ネイチャーエンジニア いきものブログ

虫・鳥などの動植物の魅力や知識など、自然観察をもっと楽しむための情報を発信します。

トビ(トンビ)は人の食べ物を奪う迷惑な猛禽なのか?【トビの真実の姿と魅力】

トビ

海に行ったらトンビがたくさんいた!

トンビってお弁当とか盗むっていうけど、悪い鳥なの?

こんな疑問にお答えします。


ネイチャーエンジニアの亀田です。


通称トンビは、標準和名(動物の正式な名称)では、「トビ」と言います。


トビと言えば「トビに油揚げをさらわれる」という言葉があり、人の食べ物を盗んでいく、迷惑な鳥のイメージもありますよね。


そんなトビは、最も身近に見られる大型の猛禽類でもあり、よく見るととってもカッコいいタカなのです。


トビのことを迷惑な鳥とだけ考えているとちょっと勿体無いと思います。


さらに、トビはもとから迷惑な鳥だったわけではありません


というわけで今回は、そんなトビの特徴と魅力、そしてなぜ迷惑な鳥となってしまったかをお伝えします。




 

トビ(トンビ)の特徴と魅力

トビ


最も身近に見られる大型の猛禽類

トビはタカ科に属する鳥で、最も身近に見られる大型の猛禽類です。


猛禽類の中でもサイズは大型で、翼を広げると160cmもの大きさになります。


冒頭の写真を見ても、迫力があってカッコいい鳥だと感じると思います。


トビは特に、海岸や郊外の田んぼなどでよく見られます。


僕は神奈川の海沿いの生まれなので、トビは毎日のように見ていました。(上空からフンの爆撃が落ちてくることもよくあります笑)


また、僕は今まで全国で色々と回ってきましたが、特に長崎県の対馬では、内陸でも非常に多くのトビに出会った記憶があります。


こんな身近な野鳥ですが、実は東京では絶滅危惧種


ビルの立ち並ぶような都市環境には適応できていないようです。


もともと海や郊外のひらけた場所で獲物を探す鳥なので、ビルなどの建物が立ち並ぶような視界が遮られる環境では生息しづらいのだと思います。


飛翔中のトビ

トビ 飛翔中


ゴミや動物の死骸を漁るスカベンジャー

トビの特徴として、スカベンジャーという習性があります。


猛禽類の多くは、主には生きた獲物を捉えて食べるものが多い。


それに対してトビは、積極的に獲物を追うよりも、動物の死骸を食べることが多いのです。


なので、他の猛禽よりもカラスに近い食性を持っているのです。


カラスは猛禽を警戒して、集団で追い払うのですが、このトビもよくカラスに追い回されています。


トビが直接カラスを狙うことはほぼないはずですが、自分たちのえさの確保という面ではライバルなのでしょう。

笛のような鳴き声が特徴的

トビの鳴き声は印象的。


聞いたことがある人はピンと来ると思いますが、「ピーヒョロヒョロ」という鳴き方です。


見かけによらず、夜店のおもちゃの笛のような、かわいらしい声を出すんですね。


猛禽の見分けは初心者には難しいと思いますが、飛翔している猛禽からこの声が聞こえたら、それはトビです。

トビに油揚げをさらわれる【トビは迷惑な鳥?】

トビ

先述した通り、僕は神奈川の海沿いの育ちなのですが、トビは迷惑な鳥という印象もあります。


なぜなら、人間の食べ物を持ち去ることがあるからです。


トビに油揚げをさらわれる」なんて言葉もありますよね。


神奈川の江ノ島に行くと、比較的低空を飛んでいるトビが多いことに気づきます。


彼らは観光客の持つ弁当や軽食を狙っているのですね。


油断すると、サッと食べ物を奪い去っていきます。


しかし、これはトビがもともとそういう行動をしていたわけではなく、人間の餌付けによって警戒心が薄れたことによって起きている問題のようです。(食べ物をサッと盗む器用さは、もともとのトビの能力としてあった)


こういう歴史を知ると、今の問題にはちゃんと背景があり、トビが一方的に悪さを始めたわけではないことが分かります。


クマが人を襲う事件も、人間が出したゴミや餌付けが起因するものも多い。


問題の背景をきちんと知ることは大切ですね。


トビの餌付けの話については、以下の本で紹介されています↓

トビだけでなく、身近な野鳥たちの特徴について、学者視点で解説してくれていて面白い本です。


カラスの学者の方が書いているので、特にカラスの話が濃いです。

おわりに

今回はトビについて紹介しました。


トビは人の食べ物を奪う迷惑な鳥というイメージが強いですが、その特徴を見るととっても面白い鳥です。

・翼を広げると160cmにもなる大型のタカ
・飛びながら人の食べ物を奪えるくらい器用さ
・可愛らしい笛のような鳴き声
・上空をぐるぐると回って獲物を探すので長く観察させてもらえる(撮影もしやすい)


ゆっくり観察できる大型の猛禽はあまりいないので、出会えたらぜひよく観察してみてください!


まだまだ魅力的な鳥たちがたくさん!そんな彼らの記事は以下でまとめています↓


合わせて以下の記事もどうぞ↓

いろんな鳥の楽しみ方を知りたい!

鳥好きのための「野鳥の楽しみ方」まとめ【本、ゲーム、グッズなど】

鳥が登場するゲームを知りたい!

鳥好きがおすすめする鳥ゲーム・鳥アプリ5選 【iPhone・Android】

野鳥観察を始めたい!

野鳥観察(バードウォッチング)の始め方。必要な装備と観察に役立つ知識を紹介


では、また。