ネイチャーエンジニア いきものブログ

虫・鳥などの動植物の魅力や知識など、自然観察をもっと楽しむための情報を発信します。

ゾウムシの特徴と種類【長い鼻を持つユニークな甲虫】

オオゾウムシ

ゾウみたいな鼻のある虫がいる!

これってどんな虫?

こんな疑問にお答えします。


ネイチャーエンジニアの亀田です。


長ーい鼻を持つ虫の正体、その名はゾウムシです。


その名前は、その長い鼻がゾウの鼻のようであることが由来です。


そんなユニークな姿のゾウムシの仲間は面白い姿のものばかり。


でも、彼らの魅力はその姿ばかりではなく、習性や生活にも面白い点がたくさんあります。


というわけで今回は、〇〇ゾウムシと名のつく虫たちの特徴と種類を紹介します。




 

ゾウムシの特徴と魅力

僕が考える、ゾウムシたちの魅力は大きく2つ。

1. 長い鼻(口吻)を持つユニークな甲虫
2. 必殺死んだふり


1. 長い鼻(口吻)を持つユニークな甲虫

ゾウムシの名前の由来でもある、ゾウのような鼻。


これ、実は鼻ではなく口吻(こうふん)と言い、先端に口が付いているのです。


ゾウムシはこの口吻を使って植物の奥深くにある種を食べたり、産卵のために穴を掘ったりします。


このゾウムシ最大の特徴の口吻ですが、種類によって長さも形状も全然違います


これら口吻の違いを観察するのは、ゾウムシならではの楽しみ方ですね♪

2. 必殺死んだふり

虫たちは身の危険を感じると様々な行動を取ります。

・急いで逃げる
・飛び去る
・威嚇する

様々な回避策がある中で、ゾウムシたちのよく取る行動が「死んだふり(擬死)」。


臆病で好戦的でないゾウムシたちは、固まって動かなくなってしまうのです。


以下のシロコブゾウムシも死んでいるわけではなく、死んだ"ふり"をしている状態。


シロコブゾウムシの死んだふり

シロコブゾウムシ


こうなるとピクリとも動きません。


この行動、一見スキだらけになるように見えて意外と身を守るのに有効であると感じます。


葉の上などで危険を感じると死んだふりをしてポロっと地面に落ちてしまいます。


落ちる場所はたいてい葉の生い茂った場所なのですが、そんな場所から彼らを探すのはなかなかに難しい


この作戦によって僕が撮影し逃したゾウムシたちは数え切れないほどいます。


彼らに出会ったら、この死んだふり行動もぜひ観察してみてください。

ゾウムシの種類

オジロアシナガゾウムシ

オジロアシナガゾウムシ

クズの植物によくいるため、とても身近に見られるゾウムシです。


ゴツゴツして白黒のインパクトのある姿をしています。


こんな面白いゾウムシを僕が知ったのは、実は大人になってから。


最初に見た時は「こんなパンダのようなゾウムシ、とても珍しい虫なんじゃないか」と思ったのですが、そのあと何度も出会いました。


こんなに面白い虫が実は、すごく身近に見られるなんて幸運なことです。

シロコブゾウムシ

シロコブゾウムシ

先ほど死んだふりで紹介したやつです。


ゾウムシなのに長い口吻がありません


クチブトゾウムシというグループに属するのですが、この仲間は長い口吻を持ちません。


葉っぱを食べるような生活をする場合は、長い口吻は不要というか、むしろ邪魔なのだろうと思います。

コフキゾウムシ

コフキゾウムシ

こちらもクチブトゾウムシの仲間。


コフキ(粉吹き)という名の通り、体に粉(鱗片)が付いています。


地色は黒っぽく、粉が取れるとその地色が見えます。


上の写真の個体はまだ粉がしっかり付いているもので、鮮やかな青緑色が美しいです。


クズなどマメ科に付く、身近に見られるゾウムシです。

カツオゾウムシ

カツオゾウムシ

変な名前ですが、これはその姿が「かつおぶし」に見えることが由来。


その形状と赤褐色の色味は、確かにかつおぶしっぽい笑


しかしこの赤褐色の色味も鱗片によるものなので、時間の経過と共に色が変わってきます。


地色はやはり黒い色です。

オオゾウムシ

オオゾウムシ

2cmほどある大型のゾウムシで、存在感があります。


ゾウムシのイメージというとこの姿(シルエット)を想像する方が多いのではないでしょうか。


クヌギなどの樹木で生活するため、森や山などで見られるゾウムシです。

クロカタゾウムシ

クロカタゾウムシ

沖縄の南西諸島に生息するゾウムシ。


このゾウムシの最大の武器は、体が昆虫界最高レベルに硬いこと。


そう、「黒くて硬いゾウムシ」なのです。


硬すぎて消化できないので、昆虫の天敵の鳥でさえもこの虫を食べないそう。


その尖りまくった能力から、漫画「テラフォーマーズ」にも登場して活躍しています。

エゴシギゾウムシ

エゴシギゾウムシ

他と比べて細長いシャープな口吻を持つ、美しいシルエットのゾウムシ


黒い地色に、灰色の綺麗な模様も入っていて、おしゃれゾウムシなのです。


しかしその体は小さく、なんと6mm前後の大きさしかありません。


ゾウムシは昆虫界の中でも種類の多いグループのため、小さな種類のものもたくさんいるんですね。


このようにすごーく小さなものでも、面白い虫はたくさんいますよ!


おわりに

今回はゾウムシについて紹介しました。


ゾウムシは草地や林縁で見られることが多いです。


彼らを見つけたら、ぜひその長い鼻(口吻)に注目して観察してみてくださいね!


まだまだ魅力的な虫たちがたくさん!そんな彼らの記事は以下でまとめています↓


合わせて以下の記事もどうぞ↓

虫の名前を知りたい!

見つけた虫を識別したい!虫の名前を調べる3つの方法

虫を楽しむための情報・グッズを知りたい!

虫を楽しむ情報・グッズまとめ【本、アプリ、グッズなど】


では、また。


>> 「虫」カテゴリーの記事一覧を見る