ネイチャーエンジニア いきものブログ

虫・鳥などの動植物の魅力や知識など、自然観察をもっと楽しむための情報を発信します。

スズメは最も身近でかわいい野鳥【野鳥観察初心者にもおすすめ】

スズメ

あ、スズメだ!かわいい!

かわいいスズメにはどんな特徴があるの?

こんな疑問にお答えします。


日本人にとって最も知名度が高いであろう鳥、スズメ


チュン、チュン」と鳴く、とってもかわいい小鳥です。


そんな最も身近な野鳥である彼らのことを知っていると、街を歩くのがとっても楽しくなるんですよ!


僕はネイチャーエンジニアの亀田です。


年間100回以上全国各地で生き物観察をし、様々な野鳥に出会ってきました。


そんな鳥好きの僕が、スズメの特徴と魅力を紹介します。




 

スズメは最も身近でかわいい小鳥

スズメ


日本人に身近な野鳥【人里が好きな鳥】

スズメは身近な場所で見られる、とてもかわいい小鳥です。


多くの人が農業を営む日本では、昔からスズメは身近な存在でした。


なぜなら、田んぼのような環境は、スズメが好むイネなどのえさが多く、繁殖時期にはヒナを育てるための昆虫もいるからです。


しかしスズメたち自身が人里が好きな鳥でもあるようで、農業を営んでいる場所以外でも人里で暮らします。


例えば、現代の街中でも、瓦や屋根の隙間、電柱など人工物にも巣を作って生活します。


人間の生活空間を使って暮らす姿がまた可愛らしいんですよね。


家の屋根で休むスズメたち

スズメ


このように、スズメは他の野鳥と比べて近い距離で観察することができます


通常、野鳥観察では双眼鏡や高倍率ズームのカメラが必要になるのですが、それらを持っていなくてもじっくりとスズメの姿を見ることができるのです。


普通に生活しているだけで自然に彼らを見ることすら可能です。


スズメの鳴き声が「チュン、チュン」であることをみんなが知っているのも、彼らが日常生活の中でよく観察されている証ですよね。


また、「舌切り雀」など数多くの民話や童謡に登場しているのも、彼らが身近な鳥である証拠ですね!


幼鳥、水浴び、砂浴びなどの姿や行動が観察しやすい

スズメは他の野鳥では観察しづらい姿や行動を観察できる野鳥でもあります。


例えば、野鳥は繁殖期である初夏頃はさえずりなどで存在感を増すのですが、繁殖期を過ぎた時期(真夏以降)になると気配を消します


繁殖中はメスへのアピールやナワバリ主張であえて周りに存在を主張する必要なのですが、守るべきヒナができた後は、敵に気付かれない行動を取った方が生き残りやすいからです。


すると、その時期の彼らは鳴かないし、なかなか姿を表さず観察できません。


一方で、スズメは常に人間の生活圏内にいます。


そのため、スズメは他の野鳥では見る機会の少ない行動も観察しやすい野鳥なのです。


例えば、以下はスズメの幼鳥


スズメの幼鳥

スズメ 幼鳥
幼鳥には、口元に黄色い部分があります。


多くの野鳥の幼鳥は見る機会が少ないと思いますが、スズメの場合は普通に生活していても幼鳥を見ることができます。


幼鳥以外にも、水たまりで水浴びをする姿や、砂場で砂浴びをする姿なども、生活圏内で観察することができます。


水浴びをするスズメ

スズメ 水浴び


これらの行動が気軽に見られるのは、彼らが身近な野鳥であるからこそなのです!

日本で見られるスズメは2種類いる

身近なスズメを紹介して来ましたが、実は日本にはスズメが2種類います。


もう1種はニュウナイスズメという種類。


ニュウナイスズメ オス

ニュウナイスズメ オス


ニュウナイスズメ メス

ニュウナイスズメ メス


ニュウナイスズメは都市部には暮らしておらず、郊外や山などでよく見られます。


そのため都市部に生活している人にとっては、スズメのように気軽に観察できる野鳥ではないです。


スズメとニュウナイスズメの違いについて詳しくは、以下で紹介しています↓


スズメは日本で個体数が減少している

僕たちにとって身近でかわいいスズメたちですが、実は彼らは日本でその数を減らしています


以下の「日本におけるスズメの個体数減少の実態」という論文では、以下のようにあります。

その結果,現在のスズメの個体数は1990年ごろの個体数の20%から50%程度に減少したと推定された.


1960年代と比べると減少の度合いはさらに大きく,現在の個体数は当時の1/10程度になった可能性がある.


(抄録より)


引用: 日本におけるスズメの個体数減少の実態 - J-STAGE


スズメが減少した原因としては、

・カラスや猛禽類などにおける捕食圧の増加
・水田の減少や農作方式の変化によるえさの減少
・都市部からの空き地の減少
・ねぐらとなる環境の減少

などと推察されています。(複数の要因が複合的に関係しており、個体数の減少要因を解明するのは容易でないとも述べられています)


このように身近な鳥であるスズメたちも、いつの間にか大きく減少してしまっているのです。


このまま減少が進めば、スズメたちでさえも僕らにとって身近な存在ではなくなってしまうこともあるかもしれません。


身近な野鳥であるスズメたちのすみかと生活を、大切に見守りたいですね。




スズメは野鳥観察初心者にもおすすめの野鳥

スズメを観察することは野鳥観察初心者にもおすすめです。


なぜなら、他の野鳥の観察・説明をする時に、スズメと比較することが多いからです。


例えば、他の野鳥の大きさを表すのに「スズメ大」「スズメと比べて…」なんて表現がよくされますが、これはスズメの大きさを把握していなければイメージが湧きません


ちなみに、スズメの大きさは15cm程度


野鳥(特に小鳥)の大きさは、多くの野鳥を見慣れると数cm程度の差でも結構な違いがあるものです。


以下はスズメよりも1周り小さいメジロ12cm程度)。


桜や梅によく集まるメジロ

メジロ 桜


数字でいうと3cm程度の違いしかありませんが、スズメ大の感覚を知っていると明らかな差を感じます。


僕は今でこそ、野外で彼らを見た時に感覚的にこれらの大きさの違いが感じられますが、最初は大きさの違いがピンと来ませんでした。


しかし、僕は海外で野鳥観察などもしていますが、「スズメ大 = 15cm程度」の感覚が分かっていると、海外の見知らぬ野鳥を見た時などに鳥の情報を調べる有効な武器となります


野鳥をよく知らないと、なんでもスズメと判断しがちです。(僕もやってました…)


でも、スズメの見分けができると街中でたくさんの野鳥が見つけられるようになり、ますます野鳥観察が楽しくなるんですよ!


以下では、野鳥観察の始め方観察に役立つ知識や道具とともに紹介していますので、ぜひご覧ください!


スズメに近い種類の鳥たち

スズメに似た鳥

カワラヒワ

上はカワラヒワという鳥ですが、色や大きさが似ていて、遠くから見ると間違えがち。


身近な場所には、スズメと間違えがちな鳥が意外とたくさんいるのです。


スズメと似た鳥を見分ける際には、先述したスズメ観察の経験が役立ちます!


スズメと似た野鳥たちの特徴と見分け方は以下をどうぞ↓


スズメ目の野鳥

オオルリ

スズメに近い分類の野鳥たち


以下で魅力を紹介していますので、ぜひご覧ください!


おわりに:スズメをもっと楽しもう!

街を歩いていて、かわいいスズメが飛び出して来た時は、やっぱり嬉しいもの。


そのような「野鳥たちと出会う嬉しさや喜びを表現したい!」と僕が開発したアプリ、「鳥マスター!」もぜひ遊んでみてください!


■ 野鳥観察ゲーム「鳥マスター!」

鳥探索 撮影結果

f:id:kkamedev:20180714123115p:plain f:id:kkamedev:20180714123127p:plain


合わせて以下もお読みください↓

「他の野鳥の紹介」を読みたい!

野鳥の魅力紹介まとめ【海外で観察した野鳥も紹介】