ネイチャーエンジニア いきものブログ

虫・鳥などの動植物の魅力や知識など、自然観察をもっと楽しむための情報を発信します。

マンネングサ(万年草)は野生の多肉植物。ぷっくりした厚い葉に黄色い花

モリムラマンネングサ

あ、多肉植物だ!

あれ?これってもしかして野生?

こんな疑問にお答えします。


写真の花は、モリムラマンネングサ


多肉植物と言えば、ぷっくりした葉や茎を持つ可愛らしい植物。


多肉植物というと園芸植物で、海外の植物というイメージが強くないですか?


実は、日本に自生している植物の中にも、多肉植物がいるんです。


それが今回の主役であるマンネングサ(万年草)です。


僕はネイチャーエンジニアの亀田です。


年間100回以上全国各地で生き物観察をし、様々な動植物に出会ってきました。


そんな生き物好きの僕が、マンネングサの特徴と魅力を紹介します。




 

マンネングサ(万年草)は野生の多肉植物

多肉植物とは

多肉植物は、葉や茎などに水を貯蔵する特徴を持つ植物たちのことを指します。


その特徴が見られるのが、ぷっくりした厚い葉


育てやすさとそのかわいらしい姿から、園芸用としても人気のある植物です。


僕も自宅で多肉植物を育てていますが、愛らしい姿のものが多いです。

野生の多肉植物

僕は自然観察を始めるまで、多肉植物と言えば海外から輸入された植物ばかりだと思っていました。


しかし、身近な場所でも野生の多肉植物が見つけられるんです。


それが、今回紹介する「マンネングサ(万年草)」です。


※ ちなみにマンネングサは、多肉植物で言うとセダムと呼ばれるグループの仲間です

最も身近なモリムラマンネングサ

街中で最も見つけやすいと思うのは、以下のモリムラマンネングサ


モリムラマンネングサ

モリムラマンネングサ


実はモリムラマンネングサは、出自が分かっていないらしく、日本の在来種である可能性もあるようです。


他にも何種類か日本原産のマンネングサがいるんですよ。


身近に野生の多肉植物がいるなんて、驚きですよね!

マンネングサは花も美しい

美しい黄色の花

マンネングサの仲間たちは、花もとっても綺麗です。


以下は、先ほど紹介したモリムラマンネングサの花。


モリムラマンネングサの花

モリムラマンネングサ


マンネングサは、5枚の黄色い花びらを持つ花を咲かせます。


マンネングサの多くは花の姿がよく似ていて、他のものも上のような綺麗な黄色い花を咲かせます。


そのためマンネングサの場合、彼らを花で見分けるのは難しく生息地や茎の伸び方・葉の形で見分けます。


ちなみにマンネングサの生息地は、種類によって身近な公園や海や山など、実に様々。


様々な場所で美しい花を咲かせるので、色々な環境で彼らを観察するのも良いですね!

マンネングサ(万年草)の種類

モリムラマンネングサ

モリムラマンネングサ

身近な場所で見られるマンネングサ。


僕の自宅の近所の公園にも自生しています。


人がよく歩くような場所にはあまりおらず、花壇の中や人が歩くことのない道路脇などで見かけます。

ツルマンネングサ

ツルマンネングサ

地をはうように茎が長く伸び、垂れ下がる感じの姿になる中国原産のマンネングサ。


葉は細長く尖ります。


やはりこの種もマンネングサらしい黄色の花を咲かせます。

ヒメレンゲ

ヒメレンゲ

渓流の岩に生える日本原産のマンネングサ。


上の写真は山の渓流付近で見つけました。


日陰の少し暗い場所だったので、ヒメレンゲの黄色い花が美しく映えていました。

おわりに:野生の多肉植物・マンネングサを観察しよう!

多肉植物と言うと、園芸ショップにいるものというイメージ。


しかし今回紹介してきたように、日本在来の植物にも多肉植物がいるんですね!


街中で見られるものもいるので、近くを歩く時にも彼らがいるか気にしてみてください。


そのほかのおすすめ植物紹介記事↓

■ タンポポ

カントウタンポポ


他の植物の紹介、植物観察、用語解説などに関する記事はこちらから↓

植物に関連する記事まとめへ