ネイチャーエンジニア いきものブログ

虫・鳥などの動植物の魅力や知識など、自然観察をもっと楽しむための情報を発信します。

ノコギリクワガタは牛のようなアゴを持つ!平地の大型クワガタムシ

ノコギリクワガタ

ノコギリクワガタ、かっこいい!

この虫にはどんな特徴があるの?

こんな疑問に答えます。


夏の人気昆虫、クワガタムシ。


その中でもノコギリクワガタはサイズも大きく、大きなアゴが良く目立つクワガタムシです。


とってもかっこいい昆虫ですよね!


クワガタというと、このノコギリクワガタの姿を想像する人も多いのではないでしょうか。


さらにこのノコギリクワガタ、「個体によるアゴの形に変化がある」という特徴も持っているんですよ!


僕はネイチャーエンジニアの亀田です。


年間100回以上全国各地で生き物観察をし、様々な虫に出会ってきました。


そんな虫好きの僕が、ノコギリクワガタの特徴と魅力を紹介します。




 

ノコギリクワガタの牛のようなかっこいいアゴ

アゴが由来の異名を持つ

クワガタムシと言えば、最大の特徴はその大きな「アゴ」。


「ツノ」とか「ハサミ」と言われることがありますが、正しくはアゴと呼びます。


ノコギリクワガタのアゴは大きく湾曲して、まるで牛のツノのようなシルエットになります。


牛のツノのような形のノコギリクワガタのアゴ
ノコギリクワガタ


ノコギリクワガタには、この特徴的なアゴにちなんだ異名がたくさんあります。


ウシ(牛)」や「スイギュウ(水牛)」、その赤みがかったボディと合わせて「アカウシ(赤牛)」など。


ノコギリクワガタのアゴは、それだけインパクトのある特徴ということでしょう。


僕もクワガタと聞いて一番にイメージするのは、やはりノコギリクワガタ。


大人になった今でも、かっこいいアゴを持つ彼らに出会えると、思わず声を上げてしまうほどに嬉しくなります。


ちなみに大きなアゴを持つのはオスだけ


メスは以下のような姿をしています。


ノコギリクワガタのメス
ノコギリクワガタ メス


ノコギリクワガタのメスは、他のクワガタのメスよりも丸みがあって、色も赤みがあるのが特徴的です。




個体によってアゴの形が変わる

多くのクワガタのアゴの形は、”個体によって大きく変化”します。


ノコギリクワガタも例外ではありません。


例えば「小歯型」と呼ばれるもののアゴは、長さが短くて湾曲はなく、内側に小さなギザギザがたくさんついています。


小歯型のノコギリクワガタ
ノコギリクワガタ 小歯型


一方、先ほども紹介した牛のような湾曲したアゴを持つものは「大歯型」と呼ばれます。(中間の「中歯型」というものもあります)


大歯型のノコギリクワガタ
ノコギリクワガタ 大歯型


このようなクワガタムシのアゴの形の変化には、"特定の遺伝子が関わっている"という研究結果があります↓


上記の研究はノコギリクワガタで研究されたわけではないので、発見された結果がそのまま当てはまるかは分かりません。
(例えば、ミヤマクワガタのアゴの変化は幼虫時の気温によると言われている)


ただ該当の遺伝子は、昆虫一般の肢(あし)の形成に関わる遺伝子群からリストアップしたとのこと。


なので、ノコギリクワガタのアゴにも関係している可能性があります。

ノコギリクワガタは平地で見られる大型クワガタムシ

ノコギリクワガタは、多くの人に知られるメジャーなクワガタムシでもあります。


その人気の理由の1つには、「観察しやすい」という点が挙げられると僕は思います。


クワガタムシの仲間は"気温の高くない場所"を好むものも多く、山など標高の高い場所に生息するものも多い。


例えば、ミヤマクワガタやアカアシクワガタなどは比較的標高の高い場所に行かないと出会いにくいです。


しかしノコギリクワガタは平地にも生息するクワガタで、身近な場所でも出会える可能性は大いにあります。


平地にも生息するノコギリクワガタ
ノコギリクワガタ


都市部では里山や雑木林が少なくなり、なかなか彼らに出会いづらくなってしまったかもしれません。


しかし、里山環境の残る場所では今も身近に出会える大型クワガタムシなのです!

ノコギリクワガタと同じ分類に属する虫たち

ノコギリクワガタ

ノコギリクワガタはコウチュウ目クワガタムシ科に属する虫。同じ分類の虫たちを以下で紹介しています。


[コウチュウ目]
甲虫目(コウチュウ目)の昆虫まとめ|頑丈なはねを持つ昆虫最大のグループ

[クワガタムシ科]
クワガタムシの種類と魅力|かっこいい大アゴを持つ虫たち。アゴの変化も面白い


おわりに:ノコギリクワガタのかっこいい姿を観察しよう!

ノコギリクワガタは夏を代表する昆虫です。


僕も子供の頃から大好きな昆虫で、夏には捕まえたものをよく飼育していました。


当時は見つけた個体全てを持ち帰っていたことが多く、時には世話を仕切れないほどに捕まえていました。


持ち帰るのはちゃんと世話できる分だけにすべきだった、と反省です。


生き物には、

・飼育でないと観察が難しい行動
・野外でないと観察が難しい行動

があります。


もしみんなでたくさん捕まえて個体数が減ると、野外での観察機会は少なくなってしまうため、捕まえるのは必要最低限にしたいものです。


彼らへの負荷は最小限にすることで、翌年以降も継続的にその姿を観察させてもらえますよ!


ゲームアプリ「虫コレクション」ではクワガタも登場します。


こちらで生き物への負荷なくクワガタをゲットできるので、ぜひ遊んでみてください↓


■ 虫集め特化の放置系ゲーム「虫コレクション」

虫コレクション

f:id:kkamedev:20180714123115p:plain f:id:kkamedev:20180714123127p:plain


そのほかのおすすめ虫紹介記事↓

■ マダラガ

ホタルガ


他の虫の紹介、虫ゲーム・アプリ、虫観察、用語解説などに関する記事はこちらから↓

虫に関連する記事まとめへ