ネイチャーエンジニア いきものブログ

虫・鳥などの動植物の魅力や知識など、自然観察をもっと楽しむための情報を発信します。

センチコガネは多くの色違いがある美しい虫【オオセンチコガネとの違いと見分け方も紹介】

センチコガネ

キラキラした虫が地面を歩いてる!

この虫って、どんな虫?

こんな疑問にお答えします。


上の写真の虫は、センチコガネという虫。


彼らは、キラキラした光沢のある姿が宝石のように美しい。


しかし彼らには、美しい姿だけでなく「分解者」という役割を持つ、自然界において重要な虫なのです。


僕はネイチャーエンジニアの亀田です。


年間100回以上全国各地で生き物観察をし、様々な虫に出会ってきました。


そんな虫好きの僕が、センチコガネの特徴と魅力、センチコガネとオオセンチコガネの違いを紹介します。




 

センチコガネとオオセンチコガネの特徴と魅力

センチコガネは、コウチュウ目センチコガネ科というグループに属する虫。


よく出会えるセンチコガネの仲間には、以下の2種類がいます。

・センチコガネ
・オオセンチコガネ


地面を歩く輝く宝石

センチコガネは、森や山を歩いている時に、地面をのそのそと歩いている姿を見て発見することが多いです。


彼らはさながら宝石のように輝く美しい姿を持ちます。


上記の通り、彼らは土を歩いていることが多く、地域によっては空を飛べなくなってしまったものもいます。

センチコガネの特徴

センチコガネ

写真の通り、光り輝く体を持つコガネムシの仲間。


山や森で見られ、低地でもよく見られます。


センチコガネは個体によって、上の輝く紫色のほか、多様なカラーバリエーションがあります。


鈍い紫色のセンチコガネ

センチコガネ


緑〜黄色味のあるセンチコガネ

センチコガネ


金色のセンチコガネ

センチコガネ


このように同じセンチコガネでも様々な色の個体がいるのが面白いところです。


生息場所によって色に傾向の違いががあるようで、例えば僕が普段探索する平地の森では紫色の個体、標高の高い場所に行くと金色の個体に多く出会います。


僕は出会えていないですが、もっと青っぽかったり緑色のものもあるようです。

オオセンチコガネの特徴

オオセンチコガネ

オオセンチコガネは、センチコガネよりもさらに輝きの強い、美しい種です。


センチコガネと同様、オオセンチコガネにも様々なカラーバリエーションがあります。


僕はこの色にしか出会ったことがありませんが、真っ青なものや、緑色のもの、赤いものなどがあるようです。

センチコガネとオオセンチコガネの違いと見分け方

センチコガネとオオセンチコガネの見分けポイントは「頭楯(とうじゅん)」と言われる、口の上にある板です。


こちらが半円形ならセンチコガネ、台形ならオオセンチコガネです。


センチコガネ(頭楯は半円形)

センチコガネ 顔


オオセンチコガネ(頭楯は台形)

オオセンチコガネ 顔


オオセンチコガネの方が光沢が強いという点も、見分けの参考になるポイントです。


また、僕の探索経験ではセンチコガネと比べるとオオセンチコガネの方が出会える頻度が低いです。


僕は今までオオセンチコガネには、山の方でしか出会ったことはありません。




センチコガネは美しいのに糞虫【分解者】

美しい姿を持つセンチコガネたち。


しかしその姿に似合わず、彼らはなんと糞虫


彼らは動物の糞の中に産卵し、そこで産まれた幼虫は糞を食べて成長するのです。


他にも動物の死骸などにも集まります。


そう聞くと汚くて悪いイメージを持ってしまう方もいるかもしれません。


しかし、彼らはいわゆる「分解者」という役割を持つ動物たち。


生態系においてとっても大事な存在なのです。


なぜなら、分解者である彼らがいることでエネルギーが再生されるため。


彼らが死骸や糞を分解・細分化することによってエネルギー再生のサイクルが回っているのです。


また彼らがそれらの死骸や分を分解してくれることによって、逆に身の回りの環境は綺麗な状態に保たれる働きもあります。


つまり、掃除をしてくれる生き物なのです。


分解者については、以下の記事で詳しく紹介しています。


センチコガネに関連する虫たち

コガネムシ科の昆虫

コガネムシ

センチコガネに近い分類の昆虫たち


以下で魅力を紹介していますので、ぜひご覧ください!


同じ分類に属する虫たち

カブトムシ

コウチュウ目 > センチコガネ科

※リンクから各分類の紹介を見ることができます。

おわりに:センチコガネは観察が長く楽しめる嬉しい虫!

センチコガネの活動期間は春〜秋と他のコガネムシたちと比べて長い


そのため、出会えるチャンスも多く、長い期間観察が楽しめる嬉しい虫です。


特に、まだ大きな虫が出てきていない初春などに出会えるととっても嬉しい気分に。


さらにさらに、同じ種でも個体によって様々な色がいるという楽しさまでも!


ぜひ美しく・多様性のある彼らとの出会いを楽しんでくださいね!


合わせて以下もお読みください↓

「他の虫の紹介」を読みたい方はこちら!

虫の魅力紹介まとめ【甲虫目、チョウ目など分類ごとに紹介】

「昆虫観察」について知りたい!

昆虫観察の始め方【観察に必要な知識・道具などを紹介】