ネイチャーエンジニア いきものブログ

虫・鳥などの動植物の魅力や知識など、自然観察をもっと楽しむための情報を発信します。

渡りをする蝶・アサギマダラ。ステンドグラスのようなはねが綺麗!

アサギマダラ

あのチョウ、ステンドグラスみたいなはね!

なんていうチョウなの?

こんな疑問にお答えします。


写真のチョウは、アサギマダラ


透き通った神秘的な美しいはねは、大聖堂にあるようなステンドグラスを彷彿とさせます。


このアサギマダラはその姿だけでなく、生態も特徴的。


実は野鳥のように、「渡り」という遠距離移動するチョウなのです!


僕はネイチャーエンジニアの亀田です。


年間100回以上全国各地で生き物観察をし、様々な虫に出会ってきました。


そんな虫好きの僕が、アサギマダラの特徴と魅力を紹介します。




 

アサギマダラはステンドグラスのようなはねが綺麗なチョウ

アサギマダラははねを開くと80〜100mmほどもある大型のチョウ。


そんなアサギマダラの最大の特徴は、神秘的な透き通ったはねです。


その半透明のはねは、まるで大聖堂のステンドグラスをイメージさせます。


ステンドグラスのようなはねを持つアサギマダラ
アサギマダラ


ステンドグラスは太陽光によって、さらに魅力的な美しさを見せてくれますよね?


それはアサギマダラも同様で、太陽の光がはねに当たることで、彼らはまた違った魅力を見せてくれるのです。


別の角度から撮影したアサギマダラ
アサギマダラ


アサギマダラは「渡り」をするチョウ

季節に応じて長距離移動する「渡り」

アサギマダラは、季節に応じて長距離移動する「渡り」をする習性を持ちます。


春〜夏の暖かい時期は日本で過ごし(=繁殖地)、冬の寒い時期は南の島で越冬をします(=越冬地)。


ちなみに、すべてのアサギマダラが渡りをするわけではなく、日本で越冬するアサギマダラもいます。

渡りは命がけの行動

渡りをサラッと説明してしまいましたが、渡りの中身はサラッと言えるほどライトなものではありません。


動物たちの、命がけの行動なのです。


アサギマダラの渡りについて、詳しく紹介されているページがありました。


このページによると、なんとアサギマダラが2000キロ以上の移動をした記録があるとのことです。

2011年10月10日に和歌山県から放たれたマーキングしたアサギマダラが、83日後の12月31日に約2500キロ離れた香港で捕獲されたのです。


引用: 驚異の飛翔2500キロ アサギマダラの神秘


2500キロを自力で移動するってとんでもないことで、自転車(時速15キロ)だと、休みなく漕ぎ続けて1週間程度かかる計算になります。


上記で引用したのはゆっくり移動した例のようですが、

高知県大月町から沖縄県南大東島まで約783キロを3日で渡った。

の例では、自転車より少し遅い速度(時速11キロ程度)で飛び続けた計算になります。


このような、人間でもめちゃめちゃしんどい行為を、アサギマダラはあの小さな薄〜い体で実行しているのです。


ちなみにこの「渡り」という行動は、野鳥がする行動として有名です。


言葉は聞いたことがあると思いますが、渡りをする鳥を「渡り鳥」と言います。


この渡りを行うチョウというのは少なく、とっても珍しいのです。


渡りという行動は以下のようにたくさんの危険が伴うものであり、先述した通り彼らにとっては命掛けの行為なのです。

・道に迷うかもしれない
・えさがあって安全に過ごせる場所が見つからないかもしれない
・嵐に見舞われるかもしれない
・様々な天敵にも狙われる


鳥たちでさえ危険が多いわけですから、さらに小さなアサギマダラにとっては、渡りはさらに厳しい旅路であると想像できます。


それでも、「なぜ渡りをするのか?」「どうやって渡りをするのか?


など、渡りという行動には謎が尽きません。


そのため、渡りは研究・調査の対象となることも多い野生行動なのです。




アサギマダラの観察は渡り途中がチャンス

渡り途中に見かける機会が多い

アサギマダラは日本全国に飛来するチョウです。


しかしながら彼らの繁殖地は標高が高めの場所


そのため、繁殖期は平地ではあまり観察できません


そこでアサギマダラを観察するなら、渡りの途中がチャンスです。


特に秋の10月頃はアサギマダラを見かけることが多く、僕が平地でアサギマダラに出会うのもこの時期が多いです。


アサギマダラを観察するには10月がおすすめ
アサギマダラ


秋になると南の島に向かって渡りを始めるので、平地でも彼らに出会える時期なのです。

有名な渡りの中継地点「姫島」

ちなみに有名なアサギマダラの経由地というのもあります。


例えば、大分県の姫島はアサギマダラの有名な中継地点。


ここでは1000匹単位のアサギマダラが集まり、時期が合えばアサギマダラの群舞が見られるそうです。

関連: 姫島村


ところで姫島は、以前紹介したミツマタ群生地がある国東半島からほど近くの島。


国東半島のスポットと合わせて巡るのもオススメですよ!(以下でおすすめスポット紹介しています)


アサギマダラに関連する虫たち

南の島に生息するアサギマダラ

南西諸島には、別種のアサギマダラが生息しています。


リュウキュウアサギマダラ
リュウキュウアサギマダラ

南西諸島(トカラ列島以南)で見られます。


アサギマダラ同様に、ステンドグラスのような美しいはねを持ちます。


青い紋はアサギマダラよりも細かく、青みが強いです。


光の当たり具合によっては、青さがより際立ち、その美しさには思わず目を奪われてしまいます。


ヒメアサギマダラ
ヒメアサギマダラ

リュウキュウアサギマダラによく似ていますが、以下のような違いがあります。

・サイズはリュウキュウアサギマダラよりも少し小さい
・紋の青みがリュウキュウアサギマダラよりも弱い
・胴部分に黄色味がある(はねを開くと見える)


かつては台湾からの迷蝶として、稀に南西諸島で見られる存在だったようです。


現在は定着したようで、実際に僕も南西諸島でたくさん見ました。


このように、南に行くと複数種のアサギマダラが混在しているので、ぜひどのアサギマダラか、見分けに挑戦してみてください!


ちなみに上記2種は南の島で1年中見られます

アサギマダラと同じ分類に属する虫たち

ルリタテハ

アサギマダラはチョウ目タテハチョウ科に属する虫。同じ分類の虫たちを以下で紹介しています。


[チョウ目]
鱗翅目(チョウ目)の昆虫まとめ|はねに鱗粉を持つ虫たち

[タテハチョウ科]
はねをひらくと姿が変わる?ギャップが面白い!タテハチョウの種類と魅力


おわりに:アサギマダラの美しいはねを観察してみよう!

アサギマダラはステンドグラスのようなはねを持つ、美しいチョウ。


渡りのサイクルをヒントに観察できる時期に目星をつけ、その美しい姿の観察にチャレンジしてみてください!


そのほかのおすすめ虫紹介記事↓

■ カブトムシ

カブトムシ


他の虫の紹介、虫ゲーム・アプリ、虫観察、用語解説などに関する記事はこちらから↓

虫に関連する記事まとめへ