ネイチャーエンジニア いきものブログ

虫・鳥などの動植物の魅力や知識など、自然観察をもっと楽しむための情報を発信します。

カイトリ屋の出張買取で故障した中古カメラを売ってみた【高価で売るための査定ポイントも紹介】

カメラ Canon SX 60HS

ネイチャーエンジニアの亀田です。


僕はこのブログで日頃から生き物の写真を掲載しつつ紹介をしていますが、彼らは複数台のカメラを使って撮影しています。


以前、僕が使用しているコンパクトデジカメの比較をした記事なども書きました↓


よく写真を撮るようになってからは、鳥用・虫用合わせて1年に1台くらいのペースでカメラを買っています


そういうわけで、家にもう使っていない古いカメラなどがあったのですが、それらを先日「カイトリ屋の出張買取」で売ってみました。


実際に査定してもらって売却した結果としては、査定価格・売る流れなど含めて大満足


また、査定に来ていただいた時に査定のポイントなどについても質問させてもらいました。


というわけで、今回はカイトリ屋でカメラを売却した体験談と、質問して得られた査定ポイントなどを紹介します。





 

なぜカイトリ屋でカメラを売ったのか?

カメラをどこで売ろうか?と考えたときに、僕が思い付いた売り方は大きく4つでした。

1. カメラ専門店で売る(実店舗)
2. カメラ専門店で売る(Web)
3. ブックオフ系列店のような電子機器を取り扱っているチェーン店で売る
4. フリマアプリやネットオークションで売る


そこで僕が重視したポイントは、ラクに、できるだけ高く売りたい、でした。

ラクに売りたい

ラクに売るを重視したことで、必然的に「1.の実店舗で売る」のと、「4.のフリマアプリやオークション」の選択肢は消えました。


なぜなら、4.が商品を売るための準備、梱包や発送などの手間が掛かるのは言わずもがな。


実店舗が面倒だと思ったのは、Webで実店舗の買取について調べてみて、カメラ屋によって買取の基準が違い、買い取ってもらえないこともあるとのこと。


そうなった時に、持って行ったのに売れずに店舗をはしごするのが面倒だと思ったのです。


そういうわけで、ネットで売れる、かつ出張買取してくれる(梱包や発送も面倒なので)、2か3にしたのです。

できるだけ高価で売りたい

2. カメラ専門店(Web)」と「3. 電子機器を取り扱っているチェーン店」と比較して、2.に決めました。


専門店ならカメラの状態も正確に理解してもらえるだろうし、部分的なパーツ交換やパーツ単位での再利用などで、高価で引き取ってくれるだろうと考えたからです。

どのカメラ専門店で売るか【カイトリ屋に決めた理由】

調べると、Webで申し込みができるカメラ専門店はいくつか候補が出て来ました。


しかし正直、選ぶのが難しい


そこで、売りたいカメラの特徴から絞り込みました。


売りたかったカメラは2点で、10年以上前に買った古いデジカメと、一部が故障しているコンパクトデジカメ。


そこで、以下の点を基準に絞り込みました。

1. デジカメの買取も積極的に対応している
2. ジャンク品も取り扱っている
3. 出張買取してくれる


特に2.のジャンク品がダメ or 記載がないところもあり、その記載も含めて全て満たしていたカイトリ屋に決めました。


ちなみに送ったら査定されて口座振込されるタイプの店もあり、それはそれでラクだと思います。


しかしカメラを売るのが初めてだったのと、査定してくれる人が直接来てくれて、査定ポイントなど確認しながら売れるというのもカイトリ屋を選んだ理由でした。

カイトリ屋で申し込み〜カメラ売却まで

カメラ売却の申し込み

まず、以下のサイトからカメラ売却の申し込みをしました。


カメラの高額買取専門店【カイトリ屋】


上記ページの一番下にお問い合わせフォームがあり、そこから申し込みをします。


しかし、若干戸惑ったのが「お問い合わせ内容」の入力。


自由入力すぎて、何を書くべきか分からない、ということに悩みました笑


結局、少し考えてこんな感じで送信しました。

2点のカメラと1枚のSDカードを売却したいと考えております。

①Canon PowerShot SX60 HS
 - 説明書あり
 - 充電ケーブルなし
 - ファインダーを覗くと視界が歪む(写真自体は正常に撮影できる)
②Canon IXY 420F
 - 説明書なし
③SDカード 8GB

出張買取いただくことは可能でしょうか?


もし同じ場所で迷ったらテンプレートとしてお使いください。


送信後は翌日にメール返信があり、出張買取可能ということで、日程調整の流れになりました。


ちなみに売却したカメラは以下の2点+付属品のSDカード。


Canon PowerShot SX60 HS

カメラ Canon SX 60HS


Canon IXY 420F

Canon IXY 420F


点数が少なく、古いカメラ&故障カメラで価格が低そうなので、出張してもらえないかな?


なんて心配していましたが、出張買取OKとのことで安心しました。


少ない点数でも出張してもらえるなんて、ありがたいです。

出張買取当日【査定の流れ&査定結果】

査定の日には自宅に来ていただき、直接カメラの状態を見ていただきました。


状態を見てもらいながら、口頭で補足説明したり、希望査定額などのやり取りがありました。


査定結果としては、カメラ2点+SDカード引っくるめて1万円



壊れていたり古いものだし、二束三文にしかならないと思っていたものだったので、期待以上の結果でした。


もし売るつもりもなくゴミとして出していたら(実はもともと捨てようとしていた)、0円+手間が掛かっていたのが、家から一歩も出ずに1万円


また査定に自宅まで来てくれた方は、査定後の僕の質問(後ほど紹介)にも丁寧に回答してくれて、とても好印象でした。


トータルで大変満足な結果でした。


ちなみに一通りの査定の流れ+僕からいくつかの質問タイム全てで所要時間は30分くらいでした。

査定ポイントについて聞いたこと

査定に来てくれたカイトリ屋の方に査定のポイントについて質問したこともここで書いておきます。

1. 付属品の査定額への影響

査定額に影響する付属品は大きく以下の2つのようです。

・カメラの使用に直接影響するもの(充電器、ケーブルなど)
・購入時の箱

意外だったのは、購入時の箱


買い取ったカメラは中古品としてオークションで販売したりするようですが、箱があるとそのまま梱包できて買い取る側の負担が減ったり、カメラを傷付けずに発送できて保証になる。


とのことで、割と査定額に影響するようです。


次カメラを買う時は、箱を捨てずに取っておこうと決めました。

2. ジャンク品の査定について

ジャンク品にもランクがあり、ざっくり言うと以下で大きく違うようです。

・カメラとして使えないもの
・一部機能が使えないが撮影自体は問題ないもの


使い方次第で使用できるかどうかがポイント。


例えば今回僕が売却したSX60 HSは、ファインダーを覗くと画面が滲んでしまって見えない状態だったのですが、撮影自体はできる状態でした。


なので、ファインダーさえ使わなければ撮影できるということで、ジャンク品でも価値は残っている方だったようです。


また、壊れたパーツが交換できるかどうかも重要。


ちなみに僕のSX60 HSはカメラ本体とファインダーが一体型で交換できないタイプだったのですが、交換可能なタイプであれば査定額も変化したようです。

3. 古くなると価値は下がる

僕の IXY 420F は10年モノだったのですが、やはり古くなると価値は下がるようです。


このカメラは5年ほど使うこともせずしばらく封印していたのですが、5年前に売っていればもう少し値がついたかもしれません。

おわりに

今回は、カイトリ屋で中古カメラを売った話を紹介しました。


もし家に古いカメラが封印されているのであれば、この機会に売るのを検討してみてはいかがでしょうか?


カイトリ屋へは、以下のページのお問い合わせフォームから申し込みできます↓


カメラの高額買取専門店【カイトリ屋】


中古カメラを売るのならおすすめなので、ぜひ活用してみてください!


合わせて以下の記事もどうぞ↓

オススメのカメラを知りたい!

野鳥撮影初心者のカメラは「望遠」にこだわるべきたった1つの理由

野鳥観察を始めたい!

野鳥観察(バードウォッチング)の始め方。必要な装備と観察に役立つ知識を紹介

野鳥撮影のコツを知りたい!

美しい野鳥写真を撮影するコツ【野鳥撮影をもっと楽しもう!】


では、また。


>> 「観察道具」カテゴリーの記事一覧を見る