ネイチャーエンジニア いきものブログ

虫・鳥などの動植物の魅力や知識など、自然観察をもっと楽しむための情報を発信します。

昆虫の越冬形態とは?【越冬形態の種類と例も紹介】

冬は虫がいない…。
虫たちは冬の間、どこにいるの?

こんな疑問にお答えします。


ネイチャーエンジニアの亀田です。


冬は虫好きにとって、虫に出会いにくい、ちょっと寂しい季節です。


でも、虫たちは消えてしまっているわけではなく、隠れながら春や夏が来るのを待ちわびているのです。


冬を乗り越えることを越冬(えっとう)と言いますが、実は昆虫たちの越冬は面白い。


なぜなら、虫たちは冬の乗り越え方がそれぞれ違うから。


今回は、そんな昆虫たちの越冬について紹介します。




 

昆虫の越冬形態とは

f:id:kkamedev:20180807161123j:plain

冒頭でお話しした通り、昆虫たちは冬に見つからなくなりますが、消えていなくなってしまったわけではありません。


安全な場所に隠れて越冬します。


昆虫たちが越冬には、非常に面白い点があります。


それは、昆虫が種によって色々な姿で越冬すること。


色々な姿とは、以前以下の記事で紹介した「変態」が関係しています。


例えば、幼虫の姿で越冬したり、さなぎの姿で越冬したり、越冬時の成長段階が昆虫によって異なるのです。


この越冬する時の成長段階のことを、越冬形態と言います。

昆虫の越冬形態の種類

越冬形態には、

・卵
・幼虫
・蛹(さなぎ)
・成虫

の4タイプがあります。


ちなみに成虫越冬のものは、真冬でも暖かい日などに姿をみられることもあり、出会えると嬉しい気分になります。

卵で越冬する昆虫

オオカマキリ

オオカマキリ 卵

木の枝や背の高い草など、人の目でも見つけやすい場所に産み付けるので、比較的発見しやすいです。

幼虫で越冬する昆虫

アカボシゴマダラ

アカボシゴマダラ 幼虫

エノキの葉の裏などに隠れて越冬します。

蛹(さなぎ)で越冬する昆虫

ナミアゲハ

ナミアゲハ さなぎ

人目につかないところにうまく隠れて蛹化するようで、なかなか見つけられないです。

成虫で越冬する昆虫

ナミテントウ

ナミテントウ

木の幹や落ち葉の裏などで集団で越冬します。

キタテハ

キタテハ

暖かい日だとたまに見つかりやすいところに出て来ます。

クサギカメムシ

クサギカメムシ

屋内に避難して越冬します。


カメムシが多い年は大雪が降ると言われることも。

なぜ昆虫の種類によって越冬形態が違うのか

なぜ種類によって越冬形態が異なるのでしょうか?


以下のように、近い種同士であっても越冬形態が異なるものもいるのも、なおのこと不思議です。

・コバネイナゴ=卵で越冬
・ツチイナゴ=成虫で越冬


調べてみてもその理由について情報は得られなかったので、ここからは僕の考察になります。


僕が考える理由は、越冬する能力は昆虫たちが後天的に身に付けたためと考えます。


つまり、昆虫たちがそれぞれ自分たちのアプローチの仕方で試行錯誤した結果なので統一されていないのでは、ということ。


そう思う理由は2つ。

1. 熱帯地域のカブトムシは1年中見られる
2. 同じ種でも越冬形態が固定されていないものがいる


1. 熱帯地域のカブトムシは1年中見られる

以下の記事でも紹介しましたが、ボルネオのカブトムシは1年中見ることができます。


これから考えられることは、虫たちは必要がなければ活動を休止する理由がないということ。


彼らが越冬をするのは、冬がある日本という地域特有の行動だということです。


越冬という行動は、

・冬には寒さで凍死してしまう
・えさがなくなる

などの問題を回避するために後から身に付けた行動と思われます。

2. 同じ種でも越冬形態が固定されていないものがいる

先ほど、越冬形態を紹介しましたが、実は越冬形態が定まっていないものもいます


例えば、ツマグロヒョウモンは幼虫で越冬することもあれば、蛹で越冬することもあります。


ツマグロヒョウモン

ツマグロヒョウモン メス

しかし、ツマグロヒョウモンはもともと南方のチョウで、北上して関東で幼虫や蛹になっても、ほとんど冬を超えられることはないそう。


これから考えられることは、越冬形態が定まっておらず、安定的に越冬に成功しない種は、まだ越冬するための技術を身に付けられていないと考えられます。


つまり、越冬が必要な環境に出会って日が浅く、今は試行錯誤している状態で、進化の途中ということ。


これから北上する個体がもっと増えて、越冬の試行回数が増えれば、いずれ安定的に越冬する能力を身に付けるのではないでしょうか。

おわりに

今回は越冬形態について紹介しました。


昆虫の越冬は世界どこでも見られるものではなく、さらに彼らの越冬能力は日本の冬という環境に適応した特別な能力と考えられます。


日本ならではの虫の能力についても、注目して観察してみましょう!


合わせて以下の記事もどうぞ↓

虫の名前を知りたい!

見つけた虫を識別したい!虫の名前を調べる3つの方法

虫に関する他の記事を見る

「虫」カテゴリーの記事一覧

鳥に関する他の記事を見る

「鳥」カテゴリーの記事一覧


では、また。