ネイチャーエンジニア いきものブログ

虫・鳥などの動植物の魅力や知識など、自然観察をもっと楽しむための情報を発信します。

クロサギは真っ黒な姿の鷺(サギ)!海辺の生活に適応した面白いサギ

クロサギ

真っ黒なサギがいる!

このサギってどんな鳥なのかな?

こんな疑問にお答えします。


サギというと、白鷺(しらさぎ)という言葉が知られるように、身近なものでは白い姿のものが多く見られます。


しかし中には、冒頭の写真のように真っ黒な姿のクロサギというものも。


このクロサギは体の色だけでなく、生活場所も海辺専門という、習性も他のサギとはちょっと異なるサギなんですよ!


僕はネイチャーエンジニアの亀田です。


年間100回以上全国各地で生き物観察をし、様々な野鳥に出会ってきました。


そんな鳥好きの僕が、クロサギの特徴と魅力を紹介します。




 

クロサギは真っ黒な姿のサギ

クロサギは名前の通り、真っ黒な姿が特徴的なサギです。


真っ黒な姿のクロサギ
クロサギ


日本では他に真っ黒な姿のサギはいません。


なのでこんな黒い色のサギを見つけたら、クロサギと言ってよいかと思います。


ちなみにサギというと、白い姿の白鷺(シラサギ)をイメージする方が多いはず。


その白鷺の仲間であるコサギは、以下のような感じです。


真っ白な姿のコサギ
コサギ


こう比べてみると、彼らは見事なほど対照的な白黒姿ですね!

クロサギは海辺で生活するサギ

自然感のある海の写真を撮影するのにピッタリ

クロサギは海岸での生活に特化して生活するサギです。


浜辺や岩礁などの海辺でよく見られます。


クロサギがどうして海に特化しているかというと、同じサギ科のダイサギやコサギなどが海にいることはありますが、逆にクロサギが海以外の場所にいるところを僕は見たことがありません


そんな習性から、クロサギを撮影する時は青い海がバックになることが多く、美しい写真を撮影できるチャンスが多いのです。


背景が青い海の写真が撮りやすい
クロサギ


自然感のある海の写真を撮るのに、クロサギはとっても良い被写体なのです!

波打ち際でアグレッシブに採餌

先述した通り、クロサギは海辺によくいて、波打ち際で餌を探している場面を多く見かけます。


その採餌の様子を見ていると、実にアグレッシブ


岩礁で、大きな波が来ているところに、果敢に攻め入ります。


その様子を見ていると、「波にさらわれてしまうんじゃないか」と見ているこちらがヒヤヒヤすることも笑


大きな波が来ていても、攻めます
クロサギ


クロサギの脚は、じっとして餌を捕まえるタイプのサギよりも、太く短い


その姿ゆえに、岩礁のような不安定で高低差があるような場所でも機敏に動けるようになっているのでしょう。


こういった体型と行動の関連性を観察するのも、面白い観察になると思います!




白いクロサギがいる!?

実はクロサギには、「白色型」と呼ばれる白い姿のものがいます。


以下は白い姿をしたサギですが、なんとクロサギです。


クロサギの白色型
クロサギ 白色型


上の個体は一部黒い部分が混じっていて、クロサギの黒い姿の名残がありますが、黒い部分が全くない個体もいます。


他の白鷺たちには黒い部分はないので、上記の特徴があるとクロサギだと分かりやすいですね。


白色型のクロサギは南に行くほど多いようで、僕が観察した上の白色型のクロサギも沖縄で出会ったものです。


もう1点他の白鷺たちとの見分けポイントとしては、「足の太さ・短さ」。


例えばダイサギは、スラッと長い脚を持っています。(大きさも違いますが)


スラッとした長い脚を持つダイサギ
ダイサギ


その脚の特徴に伴う、動きの違い(他のサギよりもよく歩き回る)も識別の参考になると思います。


このように、生息地域によって姿が変わるのも、クロサギの面白いところなのです!

クロサギと同じ分類に属する鳥たち

アオサギ

クロサギはペリカン目サギ科に属する鳥。同じ分類の鳥たちを以下で紹介しています。


[ペリカン目]

[サギ科]
サギ科(鷺)の野鳥の種類と魅力|写真映えする水辺の美しく大型の鳥たち


おわりに:海でクロサギを観察してみよう!

クロサギは海辺専門に住む、ちょっと変わったサギ。


黒い姿だけでなく、他のサギとの行動や習性の違いもとっても面白いです。


ぜひ、その面白い特徴を持つクロサギの実物を観察してみてくださいね!


そのほかのおすすめ鳥紹介記事↓

■ シメ

シメ


他の鳥の紹介、鳥ゲーム・アプリ、野鳥観察、用語解説などに関する記事はこちらから↓

鳥に関連する記事まとめへ