ネイチャーエンジニア いきものブログ

虫・鳥などの動植物の魅力や知識など、自然観察をもっと楽しむための情報を発信します。

野鳥と愛玩鳥(ペット)の違い。野鳥観察歴3年の僕が考える野鳥の魅力

ダイシャクシギ

公園に行くとカメラを構えて必死に野鳥を撮ってる人がいるけど、鳥は動物園でも見られるのに、何がそんなに面白いの?

こんな疑問にお答えします。


ネイチャーエンジニアの亀田です。


今季で、僕が野鳥観察を始めてから3度目の冬のシーズンを迎えました。


野鳥観察を始める前は、身近にいる野鳥も全然知らないくらいでしたが、今ではすっかり野鳥にハマってしまいました。


なぜなら、野鳥には大きな魅力があるから。


僕は動物は野鳥観察を始める前から好きで、動物園に行けば鳥のコーナーも必ず見て周りましたが、当時は今のようにはハマらず、鳥の名前を覚えることもありませんでした。


動物園の野鳥たちも同じ魅力的な鳥であり、動物園だからこそ観察しやすい行動もあるのですが、僕は野鳥だからこそ見られる魅力に惹かれたのですね。


今回は、野鳥観察にハマってしまった僕が考える「野鳥の魅力」について紹介します。




 

野鳥の魅力3つのポイント

僕が考える、愛玩鳥(ペット)にはない、野鳥ならではの魅力は以下の3つ。

1. 季節感がある
2. 他の野生動物との関係性が見られる
3. 広大なフィールドで行動する


1. 季節感がある

ダイシャクシギ

野鳥には、「渡り」という習性があり、季節に応じて長距離を移動します。


そのため、夏だけ見られる「夏鳥」、冬だけ見られる「冬鳥」、移動中だけ見られる「旅鳥」がいます。


一年中見られる愛玩鳥と違い、期間限定で出会える彼らには季節感があるのです。


もはや季節の変化に応じて、彼らが飛来するのを待ち遠しく思います


以下の僕のツイートにも、冬鳥であるツグミを待ち望んでいた気持ちが表れています。


ちなみに、野鳥には毎年同じ場所に戻ってくる個体も。


例えば関東にも、例年ワシが飛来する場所があったりします。


彼らが無事渡ってくるのを見ると、「今年も帰って来てくれた」と安堵する思いすらあります。


このように毎年心を動かす一期一会が生まれるのは、野鳥ならではの魅力です。


なお、渡りについては以下の記事で詳しく解説しています↓


2. 他の野生動物との関係性が見られる

トビ

他の野生動物との関係性も、野鳥だからこそ見られるもの。


例えば、

・野生下で彼らが食べている動物たち
・天敵に襲われたときには取る行動
・ライバルへのなわばりのアピールの仕方


これらは、生活空間が仕切られている動物園などでは見られません。


オオタカが近くにくると一斉に騒ぎ出す小鳥たちや、なわばり争いで揉み合うジョウビタキ。


野鳥たちを観察していると、野生生活の厳しさや凄さを覗かせてもらうことができるのです。

3. 広大なフィールドで行動する

タゲリ

野鳥たちは広大な自然のフィールドで生活しているため、行けば必ず出会えるものではありません。


いつも決まった場所にいる愛玩鳥と違い、鳥の習性や好みの環境を知らないとなかなか出会うことはできません


しかし逆に、思いがけない出会いがあることもあります。


それは僕が野鳥観察を始めて初の冬シーズン、図鑑でジョウビタキを知り、見てみたいと探していた時のこと。


1ヶ月ほど探したものの、なかなかその姿を見ることはできず、とぼとぼと農耕地を歩いていると、小鳥が目の前に!


なんとそれがジョウビタキ(オス)でした。


ジョウビタキ(オス)

ジョウビタキ オス


そんな思いがけず出会ったジョウビタキに、「身近にこんなに美しい鳥がいるのか」と興奮したのが、僕が本格的に野鳥観察にハマったきっかけです。

野鳥を観察を始めるなら大事なこと

コゲラ

以上のように、野鳥は僕たちにとっても色んな刺激を与えてくれる存在です。


さらに、彼らは最も身近に観察できる大型動物でもあります。


なぜなら、大型動物と言えば哺乳類などが身近に思いますが、彼らはあまり人前に姿を見せず、そう簡単に観察することはできません


一方で野鳥たちは身近にいてくれるので、とても手軽に観察を始めることができます。


ただ、「もっと色々な野鳥を見てみたい!」と思うようになったときは、色々な環境に行ったり、遠くにいる野鳥を観察できるよう準備が必要になります。


野鳥観察の始め方については以下の記事で紹介しているので、ぜひご覧ください↓


おわりに

野鳥観察をしていると、より野鳥の知識を知ったり、それらの知識があることでより野鳥を発見・観察しやすくなります。


すると、どんどんと深みにハマっていってしまうのですね笑


しかし野鳥を知ることで、日本や世界各地の自然や歴史を理解することができるし、教養が深まることは間違いなしです!


実際に僕も野鳥観察を始めて、海外の自然にも興味を持ち、各地の土地や地理にも詳しくなりました。


あなたも身近な野鳥の観察から始めて、新たな発見や知識が増やしませんか?


合わせて以下の記事もどうぞ↓

いろんな鳥の魅力を知りたい!

いろんな種類の野鳥の魅力まとめ【海外で観察した野鳥も紹介】

鳥を楽しむための情報・グッズを知りたい!

鳥を楽しむ情報・グッズまとめ【本、アプリ、グッズなど】

鳥に関する他の記事を見る

「鳥」カテゴリーの記事一覧


では、また。