ネイチャーエンジニア いきものブログ

虫・鳥などの動植物の魅力や知識など、自然観察をもっと楽しむための情報を発信します。

クイナ科の野鳥の特徴と種類【水陸両用の臆病な鳥】

クイナ

クイナってヤンバルクイナしか知らない!

どんな鳥なの?

こんな疑問にお答えします。


ネイチャーエンジニアの亀田です。


今回の主役はクイナ科の野鳥たちです。


希少種であるヤンバルクイナという名前は知っているかもしれませんが、基本種「クイナ」のことは知らない、という方も多いのではないでしょうか。


かくいう僕もそうで、野鳥観察をする前は「クイナっていう鳥がいるの?」という感じでした。


実はクイナはヤンバルクイナと違って、身近な場所で観察できる野鳥なんですよ!


しかもクイナ科の鳥には、他にも魅力的な仲間たちがいます。


というわけで、今回はクイナ科の野鳥の種類と魅力を紹介します。





 

クイナ科の野鳥の特徴と魅力【水陸両用の臆病な鳥】

クイナ科の鳥は、みんな水辺の環境を好みます。


しかしカモ類のように基本水上にいる、というわけではありません。


水上と陸上を両方使う水陸両用型の野鳥なんです。


それもそのはず、クイナ科の仲間には発達した水かきがありません


そのため泳ぎがあまり得意ではないのです。


また空を飛ぶのも苦手で、この仲間はあまり頻繁に飛びません。


基本的に陸上をダッシュして逃げて隠れるか、短距離をババっと飛んだり泳いだり、という感じです。


このように基本隠れる戦法を使うので、彼らはちょっと観察しづらい部類の野鳥。


しかしだからこそ、姿を拝めた時は嬉しい鳥なのです。


ちなみに僕の個人的なおすすめポイントは、短い尻尾


エサを探している時など、短い尻尾をフリフリしたりヒクヒクさせる姿がチャーミング。


彼らに出会ったら尻尾に注目です。

クイナ科の種類

※冒頭で登場したヤンバルクイナは僕がまだ見たことないので紹介していません。


いつか観察できたら紹介します。

クイナ

クイナ

関東付近で出会える「〇〇クイナ」と名のつく鳥は、この「クイナ」か、後述する「ヒクイナ」ですが、こちらの方が出会いやすい種です。


ただ彼らはヨシ原を好み、中に隠れてなかなか出てきてくれません。


エサを探しにヨシ原から出ている姿を見られたらラッキーです。


なお湿原などを探索していると、突然ヒョッコリ出てきたりするので、そういう場所を探索する時は油断できません。

ヒクイナ

ヒクイナ

ヒクイナは漢字で「緋水鶏」と書き、字の通り「赤いクイナ」と言う意味。


環境変化などから東日本では数が減少しているようで、実際クイナよりも出会いにくいです。


かつてはもう少し見やすい鳥だったのでしょうか。


こちらもクイナ同様、ヨシ原からなかなか出てきてくれないので、姿を拝むのが難しい野鳥です。

シロハラクイナ

シロハラクイナ

特徴的なのは、頭からお腹までの真っ白な部分


もともと沖縄など南方の鳥だったのが、本州などにも分布を広げてきているようです。


シロハラクイナは、先述した2種のクイナと比べてひらけた場所に出てきます。


しかし警戒心は弱くはなく、人の気配を感じ取るとコソコソと遠ざかって、やがて見えない場所に隠れてしまいます。


世界的に見ると、東南アジアなど南側の地域で広く分布しています。(僕も台湾、マレーシアで見ました)

バン

バン

バンもクイナと比べて姿を見せてくれやすい種です。


赤と黄色のカラフルな頭が特徴的な野鳥です。


バンの名前の由来は「水田の番」。


つまり、昔は田んぼで番をしているように見えるくらい、普通に見られた鳥だったようです。


しかし少なくとも僕が観察している地域では、現在はその言葉ほどたくさんは見られません。


そんなにたくさん彼らがいる状況を見てみたいものです。

オオバン

オオバン

オオバンは今まで紹介してきたクイナ科の鳥の中で最も見やすい種。


実際個体数も全国的に増えている箇所が多いようです↓


他のクイナ科との大きな違いは、脚に水かきが付いていること


カモほど発達した水かきではないですが、このおかげで他のクイナに比べて泳ぐのが得意です。


実際水上にいる姿をよく見ますし、魚も食べます。


そのためクイナ科の中でも陸への依存度が低く、農耕地減少などによる環境変化の影響を受けにくかったのかもしれません。

おわりに

今回はクイナの仲間について紹介しました。


クイナはとっても魅力的でかつては身近な野鳥だったようですが、多くのクイナ類は環境変化の影響を受けて観察しづらくなっているのですね。


今後も彼らを観察できるように、環境を未来に残していきたいですね。


ちなみに記事中でもお伝えしましたが、彼らのお尻のフリフリは必見なので、もし出会ったらぜひ観察してみてくださいね!


まだまだ魅力的な鳥たちがたくさん!そんな彼らの記事は以下でまとめています↓


合わせて以下の記事もどうぞ↓

いろんな鳥の楽しみ方を知りたい!

鳥好きのための「野鳥の楽しみ方」まとめ【本、ゲーム、グッズなど】

鳥が登場するゲームを知りたい!

鳥好きがおすすめする鳥ゲーム・鳥アプリ5選 【iPhone・Android】

野鳥観察を始めたい!

野鳥観察(バードウォッチング)の始め方。必要な装備と観察に役立つ知識を紹介


では、また。


>> 「野鳥」カテゴリーの記事一覧を見る