ネイチャーエンジニア いきものブログ

虫・鳥などの動植物の魅力や知識など、自然観察をもっと楽しむための情報を発信します。

ホオジロ科の野鳥の特徴と種類【オスの個性的な頭部が面白い】

ホオジロ

顔が特徴的な小鳥!

この鳥は、どんな鳥?

こんな疑問にお答えします。


上の写真の鳥はホオジロという鳥。


顔の白黒模様がとっても特徴的です。


ホオジロはホオジロ科というグループに属する鳥ですが、このグループの多くの種はオスの頭部に特徴があるものが多い。


さらに比較的身近に見られるので観察する機会も多く、親近感のある小鳥たちです。


僕はネイチャーエンジニアの亀田です。


年間100回以上全国各地で生き物観察をし、様々な野鳥に出会ってきました。


そんな鳥好きの僕が、ホオジロ科の野鳥の特徴と魅力を紹介します。




 

ホオジロ科の野鳥の特徴と魅力

ホオジロ

ホオジロ科は、スズメ目というグループに含まれる科。


僕が思う、ホオジロ科の野鳥の魅力は大きく2つ。

1. オスは頭部が個性的
2. 茂みから出てきた瞬間が嬉しい


1. オスは頭部が個性的

ホオジロ類は羽の模様や色味が似ているものが多く、特に野鳥観察を初めたばかりの頃は全体像で見分けるのが難しいです。


あまり野鳥に詳しくなければ一見スズメにも見えるでしょう。


アオジ メス

アオジ メス


以下の記事でも、スズメに似た鳥として2種類ほどホオジロ科の鳥が登場しています。


しかし、羽が目立たない代わりに特徴的なポイントがあります。


それは「オスの頭部」。


冬羽やメスの姿はやはり見分けが難しいものが多いのですが、ホオジロ類のオスの頭部は個性的なものが多いのです。


黄色と黒の色味が綺麗なミヤマホオジロ

ミヤマホオジロ


ホオジロの仲間たちは後ほど紹介しますが、その際は顔や頭に注目してみてください。

2. 茂みから出てきた瞬間が嬉しい

ホオジロ類の仲間は、多くが茂みの中を好みます。


特に冬の時期は、姿の見えない場所で彼らの声だけが聞こえる、という状況も多い。


しかし、そんな彼らが不意に茂みから飛び出してきて、目の前でえさをついばむような仕草をしてくれることがあります。


警戒心が強いのか弱いのか、そんな時はしばらく比較的近い距離で観察させてくれることも多いです。


このように目の前に飛び出してきてくれた瞬間は、とっても嬉しいものです♪


ちなみに、先述した通り冬は茂みに隠れていることが多い彼らですが、夏になると目立つ場所に出てさえずるものも。


ホオジロなんかはその傾向が強くて、夏場は木のてっぺんで鳴いている姿をよく見ます。


木の上にいるホオジロ

ホオジロ


彼らが見える場所に出てきてくれたら、驚かさないようにその場に止まって静かに観察させてもらいましょう。

ホオジロ科の野鳥の種類

ホオジロ

ホオジロ

ホオジロ科の代表種。


オスは白黒模様の顔が特徴的です。


茂みや地面の見えない位置で小さく「ピッ」「チッ」とささやくように鳴いているのは、この種であることが多いです。


しかし、先述した通り夏になると木の上の目立つ位置でよくさえずります。


草原〜山まで幅広い環境に生息していて、かつ1年を通して見られるので、ホオジロ科の中でも最も観察しやすい種かもしれません。

ホオアカ

ホオアカ

名前の通りほっぺたが赤いのが特徴的な、可愛らしい鳥。


この目立つほっぺたはオス・メス共通です。


僕がよく探索する関東圏では、出会う機会はホオジロよりはるかに少ないです。

ミヤマホオジロ

ミヤマホオジロ

黒と黄色の頭部がとても美しい鳥。


雑木林近くの、比較的開けた場所が好きらしい。


数も多くなく出会う機会は多くないのですが、割と唐突に出てくるイメージ。


突然すぐ近くの木の枝に飛び出してきて、驚かされることが多いです。

アオジ

アオジ

全体的な雰囲気と地面でついばむ行動から、スズメと間違いがちな小鳥。


しかし体の色味は、こちらの方が黄色っぽいです。


また、オスは目の周りがサングラスをしているように黒いです。


関東の平地では冬に見られますが、北海道では夏にも見られます。

クロジ

クロジ

アオジに似ていますが、こちらの方が全体的に黒い色合いです。


ちなみにメスの姿はアオジに非常によく似ていて、見分けは難しいです。


美声の持ち主で、夏のさえずりはとてもきれい。

カシラダカ

カシラダカ

頭高」の名前の通り、頭部が盛り上がってリーゼントのような冠羽があります。


しかし冠羽が目立たない状態になっていることもあり、野外でホオジロやアオジのメスなど類似種と見分けるのは意外に難しい


そこで野外でも一番分かりやすい見分けポイントは「カシラダカのお腹は真っ白」である点です。

オオジュリン

オオジュリン

真っ黒な頭が特徴的なホオジロ科の鳥。


しかし関東ではこの姿のオオジュリンを見る機会はあまりありません。


というのも、関東でオオジュリンを見られるのは冬。


夏羽の姿を見られる機会はほとんどないのです。


ちなみに上の写真は北海道で撮影しました。


北海道なら、彼らの夏羽の姿を見ることができます。

ホオジロ科の野鳥に関連する鳥たち

同じ分類に属する鳥たち

スズメ目の鳥たち

スズメ


おわりに

ホオジロ科の野鳥は、オスの頭部がユニークな姿をした鳥でした。


そんな彼らは、不意に目の前の茂みが現れてくれることがあります。


特に繁殖期でない時期は鳴かないので、こちらが気配に気付いていない時に彼らが急に目の前に出てくることがあります


彼らが現れた瞬間は、驚きとともに、とっても嬉しさが込み上げてくるんですね!


そんな嬉しい出会いをあなたも、感じてみませんか?


以下では、野鳥観察の始め方観察に役立つ知識や道具とともに紹介していますので、ぜひご覧ください!


合わせて以下もお読みください↓

「他の野鳥の紹介」を読みたい!

野鳥の魅力紹介まとめ【海外で観察した野鳥も紹介】