ネイチャーエンジニア いきものブログ

虫・鳥などの動植物の魅力や知識など、自然観察をもっと楽しむための情報を発信します。

ハシブトガラスとハシボソガラスの特徴と違い【日本では街中でも観察できる神聖な野鳥】

ハシブトガラス

街で見られるカラスには、2種類いるってホント?

こんな疑問にお答えします。


日常生活でよく見かける野鳥、カラス


街中でよく見られる身近なカラスは、実は2種類います


それは、ハシブトガラスハシボソガラスという種類のカラス。


カラスというと、ゴミ荒らしなどで悪いイメージがありますが、実は非常に魅力のある面白い野鳥でもあります。


僕はネイチャーエンジニアの亀田です。


年間100回以上全国各地で生き物観察をし、様々な野鳥に出会ってきました。


そんな鳥好きの僕が、身近な2種類のカラスの特徴と違いを紹介します。




 

ハシブトガラスとハシボソガラスの特徴

ハシブトガラスとハシボソガラスは、スズメ目カラス科というグループに属する鳥。


両カラスの共通点は、身近な真っ黒な姿のカラス、といったところでしょうか。


カラスと言うと、真っ黒な鳥というイメージがありますが、実はカラス科のグループには様々な姿の鳥が含まれます。


他のカラス科の鳥たちは、以下の記事で紹介しています↓


今回紹介するカラスたちは、どちらも人に近い場所で見られる鳥ですが、それぞれ特徴や習性が異なります。

ハシブトガラスの特徴【太いくちばしを持つ都会派】

ハシブトガラス

ハシブトガラスの名前の由来は、「ハシブト=くちばしが太い」こと。


名前の通り、立派な太くて湾曲したくちばしを持っています。


また、以下のような特徴があります。

・額が盛り上がる
・体が真っ黒でなく、青みがかる
・地上ではホッピング(スズメのようにピョンピョン跳ねる)して移動


鳴き声は、「カア、カア」と澄んだ声。


カラスの声というと、こちらの声のイメージが強いのではないかと思います。


ちなみに、ハシブトガラスはもともと、森の中で暮らしていましたが、いつからか都会に進出


ビルや家の高低差や見通し悪さが、森の中の環境と共通点があり、都会に適応しやすかったようです。

ハシボソガラスの特徴【ひらけた場所を好む田舎派】

ハシボソガラス

ハシボソガラスの名前の由来もくちばしからで、「ハシボソ=くちばしが細い」こと。


ハシブトガラスよりも湾曲も弱く、スッとしたイメージ


体の大きさも、ハシブトガラスよりも少し小さめです。


そのほかの特徴は以下の通り。

・額が盛り上がりは、ハシブトガラスより弱い
・体は全身真っ黒
・地上では足を交互に動かして歩く


鳴き声は、「ガー、ガー」と濁った声です。


ハシブトガラスは都会派でしたが、ハシボソガラスは田舎派


畑のような開けた場所を好みます。


ビルが立ち並ぶような場所でなく、見晴らしの良い郊外の町でよく見られるカラスです。

ハシブトガラスとハシボソガラスの違いまとめ

2種の身近なカラスの違いをまとめると、以下の通り。

ハシブトガラス ハシボソガラス

ハシブトガラスとハシボソガラスの比較


ちなみに、カラスが賢い動物であることを伝える行動の例として、くるみを車に踏ませて割って食べる、という話がよく紹介されます。


この行動を取るのは、ハシボソガラス


都会派のハシブトガラスは、ゴミを荒らして食べます


しかし、こちらもゴミ箱のフタを開けてゴミを出したり、想像以上の器用さを見せてくれます。


確かに迷惑ではあるのですが、あまりにあざやかにゴミを取り出すもので、ついつい感心してしまいます。




ハシブトガラスとハシボソガラスが街中で観察できる日本は珍しい場所

日本では当たり前のように見られる2種のカラスですが、実は世界的には街中で大型のカラスが見られるのは珍しいのです。


海外から日本に来た観光客は、街中にカラスがいることに驚くとのこと。


僕も実際、台湾、ニュージーランド、マレーシアなどで野鳥観察をしましたが、街中で大型のカラスは見かけませんでした


ちなみに、台湾に生息するヤマムスメもカラス科の鳥。


台湾の国鳥 ヤマムスメ

台湾の国鳥 ヤマムスメ
ハシブト・ハシボソとは分類グループ「属」が異なります。


このような中型のカラスの仲間は街中でも見られましたが、本記事で紹介したような大型のカラスは街中では見当たらないのです。


台湾では5日間野鳥観察したうち、黒いカラスは山の中で一度見ただけでした


しかも警戒心も非常に強く、かなり遠い距離にも関わらずすぐに飛んで行ってしまいました。


また、カラスは世界的かつ歴史的にも神聖化されている野鳥です。


その証拠に、世界中の多くの神話にも登場しています。

・北欧神話「フギンとムニン」:という神の使いとして登場
・中国神話「三足烏(さんそくう)」:縁起の良い鳥として登場
・日本の風土記「八咫烏(やたがらす)」:道に迷った神武天皇を道案内する

それぞれ位の高い存在だったり、重要な役割を担っています。


先述した通り、世界的にはカラスは街中でお目にかかれません。


また日本でも森の中が主な生息地だった頃は、カラスは滅多にお目にかかることのできない希少な存在だったのかもしれませんね。


今の日本では、大型のカラスである彼らが人里近くの生活に適応していて、毎日でも見ることができます。


時には人の生活に害を及ぼすこともありますが、賢く・カッコいい彼らを間近で観察できるのは、実は日本という場所ならではのありがたい状況なのかな、と思うのです。

ハシブトガラスとハシボソガラスに関連する鳥たち

同じ分類に属する鳥たち

オナガ

※リンクから各分類の紹介を見ることができます。

おわりに:ハシブトガラスとハシボソガラスを観察してみよう!

日本では嫌われ者だったり、怖がられるカラスですが、逆に考えるとあれほどの存在感を示す野鳥はなかなかいません


日本以外ではなかなか身近に見られない鳥なのだと思うと、少し興味が湧きませんか?


よく見知った生き物でも、その習性や生態を深く知ると、とっても面白くなります。


例えば、メジロは身近な鳥ですが、夏は一部が山に移動するんです。


真夏は山ごもり部隊がいるので目にする機会が減るメジロ

メジロ 桜


このようなちょっとした習性を知ると、その生き物に興味が出たり、実際に確認してみたくなりますよね。


野鳥観察は、カメラで鳥の写真を撮るだけではありません。


上記のような、野鳥たちの多様で面白い魅力を観察して楽しむ趣味なのです!


以下では、野鳥観察の始め方観察に役立つ知識や道具とともに紹介していますので、ぜひご覧ください!


合わせて以下もお読みください↓

「他の野鳥の紹介」を読みたい!

野鳥の魅力紹介まとめ【海外で観察した野鳥も紹介】