ネイチャーエンジニア いきものブログ

虫・鳥などの動植物の魅力や知識など、自然観察をもっと楽しむための情報を発信します。

ルリビタキは幸せの青い鳥?冬に見られる瑠璃三鳥

ルリビタキ オス

かわいくて綺麗な青い鳥!

もしかして、この鳥って「幸せの青い鳥」?

こんな疑問にお答えします。


この美しい青い鳥はルリビタキという鳥。


この鳥は、瑠璃三鳥(るりさんちょう)とも呼ばれる、代表的な青い鳥の一種。


そんな青い鳥・ルリビタキは、「幸せの青い鳥」であると僕は思います。


僕はネイチャーエンジニアの亀田です。


年間100回以上全国各地で生き物観察をし、様々な野鳥に出会ってきました。


そんな鳥好きの僕が、ルリビタキの特徴と魅力を紹介します。




 

ルリビタキは瑠璃色の羽を持つ幸せの青い鳥

瑠璃色の青いヒタキ【瑠璃三鳥の一種】

ルリビタキは、鮮やかな青と黄色の羽を持つ、美しい鳥です。


ルリビタキの名前のルリは「瑠璃」で、まさに「青い」という意味。


瑠璃色の羽が美しいルリビタキ
ルリビタキ オス


また、ルリビタキは「ヒッ、ヒッ、ヒッ、…」と鳴きますが、この声が火を焚くために火打石を叩いた時に出る音に似ていることが「ヒタキ」の由来。


なので、ルリビタキの名前は「青いヒタキ類の鳥」という意味になります。


ちなみに、ルリビタキは瑠璃三鳥(るりさんちょう)の一種。


瑠璃三鳥とは、代表的な青い羽を持つ鳥たちのこと。


残りの2種は、夏鳥のオオルリコルリです。


ルリビタキは、これらの美しい青い鳥たちと並ぶ選ばれし青い鳥なのです。

青い羽は成鳥のオスのみの姿

先述した美しい青い羽を持つのは、実は大人のオスのみ。


大人のオスが鮮やかな青色になるのに対し、メスや幼鳥はオリーブ色の姿をしています。


青い羽が美しいルリビタキのオス

ルリビタキ オス

青くない姿のルリビタキのメス or 幼鳥

ルリビタキ メス


ルリビタキは、メスと幼鳥を見分けるのは難しいです。


上のような姿のものは「メス型」と呼ばれたりします。


ちなみにオスでも、あの美しい青い色が出るまでには、3年ほど掛かるようです。


青い鳥は数年かけてようやく見られるようになるのですね。


ちなみに、ルリビタキは冬は平地でも見られる鳥です。


野鳥は冬にはさえずりをしないので、なかなか彼らの気配に気付けないことがあります。


だから、不意にひょっこり登場する鳥との出会いのがとても嬉しい季節なのです。


例に漏れず、ルリビタキもひょっこり現れるのが嬉しい鳥。


目線の高さに、突然美しい青い鳥が出てくる瞬間は、なんとも言えぬワクワク感があるのです!




ルリビタキに出会う方法

夏は山の樹林、冬は平地に降りて生活する「漂鳥」

ルリビタキは、繁殖期である夏は山の樹林で生活し、冬は平地に降りてきます。


このような短距離移動する鳥を「漂鳥」と言います。


なので、ルリビタキといえば冬の方が出会いやすい鳥。


先述した通り、ルリビタキは公園などで突然藪から出てくることのある嬉しい鳥ですよ!

森や林のような環境を好む【北海道なら夏も平地で見られる】

またルリビタキは、森や林のような環境を好みます。


冬の時期は、林的な環境がある場所であれば、公園でも見られることがあります。


そういった場所では、ルリビタキがバードウォッチャーに囲まれているというような光景にもよく出くわします。


ちなみに、ルリビタキは北海道の道東では夏も平地で生活します


僕は5月に北海道に行ったことがありますが、平地の林でたくさんのルリビタキに出会えました!


というのは日本が縦に長い国であり、北部と南部で気候帯が違うという、日本ならではの特徴があるからこそなのです。


なので日本では地域ごとに生息する鳥・渡り鳥が異なるため、野鳥観察旅行もとっても面白いんですよ!


以下では僕が使っている、旅行に行く時に便利なサービスを紹介していますので、ぜひご覧ください!


ルリビタキは幸せの青い鳥?

ルリビタキは美しい青い鳥です。


ところで巷には「幸せの青い鳥」という言葉がありますが、ルリビタキはこの幸せの青い鳥なのでしょうか?


幸せの青い鳥」とは、メーテルリンクの同名の童話が由来。


しかし残念ながら、ルリビタキはメーテルリンクの童話に出てくる青い鳥ではありません。


この童話に登場する青い鳥の正体は、実はハトとのこと。


メーテルリンクの幸せの青い鳥の正体はハト

キジバト


ルリビタキは童話出てくる青い鳥の正体ではないですが、僕は「幸せの青い鳥」と言っても良い鳥だと思っています。


なぜなら、彼らは実際に人の心を幸せにしているから。


冬に公園などに探索に行くと、ルリビタキを観察している方に出会うことがあります。


しかしそんなルリビタキの姿を観察している方たちの顔を見ると、誰もが笑顔


あんなに綺麗でかわいい青い鳥が、比較的近い位置で見られるのだから、嬉しくて笑顔になってしまうのもうなづけますよね。


僕も彼らに出会った時は、とても嬉しく、ほっこりした気分になります


だから、それを考えると、彼らが「幸せを運んできてくれる青い鳥」というのは本当であると僕は思います。

ルリビタキに関連する鳥たち

青い鳥

オオルリ

ルリビタキは瑠璃三鳥に含まれる、代表的な青い鳥。


しかし、日本には他にも美しい青い鳥たちがたくさんいます。


ほかの瑠璃三鳥も含む青い鳥たちは、以下の記事で紹介しています↓


ルリビタキと同じ分類に属する鳥たち

キビタキ

ルリビタキはスズメ目ヒタキ科に属する鳥。同じ分類の鳥たちを以下で紹介しています。


[スズメ目]
スズメ目の野鳥まとめ|美しい声を持つ鳥類最大のグループ

[ヒタキ科]
ヒタキ科の野鳥の種類と魅力|綺麗な鳴き声!華やかな羽!季節を彩る鳥たち


おわりに

ルリビタキは僕たちにワクワクを与えてくれる、幸せの青い鳥でした。


ルリビタキのような美しい鳥が身近に見られるなんて、本当に嬉しいことですよね。


そんな魅力的な彼らに出会えると、飛び上りたくなるほど嬉しくなるのです。


そのような「野鳥たちと出会う嬉しさや喜びを表現したい!」と開発したアプリ、以下の「鳥マスター!」もぜひ遊んでみてください!


■ 野鳥観察ゲーム「鳥マスター!」

鳥探索 撮影結果

f:id:kkamedev:20180714123115p:plain f:id:kkamedev:20180714123127p:plain


そのほかのおすすめ鳥紹介記事↓

■ サギ科の野鳥

アオサギ


他の鳥の紹介、鳥ゲーム・アプリ、野鳥観察、用語解説などに関する記事はこちらから↓

鳥に関連する記事まとめへ