ネイチャーエンジニア いきものブログ

虫・鳥などの動植物の魅力や知識など、自然観察をもっと楽しむための情報を発信します。

ウラギンシジミ - 真っ白な姿のシジミチョウ【表ばねは美しいオレンジ色】

ウラギンシジミ オス

オレンジ色の紋が綺麗なチョウがいる!

このチョウってどんなチョウ?

こんな疑問にお答えします。


写真のチョウは、ウラギンシジミ


鮮やかなオレンジ色の紋を持つ、綺麗なシジミチョウです。


写真のように、表ばね(はねをひらいた時に見える面が表)は鮮やかな紋を持ちますが、実は裏ばねは真っ白


表も裏も特徴的な姿のウラギンシジミは、身近な場所で出会える、面白いチョウなんです!


僕はネイチャーエンジニアの亀田です。


年間100回以上全国各地で生き物観察をし、様々な虫に出会ってきました。


そんな虫好きの僕が、ウラギンシジミの特徴と魅力を紹介します。




 

ウラギンシジミの特徴と魅力

真っ白な大型のシジミチョウ

ウラギンシジミはシジミチョウの仲間。


ウラギンシジミの裏ばねが銀色(僕には銀色というより、真っ白に見えます)


これが「ウラギン=裏銀」の名前の由来でもあります。


真っ白な裏ばねを持つウラギンシジミ
ウラギンシジミ


ところで僕は最初にウラギンシジミを見た時、シジミチョウとは思いませんでした


家に帰って調べて、シジミチョウだと知ってびっくり。


なぜなら、シジミチョウの名前の由来は「はねがシジミ貝に似ていること」。


だけどウラギンシジミは、シジミチョウっぽい姿をしていなかったのです。


例えば他のシジミチョウのはねは結構丸みがあるのですが、ウラギンシジミは写真の通りはねの形が角張っています


多くのシジミチョウははねに丸みがある(以下はヤマトシジミ)

ヤマトシジミ


それにウラギンシジミは他のシジミチョウよりも大型


はねの長さ(前翅長)は19〜27ミリくらいあります。


ヤマトシジミは9〜16ミリくらいなので、なんと2倍近くの大きさがあるのですね。


ウラギンシジミは他のシジミチョウとは異なる特徴を持つ、変わり種のシジミチョウなのです。

表ばねにオレンジ色の紋を持つ

ウラギンシジミの裏ばねは真っ白で模様もないのですが、彼らがはねをひらくとまた異なる雰囲気になります。


それが、以下の姿。


はねをひらいてオレンジ色の紋が見えている
ウラギンシジミ オス


鮮やかなオレンジ色の紋がとっても美しいのです!


シジミチョウは他にも鮮やかな表ばねを持つ種がいますが、そのような姿を持つシジミチョウたちは、なかなかはねを開いてくれません


しかも樹木の上などにいることも多く、はねを観察するチャンスは多くないのです。


一方でこのウラギンシジミは割とはねをひらく頻度が高い


それに、地面など低い位置ではねをひらいてくれることが多いのです。


天気の良い日には、割と高い確率でその美しい紋を見せてくれます。


しかし、1点だけ問題があります。


それはウラギンシジミははねを目一杯に広げることは少なく、半開き状態のことが多いこと。


少しずつ、はねをひらいてくれることもあるので、段々とはねを広げる様子を見せたら、じっと我慢です!

メスは白色の紋を持つ

実は上で紹介したオレンジ色の紋は、オス限定の姿


メスは以下のように白色の紋を持ちます。


メスは白色の紋を持つ
ウラギンシジミ メス


僕の経験上では、オスの方がはねをひらくことが多く、メスの表ばねを見る機会の方が少ない印象。


もしメスがはねをひらいている姿を見られたらラッキーですよ!




ウラギンシジミの幼虫も面白い!

ナメクジみたいな姿の幼虫

ウラギンシジミは、幼虫も変わった姿をしています。


ウラギンシジミの幼虫
ウラギンシジミ 幼虫


目のような突起が飛び出ていて、ナメクジみたいな姿です。


でもこの目のようなものがあるのは、おしり側。


顔があるのは、突起のついていない方です。

身近なマメ科の植物が好き

ウラギンシジミの幼虫の食草は、マメ科の植物です。


クズ、フジなどの葉を食べるのです。


上で紹介した写真も、クズの上で見つけたもの。


クズは、林縁や住宅地近くでも見られる身近な植物です。


秋の七草でもあるクズ

クズ 花


クズは繁殖力が強いので、庭などにいて大変というお宅もあるかもしれませんが、ウラギンシジミ観察においてはありがたいこと。


食草のクズが人里近くにあるということは、ウラギンシジミも身近で見ることができるということだからです。


もしクズを見つけたら、ぜひウラギンシジミを探してみてください。

おわりに:ウラギンシジミのはねを観察してみよう!

ウラギンシジミは、表ばね・裏ばね、オス・メスと明らかな違いがあって、はねの観察がとっても面白いです。


記事内でも紹介した通り、身近な場所でも見られるチョウなので、ぜひその特徴的なはねを観察してみてくださいね!


以下の記事では昆虫観察の始め方や、観察に役立つ道具を紹介していますので、ぜひご覧ください!


合わせて以下もお読みください↓

「他の虫の紹介」を読みたい方はこちら!

虫の魅力紹介まとめ【甲虫目、チョウ目など分類ごとに紹介】