ネイチャーエンジニア いきものブログ

虫・鳥などの動植物の魅力や知識など、自然観察をもっと楽しむための情報を発信します。

コケガの特徴と魅力【アートのような芸術的なはね模様を持つ蛾】

スジベニコケガ

アートっぽい模様が描かれているガがいる!

これってどんな虫?

こんな疑問にお答えします。


写真のガは、コケガという昆虫です。


コケガの特徴はなんといってもそのアートのような芸術的なはね模様


まるで誰かが描いたんじゃないかと思うほどです。


コケガには、他にも芸術的なはね模様を持つ仲間がたくさんいるんですよ!


僕はネイチャーエンジニアの亀田です。


年間100回以上全国各地で生き物観察をし、様々な虫に出会ってきました。


そんな虫好きの僕が、コケガの特徴と魅力を紹介します。




 

コケガの特徴と魅力

アカスジシロコケガ

コケガは、チョウ目ヒトリガ科コケガ亜科というグループに含まれる虫たち。


コケガ亜科の仲間には大きく、〇〇コケガ〇〇ホソバがいますが、それぞれで魅力が異なります。


この2つグループの虫たちの対照的な特徴がまた面白いんです!


僕が思う、コケガの魅力は大きく2つ。

1. コケガ:アートのようなはね模様
2. ホソバ:シンプルで落ち着いた雰囲気を持つ


1. コケガ:アートのようなはね模様

コケガのはねは色のついた筆で絵を描いたかのような、アートのようなはね模様が特徴的。


見てください、このアーティスティックなはねを!


スジベニコケガ

スジベニコケガ


誰かにデザインしてもらったんじゃないか、と疑いたくなる模様です。


上で挙げた種だけでなく、他のコケガたちもみんな複雑な模様を持っているのですねー。不思議。


彼らの面白いはね模様はあとで紹介しますので、その複雑な模様の違いに注目してみてください!

2. ホソバ:シンプルで落ち着いた雰囲気を持つ

コケガが複雑な模様のはねを持つのに対し、ホソバはむしろシンプルなはねを持つのがウリの虫です。


同じグループの虫なのになぜこうも両極端なのか笑


そのホソバのクールな姿がこちらです。


キシタホソバ(多分)

キシタホソバ


多くのホソバは、上の写真のような、ほとんど柄のないシンプルなはねを持ちます。


落ち着いたはねを持つので、なんだか冷静でクールなイメージを持ってしまいます。


代わりに主張しなさすぎてはねに目立った特徴がないため、ホソバ類の識別はとても難しい


そのためか、図鑑にもホソバの仲間はあまり多く掲載されていません。


図鑑で見たことのない種との発見を楽しめるのも、ホソバの魅力なのかもしれませんね。




コケガの種類

アートのようなはね模様を持つコケガ

はねにアートが描かれているコケガたちが、こちら。


スジベニコケガ

スジベニコケガ


ベニヘリコケガ

ベニヘリコケガ


アカスジシロコケガ

アカスジシロコケガ


他のガたちにも複雑な模様を持つものはいますが、特に筆感のある模様を持つのがコケガのはねの特徴かもしれません。


他の派手なガたちは以下の記事で紹介しています。


シンプルなはね持つホソバ

コケガとは対称的なシンプルなはねを持つホソバたちの仲間がこちら。


キシタホソバ(多分)

キシタホソバ


キベリネズミホソバ(多分)

キベリネズミホソバ


ヨツボシホソバ

ヨツボシホソバ


ヨツボシホソバだけはちょっと特徴的ですが、他の種はやはりシンプル。


つまりヨツボシホソバ以外は識別に自信がないです笑


ホソバの仲間は光に集まる習性が強いようで、灯火によく飛来します


昼の森の中ではそんなに見かける印象はないのに、街灯にはなぜこんなに…と。


彼らを観察したい場合は、夏に街灯のあたりを探すと出会えるかもしれません。

コケガに関連する虫たち

同じ分類に属する虫たち

ナミアゲハ

チョウ目 > ヒトリガ科

※リンクから各分類の紹介を見ることができます。

おわりに:コケガは2タイプの対照的な姿の虫たちが面白い!

今回紹介したコケガには、〇〇コケガ〇〇ホソバがいました。


近縁な仲間でも、こうもまるっきり姿が違うなんて、面白いですよね!


芸術的なコケガのはねと、シックで落ち着いたホソバのはね、ぜひ本物を観察してみてくださいね!


以下の記事では昆虫観察の始め方や、観察に役立つ道具を紹介していますので、ぜひご覧ください!


合わせて以下もお読みください↓

「他の虫の紹介」を読みたい方はこちら!

虫の魅力紹介まとめ【甲虫目、チョウ目など分類ごとに紹介】