ネイチャーエンジニア いきものブログ

虫・鳥などの動植物の魅力や知識など、自然観察をもっと楽しむための情報を発信します。

ルリタテハは枯葉に擬態したチョウ。はねをひらくと青色の紋が美しい!

ルリタテハ

綺麗な青い蝶(チョウ)を見つけた!

この蝶はどんな虫?

こんな疑問にお答えします。


青色の帯が入ったはねを持つチョウ、ルリタテハ


とっても美しいチョウで、僕も初めて見た時は感動してしまいました。


そんなルリタテハ、一般的によく知られるアゲハチョウシロチョウたちとはちょっと異なる姿や習性を持っています。


例えば、ルリタテハの成虫は花の蜜は吸わずに樹液をえさにします。


さらに成虫だけでなく、幼虫の見た目もインパクトがあり、面白い特徴をたくさん持つチョウなのです。


僕はネイチャーエンジニアの亀田です。


年間100回以上全国各地で生き物観察をし、様々な虫に出会ってきました。


そんな虫好きの僕が、ルリタテハの特徴と魅力を紹介します。




 

ルリタテハは美しい青いはねを持つチョウ

はねにある青い紋が美しい

ルリタテハはとっても美しいチョウです。


その美しさのポイントは、なんと言っても濃紺の地に青い紋が入ったはね


青い紋の美しいルリタテハ

ルリタテハ


ルリタテハのルリ=瑠璃もこの青いはねが由来です。

表ばねと裏ばねのギャップが面白い

先述した通り、はねを開いたルリタテハは大変美しい。


ところが、ルリタテハがはねを閉じると印象がガラッと変わります


以下がはねを閉じた時の写真。


突然地味になった!ルリタテハ

ルリタテハ


実ははねを閉じた時の姿は超地味


虫に詳しくない方は、この姿を見たらガと言うかもしれません。


しかし野生の世界では、こういう地味な姿は生き残るためにとっても大切なのです。


そう、ルリタテハは枯れ葉に擬態することで敵から見つからないようにしているのですね。


ルリタテハが森の中で地面ではねを閉じてじっとしていたら、見つけるのは至難のわざです。


虫の世界の他の天敵たちから比べたら、僕たち人間から隠れるくらい容易いことなのかもしれません。

ひなたぼっこの理由

チョウたちはよく、地面ではねを広げてひなたぼっこしています。


ひなたぼっこしているルリタテハ
ルリタテハ


彼らがひなたぼっこする理由は、彼らが変温動物だから


体温を温めるために太陽のパワーを借りているのです。


なので、ルリタテハの美しい青い紋を見るには、このひなたぼっこタイムがチャンス


まだ体が温まっていない午前中などはこの行動をすることが多いので、ぜひ観察してみてください!




ルリタテハは意外と身近な場所で見られる

こんなに美しく魅力的なルリタテハですが、ありがちことに彼らは意外に身近な場所で見られるチョウです。


と言っておきながら、僕がこのチョウに初めて出会った場所は、沖縄でした。


僕は生き物探しを始めたばかりの頃で、沖縄でルリタテハの青色に輝くはねを見て感動。


その鮮やかさに、その時は完全に「南国のチョウ」だと思っていました笑


そう、家に帰ってから調べるまでは。


調べるとどうやら、こんなに美しいルリタテハは、全国で普通に見られる種のようなのです。


沖縄から帰って数ヶ月後、近くの里山公園で再開することができました。


さらにルリタテハは比較的活動時期が長く、初春から終秋まで見ることができます


身近にこんなに美しいチョウが見られる日本というのは、とっても恵まれた環境ですね。

ルリタテハのライバルはカブトムシ?【成虫は樹液を吸う】

チョウといえば花の蜜を吸っているイメージを持つ方も多いと思います。


が、ルリタテハは花の蜜ではなく樹液をえさとします。


樹液を吸うチョウと言えば、他には日本の国蝶であるオオムラサキなどがいます。


オオムラサキ

オオムラサキ


なので成虫のえさ場のライバルは、アゲハチョウではなく、オオムラサキやカブトムシ、クワガタなどなのですね。

ルリタテハは幼虫の姿も面白い

ルリタテハは幼虫の姿も面白いチョウです。


なぜなら、あの美しい成虫の姿からは想像ができないようなギャップを持つ姿だからです。


そのルリタテハの幼虫の姿が以下です。


棘だらけのルリタテハの幼虫

ルリタテハ 幼虫


写真の通り、たくさんの棘を持ち、触ったらいかにも痛そうです。


しかし実はこの棘には毒はなく、触っても痛くありません


見た目を危険そうに見せることにより、天敵から身を守っているのかもしれません。


ちなみに幼虫が食べる植物を「食樹・食草」と言いますが、ルリタテハの食草はサルトリイバラなど


サルトリイバラにはちょっと鋭い棘があるのですが、ルリタテハの幼虫の棘よりもこちらの方が痛いくらいです笑


幼虫を見かけたら、ぜひそのトゲトゲに注目してみてください!

ルリタテハに関連するたち

イモムシ・ケムシ(チョウ・ガの幼虫)

ナミアゲハ 終齢幼虫

チョウたちの幼虫は、他にも面白い姿のものがたくさん!


そんな幼虫たちは以下で紹介しています↓


ルリタテハと同じ分類に属する虫たち

クジャクチョウ

ルリタテハはチョウ目タテハチョウ科に属する虫。同じ分類の虫たちを以下で紹介しています。


[チョウ目]
鱗翅目(チョウ目)の昆虫まとめ|はねに鱗粉を持つ虫たち

[タテハチョウ科]
はねをひらくと姿が変わる?ギャップが面白い!タテハチョウの種類と魅力


おわりに

ルリタテハは表と裏の印象が全然違うチョウでした。


実はルリタテハが含まれるグループのタテハチョウ科のチョウたちは、そういう特徴を持つものが多いです。


このように、虫たちには見る角度や見る部分によって様々な魅力を持っているんですね。


昆虫観察は、同じ虫の中に隠された色々な魅力を発見するのも面白いんですよ!


以下の記事では昆虫観察の始め方や、観察に役立つ道具を紹介していますので、ぜひご覧ください!


そのほかのおすすめ虫紹介記事↓

■ コガネムシ(黄金虫)

コガネムシ


他の虫の紹介、虫ゲーム・アプリ、虫観察、用語解説などに関する記事はこちらから↓

虫に関連する記事まとめへ