ネイチャーエンジニア いきものブログ

虫・鳥などの動植物の魅力や知識など、自然観察をもっと楽しむための情報を発信します。

ハシブトガラスとハシボソガラスの特徴と違い【身近な2種類のカラス】

ハシブトガラス

普段街で見られるカラスは1種類じゃないってホント?

こんな疑問にお答えします。


ネイチャーエンジニアの亀田です。


今回記事で扱うのは、街中でよく見られる野鳥「カラス」。


街中でよく見られる身近なカラスは、実は2種類います。


それは、以下。

・ハシブトガラス
・ハシボソガラス


カラスというと、あまりに身近なのと、ゴミ荒らしなどで悪いイメージがあります。


そのため、ちゃんと観察した人はあまり多くないかもしれません。


しかし、珍しい鳥には魅力があって、身近な鳥には魅力がない、ということはありません


1野鳥として観察すると、カラスはとっても面白くて魅力的な野鳥


というわけで今回は、身近な2種類のカラスの特徴と違いについてお伝えします。




 

ハシブトガラスの特徴

ハシブトガラス

ハシブトガラスの名前の由来は、「ハシブト=くちばしが太い」こと。


名前の通り、立派な太くて湾曲したくちばしを持っています。


また、以下のような特徴があります。

・額が盛り上がる
・体が真っ黒でなく、青みがかる
・地上ではホッピング(スズメのようにピョンピョン跳ねる)して移動


鳴き声は、「カア、カア」と澄んだ声。


カラスの声というと、こちらの声のイメージが強いのではないかと思います。


ちなみに、ハシブトガラスはもともと、森の中で暮らしていましたが、いつからか都会に進出


ビルや家の高低差や見通し悪さが、森の中の環境と共通点があり、都会に適応しやすかったようです。

ハシボソガラスの特徴

ハシボソガラス

ハシボソガラスの名前の由来もくちばしからで、「ハシボソ=くちばしが細い」こと。


ハシブトガラスよりも湾曲も弱く、スッとしたイメージ


体の大きさも、ハシブトガラスよりも少し小さめです。


そのほかの特徴は以下の通り。

・額が盛り上がりは、ハシブトガラスより弱い
・体は全身真っ黒
・地上では足を交互に動かして歩く


鳴き声は、「ガー、ガー」と濁った声です。


ハシブトガラスは都会派でしたが、ハシボソガラスは田舎派


畑のような開けた場所を好みます。


ビルが立ち並ぶような場所でなく、見晴らしの良い郊外の町でよく見られるカラスです。

ハシブトガラスとハシボソガラスの違いまとめ

2種の身近なカラスの違いをまとめると、以下の通り。

ハシブトガラス ハシボソガラス

ハシブトガラスとハシボソガラスの比較


ちなみに、カラスが賢い動物であることを伝える行動の例として、くるみを車に踏ませて割って食べる、という話がよく紹介されます。


この行動を取るのは、ハシボソガラス


都会派のハシブトガラスは、ゴミを荒らして食べます


しかし、こちらもゴミ箱のフタを開けてゴミを出したり、想像以上の器用さを見せてくれます。


確かに迷惑ではあるのですが、あまりにあざやかにゴミを取り出すもので、ついつい感心してしまいます。

世界的には大型のカラスが街中で見られるのは珍しい

日本でたくさん見られる2種類のカラス。


しかし、世界的には、街中でこれらの大型のカラスが見られるのは珍しいです。


海外から日本に来た観光客は、街中にカラスがいることに驚くそうです。


僕も実際、台湾、ニュージーランド、マレーシアなど海外で野鳥観察をしましたが、街中で大型のカラスは見かけませんでした


ちなみに、台湾の国鳥「ヤマムスメ」もカラス科の鳥。(ハシブト・ハシボソとは分類グループ「属」が異なる)

台湾の国鳥 ヤマムスメ


こういった、少し小型のカラスの仲間は確かに街中でも見られます。


しかし、台湾では5日間野鳥観察して、黒いカラスは山の中で一度見ただけでした


しかも警戒心も非常に強く、かなり遠い距離にも関わらずすぐに飛んで行ってしまいました。


日本のように、街中に真っ黒な大きいカラスがたくさんいるのは希少なパターンなのです。


※ 僕が海外で観察した野鳥は以下の記事で紹介しています↓


カラスは神話にも多く登場する

現代の日本では、カラスは嫌われ者のイメージで扱われることが多いですよね。


そんなイメージを強く持っている方には意外な事実かもしれませんが、カラスは世界的かつ歴史的にも神聖化されている野鳥です。


その証拠に、多くの神話に登場しています。

・北欧神話「フギンとムニン」:という神の使いとして登場
・中国神話「三足烏(さんそくう)」:縁起の良い鳥として登場
・日本の風土記「八咫烏(やたがらす)」:道に迷った神武天皇を道案内する

それぞれ位の高い存在だったり、重要な役割を担っています。


先述した通り、世界的にはカラスは街中でお目にかかれません


日本でも、かつて森の中が主な生息地だった頃は、滅多にお目にかかれない希少な存在だったのかもしれませんね。

おわりに

・ハシブトガラスとハシボソガラスの特徴
・ハシブトガラスとハシボソガラスの違い
・日本では街中で見られるのは普通だが、海外では珍しい
・カラスは神話にも多く登場する

についてお伝えしました。


日本では嫌われ者だったり、怖がられるカラスですが、逆に考えるとあれほどの存在感を示す野鳥はなかなかいません


街中でも見られる普通の鳥ではなく、漆黒の大きな体に、大きな声を持つ神聖な鳥です。


一度今までの既成概念を捨てて、よく観察してみてはいかがでしょうか?


きっとカラスの魅力が再発見できますよ!


合わせて以下の記事もどうぞ↓

野鳥撮影がうまくなりたい!

美しい野鳥写真を撮影するコツ【野鳥撮影をもっと楽しもう!】

鳥が登場するゲームを知りたい!

鳥好きがおすすめする鳥ゲーム・鳥アプリ5選 【iPhone・Android】


では、また。