ネイチャーエンジニア いきものブログ

虫・鳥などの動植物の魅力や知識など、自然観察をもっと楽しむための情報を発信します。

梅や桜の花に集まる可愛い小鳥メジロ【鶯(うぐいす)に間違われがちな野鳥】

メジロ 桜

桜の木にかわいい小鳥が止まってる!
この鳥ってどんな鳥?

こんな疑問にお答えします。


ネイチャーエンジニアの亀田です。


春になると梅の花や桜の花に集まる、かわいい緑色の小鳥がいます。


その名は、メジロ


花の背景がとっても似合う野鳥ですが、実はこのメジロ、ある鳥と誤解されやすい鳥でもあります。


あなたももしかしたら誤解しているかも…?


今回は、そんなかわいい小鳥メジロと、誤解されがちな話について紹介します。




 

メジロ(目白)の特徴と魅力

メジロ

メジロは白いアイリングが特徴の小鳥

メジロは漢字で目白(めじろ)と書きます。


これは、目の周りの白い部分(アイリング)が由来。


この白い部分がチャーミングで、とってもかわいらしいのですが、よくよく見ると目つきは意外と鋭かったりします。

梅や桜の花に集まる

メジロは雑食性で、虫や木の実のほか、花の蜜なども大好き。


庭に柿などが植えられていると、秋に柿の実を食べにやってきたりします。


春は花の蜜を吸うために、梅や桜の木に集まります。


メジロは舌が筆のような形になっていて、花の蜜をなめやすいようになっています。


この舌を使って花の奥にある蜜をなめていると、メジロの体には花粉が付着。


花粉がついた状態で次から次へと花を飛び移ることで、花の受粉を助ける役割を担います。


メジロは花にとって大事なパートナーなのですね。

夏や山、冬に平地におりてくる

メジロは1年中見られる留鳥ですが、山←→平地のような短距離の移動をする(漂鳥)個体もいます。


留鳥などの用語については以下の記事をどうぞ↓


短距離移動をするメジロは、夏は山にいて、秋頃から平地におりてきます


なので平地では、メジロは夏以外の時期が観察しやすいです。


秋に柿の実がなる頃、初春に桜の花が咲く頃などは、じっくり観察するチャンスです!

夏は木の高い位置でさえずる

メジロの鳴き声は普段こんな感じ。


チー、チー
チチチチ


しかし繁殖期である夏の時期は、木の高い位置で複雑なさえずりを聞かせてくれます。


漂鳥である個体が一定数いるため、平地では夏は数が少なくなります。


そのため少しメジロの姿が確認しづらくなってしまうのですが、このさえずりはよく聞こえるので、メジロがいることが分かります。

メジロは地域ごとに色々な亜種がいる

メジロは渡りをしないため、生息地域ごとの分化が進み、いくつもの亜種に分けられます


例えば、以下は奄美諸島・琉球諸島にいるリュウキュウメジロ。


リュウキュウメジロ

リュウキュウメジロ


本州のメジロは、脇部分がぶどう色をしていますが、リュウキュウメジロは白いです。


以下の通り、本州のメジロの脇はぶどう色

メジロ


海外でもメジロは見られますが、このように亜種レベルでの違いがあることも多いです。


海外旅行する時などは、亜種による違いに注目して観察するのも面白いと思います。

メジロは鶯(うぐいす)によく間違われる

メジロ 桜

「梅に鶯(うぐいす)」ではなく「梅に目白」?

」といえば、どんな鳥を思い浮かべますか?


そう、春に梅と言えば、一般的には「ウグイス」のイメージが強いです。


もしかしたら、今までメジロのことをウグイスだと思っていた方もいるのではないでしょうか。


しかし実はウグイスは梅の花をえさにしているわけではないので、梅にいるのを見ることはほとんどありません。


ではなぜこんなイメージがあるかというと、「梅に鶯(うぐいす)」ということわざがあるため。


こちらの言葉の意味は、以下の通り。

梅に鶯とは、取り合わせのよい二つのもの、よく似合って調和する二つのもののたとえ。仲のよい間柄のたとえ。


引用元: 梅に鶯 - 故事ことわざ辞典


実はこの言葉の由来は、梅によく止まっているということは関連していないのです。


梅でよく見られる鳥という意味なら、

・梅にメジロ
・梅にヒヨドリ

なんて言葉になっていたかもしれません。

鶯色(うぐいすいろ)って実はメジロ色?

またウグイスの名前が出てきました。


「梅に鶯」の件もあって、ウグイスとメジロは混同されがち。


鶯色(うぐいすいろ)と聞いて、メジロのような抹茶のような色をイメージした方、実はこの色は鶯色ではありません


鶯色は以下のような色です。

引用元: 鶯色 (うぐいすいろ) の色見本 | 日本の色名 - color-sample.com


そして野鳥・ウグイスの羽の色は、こんな感じ。


ウグイス

ウグイス


実はウグイスは、緑よりも茶色味が強い色。


なぜ誤解が生まれているかというと、以下のような理由が影響していそうです。

・ことわざ「梅に鶯」による混乱
・鶯餅(うぐいすもち)が抹茶色
・鶯色の表現にブレがあり、緑の強い色で表現されることもある


メジロは何かとウグイスに間違われがちなのですね。


ウグイスについては、以下の記事で詳しく紹介しています↓


おわりに

今回はメジロについて紹介しました。


メジロは桜や柿など、季節感のある植物に集まるので、絵になる写真になりやすいです。


しかも比較的近くに来てくれるので、撮影もしやすい。


野鳥撮影については、以下の記事で紹介しています↓


ぜひ、野鳥撮影にも挑戦してみてください!


まだまだ魅力的な鳥たちがたくさん!そんな彼らの記事は以下でまとめています↓


合わせて以下の記事もどうぞ↓

いろんな鳥の楽しみ方を知りたい!

鳥好きのための「野鳥の楽しみ方」まとめ【本、ゲーム、グッズなど】

鳥が登場するゲームを知りたい!

鳥好きがおすすめする鳥ゲーム・鳥アプリ5選 【iPhone・Android】

野鳥観察を始めたい!

野鳥観察(バードウォッチング)の始め方。必要な装備と観察に役立つ知識を紹介


では、また。