ネイチャーエンジニア いきものブログ

虫・鳥などの動植物の魅力や知識など、自然観察をもっと楽しむための情報を発信します。

実は多彩で美しいカラス科の野鳥たち【黒くないカラスもいる】

オナガ

カラスって真っ黒いものだけじゃないの?

他にどんなカラスがいるの?

こんな疑問にお答えします。


ネイチャーエンジニアの亀田です。


カラスと言えば、街でもよく見られる真っ黒い鳥をイメージしますよね。


以下の記事でも紹介していますが、身近に見られる真っ黒いカラスはハシブトガラスハシボソガラスの2種。


しかし、カラス科という分類でいうと、実はこの2種のカラス以外にも何種類もカラスがいます


その中には、一般的なカラスのイメージとは違う、鮮やかな姿のものも。


というわけで、今回はカラスたちの魅力と種類を紹介します。





 

実は多彩で美しいカラス科の野鳥たち

冒頭でお伝えした通り、実はカラス科というグループには真っ黒でないカラスもいます。


そんなカラス科の彼らは「かわいい」というより「かっこいい」「美しい」という言葉がぴったり。


そう思う理由は、以下の通り。

・体が大きいものが多い
・コントラストがはっきりして、メリハリが効いている姿のものが多い


上記の特徴から、どの種も遠くからでも「あ、綺麗な鳥がいる!」と分かるのです!


では実際に、意外と知られていないカラス科の仲間たちを紹介します。(ちなみに、僕は真っ黒のカラスもカッコよくて好きです!

カラス科の種類

ハシブトガラス

ハシブトガラス

街中でも見られる、身近な2種類の黒いカラスのうちの1種。


カラス」と言うと、このカラスをイメージする方が多いのではないでしょうか。


ちなみに、後述するハシボソガラスと似ていますが、

・くちばしがハシボソガラスより太い
・おでこの部分が出っ張っている

が見分けポイントです。

ハシボソガラス

ハシボソガラス

街中でも見られる、身近な2種類の黒いカラスのうちの2種目です。


ハシブトガラスは都会派のカラスですが、ハシボソガラスは農作地や郊外などでよく見られます。

ミヤマガラス

ミヤマガラス

ハシブトガラス・ハシボソガラスと似ていますが、くちばしが白っぽく、とがった形をしています。


身近な2種と比べて実は見る機会が少ないカラスで、冬にしか見られません。


冬の農耕地に、たくさんのカラスが群れていたらミヤマガラスの可能性があるので、特徴を確認して見ましょう。

コクマルガラス

コクマルガラス

ちょっと写真は粗いものしかなく、すみません。


このカラスは小型の種で、他のカラスよりも2回りくらい小さいです。


例えばハシブトガラスは57cm程で、コクマルガラスは33cm程度です。


上の写真は幼鳥のものですが、成鳥になると白黒の姿になります。


ミヤマガラスの群れにたまに混ざっています。

オナガ

オナガ

東日本では割と身近な種ですが、西日本ではほとんど見られないようです。


僕は自宅前の木や電柱に止まるので、その姿をよく見ています。


オナガは、淡いブルーの羽が美しいですね。


でも、そんなうるさめの鳴き声もオナガの印象的な特徴です笑

カケス

カケス

複雑な青い斑点模様がとっても綺麗な鳥。


カケスは街中ではあまり見られず、森や山で出会えます。


生息環境の影響か、警戒心が強くなかなかじっくりと観察させてもらえません。


けたたましく目立つ声で鳴くので、存在確認はしやすいです。


またカケスは、ドングリをよく食べるという特徴があります。


この習性は自分で移動できない植物たちにとって、種を運んでくれるありがたい習性。


カケスはドングリを作る植物たちの大切なパートナーなのですね。


ルリカケス

ルリカケス

こちらは鹿児島の奄美諸島の固有種


鹿児島の焼酎の名前にもなっている、奄美を代表する野鳥です。


青、赤、黒の鮮やかな羽色がとっても美しいです。


僕がかつて奄美大島に行ったのは、この野鳥を見るためでした。


また会いに行きたいなあ。

カササギ

カササギ

日本では主に九州で見られる種。


近年は環境変化により分布拡大しているようです。


羽の青い部分はうまく光が当たればとっても綺麗だと思われます。


上の写真は台湾で撮影しましたが、台湾ではずっと雨模様だったので光の具合がよくありませんが、いずれカササギの綺麗な写真を撮ってきます!


海外のカラス科

おまけで海外のカラスも2種類、紹介します。

ヤマムスメ

ヤマムスメ

ヤマムスメは台湾の国鳥


止まっている姿もすでに美しいのですが、飛翔すると羽が羽衣のように見えてとっても美しいんです。


もし台湾に行った際は、ヤマムスメにも注目してみてください!

ボルネオタンビヘキサン

ボルネオタンビヘキサン

こちらはマレーシア・ボルネオで出会った鳥。


朝バードウォッチングをしていると、前に急に飛んできた緑の鳥がこの鳥でした。


こちらはボルネオの固有種だそうで、とっても派手な鳥ですよね。


海外では特に狙って歩いていない時にも、うっかり未知の野鳥に出会えてしまうのも楽しい点です。

おわりに

今回はカラスの仲間について紹介しました。


カラスってあまり知られていないですが、実はとっても面白い鳥たちなんです。


見られる場所が、種類ごとに限定的なものが多いのが影響しているのかもしれませんね。


遠出した際には、ご当地のカラスを意識して探してみると、思わぬ出会いがあるかもしれません。


まだまだ魅力的な鳥たちがたくさん!そんな彼らの記事は以下でまとめています↓


合わせて以下の記事もどうぞ↓

いろんな鳥の楽しみ方を知りたい!

鳥好きのための「野鳥の楽しみ方」まとめ【本、ゲーム、グッズなど】

鳥が登場するゲームを知りたい!

鳥好きがおすすめする鳥ゲーム・鳥アプリ5選 【iPhone・Android】

野鳥観察を始めたい!

野鳥観察(バードウォッチング)の始め方。必要な装備と観察に役立つ知識を紹介


では、また。


>> 「野鳥」カテゴリーの記事一覧を見る