ネイチャーエンジニア いきものブログ

虫・鳥などの動植物の魅力や知識など、自然観察をもっと楽しむための情報を発信します。

何で虫がそんなに好きなの?虫好きが語る虫の魅力【虫の多様性と奇抜な姿】

ノコギリクワガタ

虫好きの人は、何で虫がそんなに好きなの?

こんな疑問にお答えします。


ネイチャーエンジニアの亀田です。


僕は虫が大好きで、このブログやアプリでその魅力を発信しています。


僕の活動については以下をどうぞ↓


自己紹介したり虫について語っていると、たまに冒頭のような質問を受けます。


僕が虫を好きな理由は、簡潔に言うと以下の2つ。

・多様性
・奇抜な姿


多分多くの虫好きの方も、上記の点に惹かれていることが多いと思います。


と、端的に言ってみましたが、実際虫には一言では語れない奥深い魅力があるんです。


今回は、そんな「奥深い虫の魅力」について紹介します。




 

虫の魅力

冒頭で伝えた、以下の2つの魅力をもう少し詳しく解説します。

・多様性
・奇抜な姿


多様性

昆虫の仲間は海を除く地球上のあらゆる場所に住みつき、わかっているだけでも世界から約100万種、日本から約3万種が記録されています。


(略)


未知の種を加えた実際の種類数は500万種とも1000万種とも考えられ、 少なくとも全動物種の8割は昆虫類で占められていると推定されています。


引用: 公益社団法人農林水産・食品産業技術振興協会 【虫を飼うための豆知識】


上にある通り、昆虫の種類数は他の動物たちと比べて圧倒的な種類数を誇ります。


つまり、他の動物と比べてまさに桁違いの多様性を誇っているのです。


僕は年間100回以上虫探しをしているのですが、それでも今まで見つけた虫は2,000種弱


まだ日本の10%にも満たない種類の虫しか見られていないのです。


しかし、逆に言えばそれは自分が見たこともない未知の虫が、今まで見た数の10倍以上もいるということ。


大変ロマンのある話です。


さらに面白いのは、昆虫の凄さは「変態」という能力を有していること。


成長に応じて、基本的には最低でも3段階以上に姿を変化させます。


ナミアゲハ (左:幼虫、右:成虫)

ナミアゲハ 幼虫 ナミアゲハ 成虫


オスとメスで大きく姿が違うものもいますから、ただでさえ膨大な種数に掛け合わせて3倍以上の見た目のバリエーションがあるということ。


一生のうちに1種類でも多くの虫を見てみたい」。


こんな気持ちを持たせてくれるのは、虫の大きな魅力の1つです。

奇抜な姿

虫は僕たちと体のつくりが違います

・人間は骨が体の内側にあってその周りを筋肉がつく(内骨格
・昆虫には骨がなく、外側を固い皮膚が覆う(外骨格


このように人間と虫は、体の仕組みが全く異なるため、姿にも大きな差があります。


これは進化の過程が昆虫と人間で大きく異なるため


昆虫たちは数億年も前から誕生している大先輩ですが、人間は違う道を選んできたのです。(ちなみに人間の起源は600万年程度)


そんな虫たちの斬新な姿は以下の通り。


ノコギリクワガタ

ノコギリクワガタ

大きく湾曲したはさみがカッコいい昆虫。夏の人気者。


アミガサハゴロモ 幼虫

アミガサハゴロモ 幼虫

体に綿のようなものをつけていて、パラシュートのようにフワフワと舞います。


ウマノオバチ

ウマノオバチ

体の数倍の長さの尾(産卵管)を持つハチ。


数は少ないですが、初夏に見られます。


アカボシゴマダラ 幼虫

アカボシゴマダラ 幼虫

まるでマスコットのような顔を持つ、チョウの幼虫。


なぜこんなにもかわらしい姿をしているのか、不思議です。


以上はほんの一例で、まるで空想上の生き物のような虫がたくさんいます。


こんな奇抜な姿を持つのも虫の大きな魅力です。

虫は大人の方がもっと楽しめる

f:id:kkamedev:20180723201834j:plain

虫と言えば、「子供が好きな生き物」というイメージですよね。


でも僕の考えでは、大人の方がもっと虫を楽しめます


僕は小学校で生物観察クラブの講師をしていますので、子供の反応が良い虫が分かります。


子供のテンションが上がるのは、

・カブトムシ、カマキリなど大きくて迫力のある虫
・ダンゴムシ、バッタなど身近な虫

など。


僕の子供の頃もそうでしたが、「目立つ虫」「身近で触りやすい虫」が好きでした。


でも、僕が大人になってから虫たちの観察すると、子供の頃よりも興味の対象が広がりました


それは経済力があるので、観察道具を揃えたり、遠出して観察したりできることが大きいと思います。

小さな虫の魅力に気付いた

例えば、1cmにも満たないような小さな虫


虫眼鏡やマクロカメラでのぞいてみると、とっても美しくて不思議な姿をしているんです。


そんな世界を知ってしまったことで、花の上や葉の裏など、小さな自然がある場所はどこでも冒険の舞台に変わりました。


嫌われ者だった虫にも興味が出た

また、子供の頃は見向きもしなかったどころか、若干嫌われ者だったハエやアブ


これらの虫がとても多様で魅力的な生き物だということに気付いたのも、大人になってからです。


大人になると虫と疎遠になりがち

大人になったら虫と疎遠になり、興味を持つ人が減ってしまいます。


今では考えられませんが、実は僕もかつて虫が苦手になりかけた時期もありました。


しかしそこで一歩踏み出し、大人の視点で虫の世界に目を向けてみると、子供の頃に見られなかった景色が見えます。


すると、子供時代以上に虫にハマってしまうことがあるのです。

おわりに

虫は世界中に生息していて、しかもそれぞれの土地ならではの虫がいます


僕は、一生のうちに少しでも多くの生き物を見るべく、様々な季節・場所に観察に行っています。


生き物が目的だと、どんな場所に行くのも楽しくなるので人生が本当に充実します。


先日マレーシアに行った時は、こんな三葉虫のような虫も!↓

サンヨウベニボタル


虫の観察に興味が出た方は、ぜひ一歩踏み出してみてください!


合わせて以下の記事もどうぞ↓

虫探し・昆虫採集をしたい!

虫探し・昆虫採集を安全に楽しむために必要・便利な道具まとめ

虫が登場するゲームを知りたい!

虫好きがおすすめする虫ゲーム・虫アプリ5選 【iPhone・Android】

いろんな虫の魅力を知りたい!

「かわいい・きれい・かっこいい」虫を知ろう!魅力的な昆虫まとめ


では、また。