ネイチャーエンジニア いきものブログ

虫・鳥などの動植物の魅力や知識など、自然観察をもっと楽しむための情報を発信します。

冬にはどんな野鳥が見られる?【関東地方で観察できる冬鳥を紹介】

マガモ

冬はどんな鳥が見られるの?

こんな疑問に答えます。

 

ネイチャーエンジニアの亀田です。

 

晩秋〜初春は野鳥が観察しやすい季節

 

なぜなら、この時期は木の葉が落ちて、野鳥の姿を観察しやすくなるからです。

 

思えば僕も、野鳥観察に初めてハマったのは冬の季節でした。

 

これから野鳥観察を始めたいと思っている場合は、この季節はオススメですよ。

 

ということで今回は、

 

  • 冬鳥とは?
  • 関東地方で観察できる冬鳥の紹介

 

をお伝えします。

 

 

 

 

冬鳥とは?

f:id:kkamedev:20180807161123j:plain

冬鳥とは、冬に日本に渡ってくる、つまり日本で冬に見られる鳥のことです。

 

日本で見られる冬鳥は、ロシアのシベリアなどから、長距離を飛んでやってきます

 

「日本で見られる冬鳥」と言いましたが、実はこれでは範囲が広くて、厳密には基準とする地点ごとに冬鳥が違います

 

どういうことかと言うと、東京の冬鳥と北海道の札幌の冬鳥は異なります。

 

例えば、アオジという小鳥は関東では冬鳥ですが、北海道では夏鳥だったりします。

 

という感じに、場所ごとに見られる冬鳥が違うんですね。

 

この野鳥の「渡り」については以下の記事で解説しています↓

 

冒頭でもお伝えしましたが、冬は野鳥を観察するのに適した季節です。

 

それは、木の葉が落ちて野鳥の姿を観察しやすいからのほかに、「冬鳥にカモ類が多い」ということも理由の1つです。

 

人は水の中までは入らないので、カモは比較的近くで観察させてくれるのです。

 

関東地方で観察できる冬鳥の紹介

関東地方で見られる冬鳥にはどんな野鳥がいるのか?

 

関東の代表的な冬鳥たちを紹介していきます。

 

カモ類

マガモ

マガモ

代表的な「カモ」の一種。緑色の頭が美しいです。

 

馴染みのある姿のカモですが、意外にもマガモのほとんど(渡らずに過ごすものもいます)は冬にしか見られないんですね。

 

ちなみに、料理で使われる「アイガモ」は品種ですが、その掛け合わせの元のカモは本種です。


ミコアイサ

ミコアイサ

オスは白黒のモノトーン模様が特徴的。「パンダガモ」と呼ばれたりもします。

 

カモの中でも比較的警戒心が強くて、あまり近づかせてもらえません。

 

コガモ

コガモ

日本最小のカモ。オスは茶と緑色の頭が美しいです。

 

オオハクチョウ

オオハクチョウ

関東では、ハクチョウが飛来する場所はあまり多くありません。

 

しかし千葉県の印旛沼にある、「白鳥の郷」ではハクチョウの餌付けに成功し、毎年数多くのハクチョウが飛来するスポットになっています。

 

農耕地で見られる野鳥

ノスリ

ノスリ

猛禽類にも冬鳥は何種類かいて、このノスリはその一種です。

 

猛禽類の中でも、ちょっと寸胴な感じでどこか可愛らしさがある鳥です。

 

ノスリは農耕地で主にネズミを狩ります。

 

そのため、電柱などの見渡しの良い場所に止まっている姿をよく見ます。

 

タゲリ

タゲリ

その個性的な美しい姿から、「田んぼの貴婦人」とも呼ばれます。

 

冬鳥で、農耕地などで見られ、バードウォッチャーに人気の鳥です。

 

詳しくは以下の記事で紹介しています↓

 

小鳥類

ジョウビタキ

ジョウビタキ

黒とオレンジ色の組み合わせが綺麗な鳥。

 

「ヒッ、ヒッ、ヒッ…」という鳴き声で鳴きます。

 

ジョウビタキの「ジョウ=尉」で、おじいちゃんという意味。

 

その由来については、以下の記事でどうぞ↓

 

ツグミ

ツグミ

少し進んでは振り返る、「だるまさんが転んだ」のような動きをする鳥。

 

公園や畑など、人に近い場所で見られるます。

 

そのためか、なんだか身近に感じられる鳥です。

 

アオジ

アオジ

草やぶの中をちょこまかと動く、可愛らしい鳥。

 

渡ってきたばかりの頃は警戒心が強いのですが、冬の終盤、春も間近になると、人慣れして結構近くまで出てくるようになります

 

ちなみにアオジは、スズメに似た鳥としても紹介しました。

 

ベニマシコ

ベニマシコ

オスは赤い羽が美しい鳥。夏になると、羽がもっと鮮やかに赤くなります。

 

バードウォッチャーにも人気の鳥。

 

セイタカアワダチソウの綿毛が大好き。

 

イカル

イカル

姿に似合わず(失礼)、美声を持ちます

 

夏は山にこもってしまうのですが、冬になると低地にやってきて、木の実を食べる姿を見ることができます。

 

ちなみに、冬はほぼ鳴かないので、歌声を聴くなら初夏あたりに森や山に行く必要があります。

 

おわりに

関東で冬に見られる野鳥を紹介しました。

 

冬は野鳥を観察するのに最適な季節

 

近くの公園にでも、観察に行ってみませんか?

 

合わせて以下の記事もどうぞ↓ 

これから野鳥観察を始めたい方

野鳥観察を始めよう!必要な装備と野鳥観察に役立つ知識を紹介

いろんな鳥の魅力を知りたい!

日本・海外の野鳥の魅力まとめ【300種以上野鳥観察した鳥好きが紹介】

 

では、また。