ネイチャーエンジニア いきものブログ

虫・鳥などの動植物の魅力や知識など、自然観察をもっと楽しむための情報を発信します。

チョウ(蝶)の春型・夏型・秋型とは?【季節によって姿が変わる不思議】

この間見つけたチョウ、春に見たチョウと姿が違うような…?

こんな疑問にお答えします。


ネイチャーエンジニアの亀田です。


同じチョウでも、季節によって雰囲気が変わるチョウを見たことはありませんか?


夏は地味な感じだったのに、秋は目立って印象に残る姿だった、など。


そう、実は季節によって姿が変わるチョウがいるのです。


これは、チョウの「季節型」と言います。


意外と身近なチョウでも、この季節型を持つものがたくさんいるんですよ!


というわけで、今回は「チョウの季節型」について紹介します。




 

チョウの季節型の種類。春型・夏型・秋型

f:id:kkamedev:20180717100613j:plain

チョウは、1年の中で何回か発生するものがいます。


つまり、同じ年の中で何度も世代交代をするのです。


例えばアゲハチョウの代表種、ナミアゲハは年に2〜5回発生します。


チョウが成虫になる季節に応じて、「春型」「夏型」「秋型」などと呼ばれます。

・春型 = 春に見られる姿
・夏型 = 夏に見られる姿
・秋型 = 秋に見られる姿


そして面白いことに、見られる時期によって、大きく姿が変わるものがいるんですね。


ちなみに、基本的に「冬型」はいません。


冬に羽化するチョウはいないからです。


ちなみに、冬に成虫の姿のチョウが見られるものがいますが、それらは前シーズンに羽化したもの。


その多くは秋に羽化します。


秋に羽化したチョウは、寒さを防げる場所で身を守りながら越冬し、春になると外に出てきます。


ですが真冬でも暖かい日にはたまに外に出てくるので、その時に姿を見ることがあります。

チョウの季節型の例

チョウたちの実際の季節型を紹介します。

ナミアゲハ(春型・夏型・秋型)

春型

ナミアゲハ 春型


夏型

ナミアゲハ 夏型


秋型

ナミアゲハ 秋型


春型よりも夏型の方が大きく、はねの色が黒くなります


上の写真でも、夏型は黒い模様の面積が大きくなっていますね。


秋型はちょうど中間くらいの色味です。

スジグロシロチョウ(春型・夏型)

春型

スジグロシロチョウ 春型


夏型

スジグロシロチョウ 夏型


スジグロチョウの名前の通り、はねの「黒い筋」が目立つシロチョウです。


春型はこの黒い筋が目立ちますが、夏型ではあまり目立たなくなります

キタテハ(夏型・秋型)

夏型

キタテハ 夏型


秋型

キタテハ 秋型


キタテハは、夏型では薄めのオレンジ色のはねを持ちます。


秋型になると、はねの色は赤みを増し、はねもとがった形になります。


キタテハについては、以下の記事でも紹介しています↓


なぜ季節によって姿が変わるのか

季節によって大きさが変わるのは、幼虫時代に食べる餌の量によると言われています。


例えば、夏型のチョウは葉の多い初夏の頃に育つため、餌が豊富にあり大きくなるという理由。


しかし、個人的には以下の点で謎が残ります。

・それぞれのチョウが同じように大きくなるわけではない
・大きさだけでなく、姿まで変わる(しかも同世代は同じように変化)


いずれにしても、季節によって様々な姿を見せてくれる彼らは、より不思議で魅力的な存在であることは事実。


科学が進歩してもまだまだ面白い多くの謎があるのも、また生き物の面白いところですね!

おわりに

今回紹介しなかったチョウにも、姿が変わるものはたくさんいます。


ただでさえたくさん種類がいるのに、季節によってさらに別の姿を見せてくれるなんて、やっぱり虫は面白いですね!


今の季節(11月)は、秋型のチョウたちが見られます。


チョウを見かけたときはその姿の変化にも注目してみてくださいね!


合わせて以下の記事もどうぞ↓

虫が登場するゲームを知りたい!

虫好きがおすすめする虫ゲーム・虫アプリ5選 【iPhone・Android】

虫の名前を知りたい!

見つけた虫を識別したい!虫の名前を調べる3つの方法


では、また。