ネイチャーエンジニア いきものブログ

虫・鳥などの動植物の魅力や知識など、自然観察をもっと楽しむための情報を発信します。

アオジ|サングラス模様が特徴的。藪の中から出てくるかわいい小鳥

アオジ オス

薮の中からかわいい小鳥が出てきた!

この鳥ってどんな鳥?

こんな疑問にお答えします。


写真の鳥は、アオジ


黄色の地に緑色の入った姿をした、かわいい小鳥です。


オスは目の周りのサングラス模様が特徴的です。


そんな彼らは関東の平地では、冬に渡ってくる冬鳥


公園や川原など、身近な場所で見られる親しみのある野鳥なのです!


僕はネイチャーエンジニアの亀田です。


年間100回以上全国各地で生き物観察をし、様々な野鳥に出会ってきました。


そんな鳥好きの僕が、アオジの特徴と魅力を紹介します。




 

アオジは緑色のかわいい小鳥【オスはサングラス模様が特徴的】

アオジは緑色のかわいらしい姿の小鳥です。


オスとメスで少し姿が異なり、オスは目の周りにサングラスのような黒い模様があります。


アオジ オス
アオジ オス


アオジ メス
アオジ メス


アオジは漢字で「青鵐」と書き、アオは「」の意味です。


生き物の名前は緑色のことを「アオ」と表現することが多いです。(青信号と同じ)


アオジの見た目は、実際には緑色よりも黄色っぽい印象が強いんですけどね。


ちなみに一般的な青色を表現をする時は「瑠璃(ルリ)」を使うことが多いです。


アオジのジ=鵐はシトドと読み、「ホオジロ類」という意味。(アオジはホオジロ科に属する鳥です)


つまり、アオジ=「緑色のホオジロ類」となるのです。

アオジの季節による見られる場所の違い

関東の平地では冬鳥

アオジは関東の平地では、冬に見られる冬鳥


晩秋頃(10月後半〜11月初め)から見られるようになります。


秋〜冬に関東でアオジを見る時は、足元や草やぶなど低い位置にいることが多いです。

北海道では夏鳥

一方、夏は本州中部以北の山地や、北海道で過ごします。


僕は夏の時期に何度か北海道で探索をしましたが、北海道では平地でもアオジにたくさん出会えます。


が、北海道では樹の高い位置にいることが多い。


木の高い位置に止まるアオジ
アオジ


関東で上記のような位置に止まっているのは、カワラヒワのイメージが強い。


木の高い位置に止まりがちなカワラヒワ
カワラヒワ


なので、北海道では「アトリ科の仲間かな?と思って見たら、アオジだった」なんてこともよくありました。


このように、冬に見るアオジの行動との違いが見られるのも興味深いですよね。


生活する時期や場所によって、行動が変わるのも野生動物たちの面白いところですね!

アオジが薮の中から出てきてくれると嬉しい

先述した通り、冬に関東で出会うアオジは草やぶなどにいることが多いです。


特に渡ってきた直後は警戒心が強く、草やぶや茂みに隠れてなかなか姿を見せてくれません。


草やぶの中から、「チッ」「ジッ」という声は聞こえるんですけどね。


でもだからこそ、そんな彼らが薮から出てきてくれた時は、とっても嬉しい


薮から出てきてくれたアオジ
アオジ


前触れなく不意に飛び出してくることがよくあるので、茂みの付近を歩く時は油断しないようにしましょう。


ちなみに年明けくらいになると、なぜか人前でも姿を現し、地面にある食べ物をついばむ姿を見かけるようになります。


それくらいの期間で人に慣れるのか?
渡りに備えて危険を顧みずに栄養源を確保しているのか?


その答えは分かりませんが、とにかく冬の後半は彼らをじっくり観察できるチャンスなのです!




アオジの美しいさえずり

他の野鳥同様、アオジのさえずりが聴けるのも、繁殖期である


なので、冬の観察では彼らのさえずりを聴く機会はありません


そのためアオジの声のイメージがつかないかもしれませんが、彼らのさえずりもとっても美しいです。


チョッ、ピッ、チョッ、チリリー」と、高めの声で短い節で切ってさえずります。


野鳥のさえずりは、「にぎやか」「気分が高揚する」というようなものも多い。


しかし、アオジのさえずりは鈴の音を聴いているような、なんだか心が落ち着く歌なのです。


夏に彼らを観察するには、やはり北海道がおすすめ。


夕方の時間帯の、周りが静まった広大な湿原。


そこでアオジの澄んださえずりを聴いた時は、めちゃめちゃ癒し効果がありました


北海道でさえずっていたアオジ
アオジ


ちなみに国内旅行する際に便利なサービスは以下で紹介しています↓


また、関東に冬にやってきたアオジは、春先まで滞在します。


彼らは春先になると「ぐぜり」という行動を取ることがあります。


ぐぜりとは、さえずりを練習している時の鳴き声


未完成ながら、実は関東でもアオジの鳴き声を聴くことができるのです。


春先の時期(3月後半以降〜)には是非、アオジがぐぜっている姿も探してみてください!


アオジに関連する鳥たち

スズメに似た鳥

アオジ

アオジはスズメと間違えがちな鳥の1種です。


近くで見るとそれほど似ていないようにも見えますが、

・大きさが同じくらいであること
・色味が近い

ため、遠目で見ると意外と見間違えがちなのです。


アオジ以外にも、スズメに似た野鳥たちはたくさんいます。


そんな「スズメに似た野鳥たち」は、以下の記事で紹介しています↓


アオジと同じ分類に属する鳥たち

ホオジロ

アオジはスズメ目ホオジロ科に属する鳥。同じ分類の鳥たちを以下で紹介しています。


[スズメ目]
スズメ目の野鳥まとめ|美しい声を持つ鳥類最大のグループ

[ホオジロ科]
ホオジロ科の野鳥の種類と特徴|オスの頭部が個性的!サングラスから白黒頭まで


おわりに:アオジの行動を観察してみよう!

アオジは観察する時期や場所によって、様々な顔を見せてくれる野鳥です。


身近な場所で観察したり、機会があれば北海道など繁殖地でも観察してみてくださいね!


そのほかのおすすめ鳥紹介記事↓

■ アオサギ

アオサギ


他の鳥の紹介、鳥ゲーム・アプリ、野鳥観察、用語解説などに関する記事はこちらから↓

鳥に関連する記事まとめへ