ネイチャーエンジニア いきものブログ

虫・鳥などの動植物の魅力や知識など、自然観察をもっと楽しむための情報を発信します。

ミサゴは海や川で見られる鷹(タカ)。魚を狩る方法は水中にダイブ!

ミサゴ

海にかっこいい猛禽類っぽい鳥がいる!

トビとは違うみたいんだけど…この鳥ってどんな鳥?

こんな疑問にお答えします。


写真の鳥の名前は、ミサゴ


川や海などの水辺で生活する、タカの仲間です。


タカというとネズミや小鳥などの動物を食べるイメージが強いかと思いますが、ミサゴのえさは「」。


空中から急降下して魚を狩る姿は、ミサゴらしい迫力のある行動です!


僕はネイチャーエンジニアの亀田です。


年間100回以上全国各地で生き物観察をし、様々な野鳥に出会ってきました。


そんな鳥好きの僕が、ミサゴの特徴と魅力を紹介します。




 

ミサゴは海や川で見られる鷹(タカ)の仲間

他の鷹とは異なるミサゴ科に属する

ミサゴは水辺で生活する鷹(タカ)の仲間で、タカ目というグループに属します。


しかし科は、トビやオオタカなど日本の他のタカとは異なる「ミサゴ科」。


分類的には他のタカ類と少し離れている鳥のようです。

海や川など水辺で生活

水辺に住むと言った通り、湖や川のほか、海などで見られます。


そういった場所では、上空を見上げるとミサゴがぐるぐると空を舞っていることも。


空を飛翔するミサゴ
ミサゴ 飛翔


観察中に空を猛禽が飛んでいて、「トビかなー、と思って見ていたらミサゴだった」なんてことも僕はよくありました。


ちなみに上の表現では誤解を生みそうなので言っておきますが、トビも大きくてカッコ良い野鳥です。


トビの飛翔姿も、こんな感じに翼が大きく広がって迫力があって、とても素敵なんですよ!


トビの飛翔姿
トビ 飛翔中


ここで僕が一番言いたいのは、空の上にも実は色々な鳥が生息しているということ。


歩いているとついつい目の前の景色を見てしまいがちですが、空にも複数種の鳥が飛んでいて、油断できないんです。


ちなみに、目の前も、空も、と気にしだすと観察が忙しくなります(笑)


でも、上にも目を向けるようにすると、色々な鳥との出会いがあるんですよ!

ミサゴのえさは魚

タカは種類ごとに好むえさが異なる

タカと言えば、猛禽類


猛禽類というと、肉食の鳥であり、肉食というと哺乳類や小型の鳥などを食べる、というふうに連想する方が多いかと思います。


でも実はタカは、種類ごとに食べるえさの傾向が異なります


僕はそんなところも、タカの面白いところだなと思います。


例えば、イメージ通りネズミを狩るタカもいれば、昆虫のハチを主に食べるタカがいたり。


スズメバチを好んで食べるタカもいる
オオスズメバチ


ちなみに先述したトビは雑食性ですが、動物の死骸やゴミを食べたりもします。(スカベンジャーと言います)


そんな中、今回の主役であるミサゴの主なえさは「」。


ミサゴは水辺に生息する理由は、この「食べるえさ」が関係していたんですね。

水中にダイブして狩りをする

そんなミサゴの狩りの仕方は、魚を狙って空中から急降下して水にダイブ


魚を捉える瞬間は、迫力があってカッコいい!


そんな姿を写真でお見せしたいところなのですが、残念ながら僕は魚を狩る瞬間の写真は撮影できていません(悲)


その代わり、ゲットした魚を運んでいる姿は捉えることができました!


魚を掴みながら飛翔するミサゴ
ミサゴ 魚 狩り


食事」は、全ての動物たちの野生的な行動ですから、それぞれ特徴あって面白いものです。


ミサゴの「魚の狩り」に注目して観察してみるのも、良いですね!




四国にはミサゴがたくさん

関東ではミサゴが遠い

僕は関東で探索することが多いのですが、探索中にミサゴに出会う場面と言えば、以下の2つのシーンで出会うことが多いです。

・空を飛翔しているところ
・杭の上に止まっているところ


杭の上に止まっている場面には本当によく遭遇します。


杭に止まっているミサゴ
ミサゴ


このように、杭の上で止まってくれていれば撮影がしやすい!


しかし、1つ大きな問題が。


それは、ミサゴが止まっている場所がとにかく遠いこと


彼らが止まっている杭は、大抵沖の方にあるのです。


※先ほど掲載した写真は比較的近い方です


僕が使用しているカメラは2000ミリ相当の超望遠カメラなのですが、それでも撮影が難しい距離であることも多い。


※ちなみに、僕が使っている望遠カメラは以下で紹介しています↓


ミサゴの場合はむしろ飛翔中の方が、近くに見られることが多いかもしれません。

四国ではミサゴと出会いやすい

ところが、四国で探索した時は大分様子が違いました。


僕の感想を一言でいうと、「ミサゴがたくさんいる!」。


何かの出っ張りに止まっている猛禽っぽいのがいると思うと、大体ミサゴなのです。


ミサゴを見たあと、100mほど歩くとまた別のミサゴが。


時には同時に3羽のミサゴがいたりしました。


その結果、以下のように鮮明なミサゴを撮影することができました!


四国で出会ったミサゴ
ミサゴ


関東では、こんなに近い距離に止まっているミサゴを見たことはありません。

土地土地に生き物が暮らしていることの大切さ

こんな経験をして、土地ごとに生息している生き物や、よく見られる生き物は全然違うのだ、と改めて感じました。


ある場所では当たり前にいる生き物が、別の場所ではなかなか見られない生き物だったりします。


そして、その逆に他では見つけづらい生き物が、案外近くで暮らしていることもあります。


そんなところが、各地で生き物を観察する醍醐味でもありますね。


野鳥観察をしていると、日本だけでなく海外にも視野が広がることもあります。


全ての自然環境にはそれぞれの個性があり、全く同じ生き物たちだけが暮らしているなんてことはないです。


今後も素敵な出会いを楽しめるように、それぞれの環境を大切にしていきたいですね

ミサゴと同じ分類に属する鳥たち

サシバ

ミサゴはタカ目ミサゴ科に属する鳥。同じ分類の鳥たちを以下で紹介しています。


[タカ目]
タカ目の野鳥まとめ|代表的な猛禽類たち

[ミサゴ科]


おわりに:ミサゴの水辺での生活を観察してみよう!

ミサゴは水辺に住むタカです。


今回紹介したように、ミサゴは魚食に特化しているところが特徴でもあります。


海や川などでミサゴに出会えたら、ぜひ彼らの水辺での生活や食べるえさを、観察してみてくださいね!


そのほかのおすすめ鳥紹介記事↓

■ ベニマシコ

ベニマシコ オス


他の鳥の紹介、鳥ゲーム・アプリ、野鳥観察、用語解説などに関する記事はこちらから↓

鳥に関連する記事まとめへ