ネイチャーエンジニア いきものブログ

虫・鳥などの動植物の魅力や知識など、自然観察をもっと楽しむための情報を発信します。

雁(ガン)の種類と魅力|ガンとカモは何が違う?雁行の由来になった鳥

マガン

雁(ガン)って名前は聞いたことあるけど、どんな鳥?

鴨(カモ)とはどう違うの?

こんな疑問にお答えします。


雁(ガン)は特定のグループの鳥のことですが、「名前は知っているけどどんな鳥かは知らない」という方も多いのではないでしょうか?


実は僕もそのような感じで、小学校の時の教科書に出てきたので名前は知っていたのですが、実物は大人になるまで見たことがありませんでした。


というのも、雁(ガン)は渡り鳥


全国に飛来する鳥ではないので、どこでも簡単に見られるような鳥ではないのです。


またガンの姿は、鴨(カモ)とよく似た姿をしています。


というわけで、今回はカモとの違いについても触れたいと思います。


僕はネイチャーエンジニアの亀田です。


年間100回以上全国各地で生き物観察をし、様々な野鳥に出会ってきました。


そんな鳥好きの僕が、雁(ガン)の種類と魅力を紹介します。




 

雁(ガン)と鴨(カモ)の違い

雁(ガン)は、カモ目カモ科というグループに含まれる鳥たち。


姿が似ていると思ったら、なんとカモと同じ分類グループ(科)に属していたのですね。


カモとよく似た姿のガン
マガン


ちなみに雁は「かり」とも読みますが、同じくガンのことを意味します。


パッと見で分かりやすいガンの特徴は、大きさ


実はハクチョウもカモ科の鳥ですが、ざっくり言うとガンはカモよりも大きく、ハクチョウよりも小さいのです。


カモ

カルガモ


ハクチョウ

コハクチョウ


3グループの大きさを表すと以下のようになります。

カモ < ガン < ハクチョウ


首の長さの違いからくる、体のシルエットも中間的ですよね。


他にも、以下のような点もガンの特徴です。

・オスもメスも姿が変わらない
・主に昼に活動(採食)する
・主に草食性


ただ実際は、ガンの特徴を持つカモもいます。(カルガモはオスとメスの姿が変わらない、など)


なので、ガンに含まれる種を直接覚えてしまった方が早いのかもしれません。

雁(ガン)の野鳥の魅力

僕が思う、雁(ガン)の魅力は大きく2つ。

1. 昼間に活動的な姿が見られる(「ねぐら入り」と「ねぐら立ち」)
2. V字編隊飛行


1. 昼間に活動的な姿が見られる(「ねぐら入り」と「ねぐら立ち」)

ガンに似た姿のカモは夜行性のものが多く、明るい昼間は寝ていてほとんど動かないことも多いです。


寝ているカモ(ホシハジロ)
ホシハジロ


しかしカモとの違いで紹介した通り、ガンは昼間に活動します


夜はねぐらである湖沼で寝て、朝に湖から飛び立ち、夕方まで近くの農耕地などで餌を食べます。


だからガンの場合はカモよりも、明るい時間帯でも餌を食べる様子や、歩き回る姿を観察できるのです。


また、ガンと言えば「ねぐら立ち」「ねぐら入り」も見どころ。


ガンはねぐらを中心にして活動するので、夜は湖などに集合します。


なので、ねぐらから出発する瞬間と、ねぐらに戻ってくる瞬間は多くのガンたちが集まるチャンスなのです。


ガンがねぐら立ちしたところ
ヒシクイ ねぐら立ち


ちなみに日本最大のガンの越冬地は、宮城県の伊豆沼と蕪栗沼


大きな沼である伊豆沼では、なんと10万羽ものガンが越冬します。


以前、以下の記事で鹿児島の出水市では万羽ヅルが見られると紹介しました。


出水市で見たツルも大迫力の光景でしたが、伊豆沼に集まる野鳥の数はなんとその10倍


伊豆沼の方が範囲が広いとはいえ、カモよりも大型の彼らが大量に集合・離散する光景は圧巻ですよ!

2. V字編隊飛行

ガンは群れで飛行する時に、V字型の編隊を組むことも特徴的です。


V字型の編隊を組むガンの群れ
マガン 編隊


このV字型を為して飛行する姿も、ガンらしい光景です。


V字型に飛ぶと、先頭を飛んでいる鳥が生み出す乱気流が生まれます。


その乱気流を揚力として利用することで、後方にいる鳥がエネルギーを節約して飛べることが、この編隊を組む理由のようです。


ちなみに、この斜めに並ぶ様子を表す「雁行」と言う言葉があります。


V字編隊は、ハクチョウツルなども組みますが、この言葉は雁の名前を使用しているのですね。


先ほど紹介したガンのねぐら入りを観察していると、彼らがV字編隊で湖沼に戻ってくる姿が見られますよ!




雁(ガン)の種類

マガン

マガン

漢字で「真雁」と書くだけあって、宮城でも最もよく出会えるガンです。


額部分が白いのがチャームポイント。


お腹部分に黒い斑があって、飛行しているのを下から見上げてもよく目立ちます。

シジュウカラガン

シジュウカラガン

このガンが特徴的なのは、顔の白黒模様


このガンの名前はある小鳥の名前が由来していて、鳥を知っている人が聞くと「なるほど!」となります。


それが以下のシジュウカラ


白黒模様の顔を持つシジュウカラ

シジュウカラ


大きさは全然違うのですが、名前の通り、顔の白黒模様がそっくりです!

ヒシクイ

ヒシクイ

大型のガンで、まさにカモとハクチョウの中間の大きさ


姿が大きいから気も大きいと思いきや、結構距離があっても敏感に察知して飛び立ってしまいます。


同じ場所で生活しているハクチョウは、近付いてものんびりと餌を探していることもあるのに。


同じ環境で近い種類の鳥のはずなのに、警戒心が全然違うから不思議です。

コクガン

コクガン

コクガンは、他のガンとはちょっと違う場所で見られます。


その場所とは、


実はコクガンは絶滅危惧種で、世界中でわずか8,000羽程度しかいません。


彼らの主な飛来地も東北に多く、宮城の南三陸はコクガンの飛来地として重要な地です。


東北のリアス式海岸は海藻が豊富なため、コクガンたちの重要なえさ場となっているのですね。


僕にとって彼らは、いつも海藻をもぐもぐ食べているイメージです笑

雁(ガン)と同じ分類に属する鳥たち

カルガモ

雁(ガン)はカモ目カモ科に属する鳥。同じ分類の鳥たちを以下で紹介しています。


[カモ目]
カモ目の野鳥まとめ|水上生活に適応した美しい水鳥たち

[カモ科]
鴨(カモ)の種類と魅力|カモは地味な野鳥ではない!実は個性的で面白い姿を持つ


おわりに:雁(ガン)のV字編隊を見てみよう!

記事内で紹介した通り、雁(ガン)が飛来する場所は日本全国というわけではなく、どこでも見られる鳥というわけではありません


なので住んでいる場所によっては少し足を伸ばさないと見られないかもしれません。


しかし、彼らが飛来する場所の多くは、大きな湖沼と餌のある農地がある豊かな土地。


鳥が多く飛来する土地には、その場所自体、魅力的な場所であることも多いのです。


ガン自身の観察を楽しむだけでなく、彼らが飛来地として選択する素晴らしい土地の魅力に目を向けると、さらに自然観察が楽しくなりますよ!


そのほかのおすすめ鳥紹介記事↓

■ ヒタキ科の野鳥

キビタキ


他の鳥の紹介、鳥ゲーム・アプリ、野鳥観察、用語解説などに関する記事はこちらから↓

鳥に関連する記事まとめへ