて派手なインコが東京に野生で生息しているなんて、想像できなくないですか?

 

しかし、僕は年間100回以上全国各地で生き物観察をしています。

 

もちろん東京でも探索していおり、ついにその事実が判明してしまいました。 

 

東京に住むインコの噂は、「本当」です。

 

僕はネイチャーエンジニアの亀田です。

 

というわけで、今回は東京に生息する、噂のインコを紹介します。

 

 

東京に野生のインコがいるのは本当?

f:id:kkamedev:20180807161123j:plain

本当です。

 

東京に生息するインコの名前は、ワカケホンセイインコ

 

僕は今東京住まいですが、なんなら家のベランダからインコが観察できます

 

ワカケホンセイインコの特徴

ワカケホンセイインコは、オウム目インコ科というグループに属する鳥。

 

緑色の羽を持つ鮮やかな鳥

ワカケホンセイインコは、緑の羽根を持つ、とても鮮やかな鳥です。

 

ワカケホンセイインコ オス

ワカケホンセイインコ オス


ワカケホンセイインコ メス

ワカケホンセイインコ メス

 

オスはのど部分が黒いことで見分けられます。

 

なお、ワカケホンセイインコを漢字で書くと「輪掛本青鸚哥」。

 

オスの黒いわっかが(輪掛(ワカケ))の由来です。

 

ちなみに「本青(ホンセイ)」はその緑の姿が由来。

 

東京で野生化した外来種

ワカケホンセイインコは、日本にもともと住んでいた鳥ではありません。

 

外来種の鳥です。

 

原産地は、インド、スリランカといった南国

 

ペットとして日本に輸入されたものが逃げ出したとのことです。

 

僕が野鳥観察を始めた頃は、

 

東京にインコ!?あんな派手な鳥がそんなまさか…

 

なんて思っていて、実際に街中の公園で見つけた時はかなり興奮したものでした。

 

しかしその後、都内の複数箇所でインコを見て、想像よりも広く繁殖していることを理解しました。

 

先述した通り、秋などは果実を求めて活動的になり、家のベランダからでもよく見られます。

 

特徴的な声でよく鳴くので、聞き慣れると「あ、インコだ」とわかるようになります。

 

寝ぐらは木の上にあって、公園や神社の林などです。

 

僕の家から見られるインコたちは、近くの神社のクスノキをねぐらにしています。

 

ワカケホンセイインコの野生化による影響

f:id:kkamedev:20180623113005j:plain

ワカケホンセイインコが野生化したことによる、住民や動物への影響もあります。

 

大きくは以下の3つ。

  1. 鳴き声が大きい
  2. 花や果実を食べる
  3. 在来種への影響

 

1. 鳴き声が大きい

ワカケホンセイインコは「キーキー」「キョッキョッ」と、大きい声で鳴きます。

 

特にねぐら付近は、かなりの数が群れるので、かなり騒々しい感じになります。

 

これにより、ねぐら付近に住む住民からのクレームもあるようです。

 

2. 花や果実を食べる

桜の花を食べたり、実っている果実を食べます

 

甘い果実が好きなようです。

 

僕もビワを夢中で食べてるのを見たことがあります。

 

原産地のインドやスリランカでは、果実を食べられる為に害鳥扱いになっているようです。

 

3. 在来種への影響

どんな外来種でもそうですが、日本の在来種への影響も懸念されています

 

大きな鳥なので、食べ物やすみかの奪い合いなど、生態系への影響は少なくないと予想されます。

 

ワカケホンセイインコ野生化の原因は人間

外来種は、その動物は悪者のように扱いを受けてしまいますが、そもそも彼らを野生化させてしまったのは人間です。

 

  • 鳴き声がうるさい
  • 果実を食べられて困る

 

などは結局、人間が自ら招いてしまったもの。(ペットを放した人が一番の原因だとしても)

 

本当の被害者は、日本の在来種たちだと思います

 

人間の趣味や無責任さによって、迷惑を掛けてしまった在来種たちのことを考えたいものです。

 

ペットを飼う時は、覚悟を持って飼うのが大切です。

 

何かしらの理由で飼えない状況になった時は、

 

  • 適切な引き取り手を探す
  • 自らの手で始末する

 

この覚悟がなければ、ペットを飼うべきではありません。

 

鳥だけでなくカブトムシのような小さな虫たちであっても同様です。

 

なので、僕は虫の場合も採集・飼育よりも観察をおすすめします

 

外来種問題や環境負荷の軽減はもちろんですが、それ以外にもメリットがあると考えています。

 

詳しくは以下の記事で紹介していますので、ぜひご覧ください↓

 

おわりに:ワカケホンセイインコのような外来種問題について知ろう!

どんなにかわいい生き物たちも、外来種になって被害を出すようになると「迷惑な生き物」になってしまいます。

 

そうすると駆除や補殺をされることになるかもしれません。

 

自分の大好きな生き物がそんなことになったら、とても悲しいですよね。

 

僕は、彼らのような存在を増やさないようにするには、身近な生き物を知り、愛する人を増やすことが大事だと考えています。

 

自分や家族など周りの身近な人の飼育が間違ったら「自分の愛する身近な生き物を苦しめてしまうことになる」。

 

そう思えば、なるべく逃げたりしないよう、その動物や飼育について勉強して、できる限りの対策を取ると思うのです。

 

だから僕はアプリやこのブログを通じて、多くの人に身近な生き物を知ってもらい、興味と知識を持ってもらうべく情報発信しているのです。

 

そのために今後も様々な方法を考え、試行錯誤していくつもりです。

 

ちなみに、様々な野鳥たちの魅力を知りたいという方には、野鳥観察を始めてみることオススメします。

 

実際に観察をしてみると、身近な場所にだってたくさんの魅力的な野鳥がいることをしれますからね。

 

以下では、野鳥観察の始め方観察に役立つ知識や道具とともに紹介していますので、ぜひご覧ください!

 

合わせて以下もお読みください↓

「他の野鳥の紹介」を読みたい!

野鳥の魅力紹介まとめ【海外で観察した野鳥も紹介】