ネイチャーエンジニア いきものブログ

虫・鳥などの動植物の魅力や知識など、自然観察をもっと楽しむための情報を発信します。

クマバチ(熊蜂)は黒くて大きくて怖いハチ?実は温厚でかわいい彼らの魅力と特徴

クマバチ

黒くて大きいハチ!

このハチって怖いハチ?

こんな疑問にお答えします。


黒くて大きなハチ、これはクマバチ(熊蜂)です。


ちょっと見た目にインパクトがあり、怖いと思うかもしれません。


僕も子供の頃は近くを飛ばれると、すぐに走って逃げたものでした。


しかし今のように生き物を観察するようになって彼らをよく知ると、とても温和で可愛らしいハチであることを知りました。


僕はネイチャーエンジニアの亀田です。


年間100回以上全国各地で生き物観察をし、様々な虫に出会ってきました。


そんな虫好きの僕が、クマバチの特徴と魅力を紹介します。




 

クマバチ(熊蜂)は黒くて大きい、熊のような姿のハチ【怖いハチ?】

クマバチ

黒くて大きい、熊のような姿のハチ

真っ黒な色、大きな体、がっしりした体型。


その姿はまさしく熊。


このように、クマバチ(熊蜂)はインパクトのある姿をしています。


実際、この名前の由来は熊のような姿が由来とのこと。


こんな姿のハチが大きな羽音をして近付いてきたら、ちょっと怖気付いてしまいますよね。


僕も子供の頃など、クマバチは危険な怖いハチだと思っていました。


しかし、クマバチはその姿やイメージとは裏腹に、むやみに恐れるような虫ではありません

性格は温厚で大人しいハチ

実は、クマバチは温厚で大人しい性格をしているのです。


なので人間側からちょっかいを出さなければ、刺されることはほぼありません


こう言うと実は、他のハチがすごく恐ろしい虫のように思うかもしれません。


でも、それもちょっと違います。


正しくは性格というより役割や能力の違いによるところが大きいのです。


スズメバチのような、集団生活する(=社会性を持つ)ハチは、群れの中で各々役割があります。


例えばスズメバチのメスは女王バチ働きバチという役割に分かれています。


働きバチの役割はえさの獲得のほか、兵隊のように巣を守る役割を持ちます。


つまり、巣に敵が近付くなど、群れの存続に関わる危険が迫ったら、命を犠牲にしてでも戦わなければならない使命を負っているのです。


その行動に加えて、その攻撃力の高さから、スズメバチは凶暴・怖いというイメージがついているのですね。


スズメバチは役割分担されている

オオスズメバチ


一方、クマバチは単独行動


直接的に自分の命や巣に危険が及ばない限り、ほとんど刺すことはありません


だから人間側がちょっかいを出さなければ刺されないのです。


ちなみに以下の記事でも紹介した、かわいいミツバチ


実はこのハチも社会性のあるハチで、スズメバチと同様、巣に近付くと刺すことのあるハチです。


社会性のあるミツバチ

セイヨウミツバチ


しかしミツバチについてもむやみに怖がる必要はありません


普段蜂蜜探ししている時などは、ある程度近付いても脅かしたりしなければ攻撃をしてくることはないのです。


実は、ミツバチの毒針は一生に一度しか使えません


何度も毒針を使えるスズメバチと違って、ミツバチは針の仕組み上、一度毒針を使うと自分の命を失ってしまいます


そのため、ミツバチはいざという時のみその武器を使うのです。


このように攻撃性の違いは、単なる性格ではなく、役割や武器の性質の違いが大きく影響していると思われます。

クマバチのオスとメスの違い

ちなみにクマバチもスズメバチも、お尻にある針はメスしか持ちません


なぜなら、ハチの針は産卵管が変化したもの。


産卵管を持たないオスには針がないのです。


ちなみにクマバチのオスは冬が開けて暖かくなった頃、縄張りを作ってメスを探します。


オスのクマバチは、春先に目立つ位置で空中に浮遊(ホバリング)します。


しかしクマバチを見た目で見分けるのは難しい。


なので、危険&クマバチにもかわいそうなので、むやみに捕まえたりせず、そっと見守りながら観察しましょう




クマバチ(熊蜂)は名大工さん

クマバチは木に穴を空けて巣を作ります。


その巣作りの様子は大工さながら。


そのため、英名では「Carpenter Bee = 大工バチ」と言います。


ちなみにマレーシアに行った時にもクマバチを見ましたが、日本のクマバチより2回りほど大きく、より迫力がありました。


マレーシアで出会った Tropical Carpenter Bee(おそらく)

Tropical Carpenter Bee


Tropical Carpenter Bee の大きさは35mmにもなるそう。


日本のクマバチが23mmくらいなので、1.5倍ほどの大きさですね!


マレーシアで出会った生き物たちは以下の記事をどうぞ↓


クマバチ(熊蜂)はどこで見られる?【セージなどシソ科の花の蜜が好き】

クマバチのえさは、ミツバチと同様に花の蜜


特にセージのようなシソ科の花の蜜を集めているところをよく見ます。


シソ科の花にやって来たクマバチ

クマバチ


セージの花は公園の花畑などによく植えられているので、そういう場所で探して見ると、クマバチに出会える可能性が高いです。


またクマバチは活動期間が長めで、春先から秋の終わりまで見られる嬉しいハチですよ!

クマバチ(熊蜂)に関連する虫たち

同じ分類に属する虫たち

セイヨウミツバチ

ハチ目 > ミツバチ科

※リンクから各分類の紹介を見ることができます。

おわりに:かわいいクマバチ(熊蜂)を観察してみよう!

記事内で紹介したように、クマバチは大きくて怖そうな姿をしていますが、実はおとなしいハチ。


彼らを脅かしたりしなければ、ゆっくり観察ができ、むしろかわいく感じるハチたちですよ。


怖いと思われがちなクマバチのイメージが、少しでも良い感じに変わったら嬉しいです。


あなたも、かわいいクマバチの観察をしてみませんか?


以下の記事では昆虫観察の始め方や、観察に役立つ道具を紹介していますので、ぜひご覧ください!


合わせて以下もお読みください↓

「他の虫の紹介」を読みたい方はこちら!

虫の魅力紹介まとめ【甲虫目、チョウ目など分類ごとに紹介】