ネイチャーエンジニア いきものブログ

虫・鳥などの動植物の魅力や知識など、自然観察をもっと楽しむための情報を発信します。

桜につく虫たち|多様なイモムシ・ケムシが見られる

シロヘリキリガ 幼虫

あ、桜に虫がいるよ!

桜では色々な虫を見る気がするけど、他にはどんな虫がいるのかな?

こんな疑問にお答えします。


街中でもよく見かけることのできる樹木、「」。


桜は実にたくさんの虫たちが集まる樹木であり、花が美しいだけでなく、昆虫観察の観点でも、とても魅力的な樹木です。


Webで「桜につく虫」と調べると害虫情報ばかりが出てきますが、本記事では生き物観察視点で、桜と桜につく虫たちの面白さを紹介します!


僕はネイチャーエンジニアの亀田です。


年間100回以上全国各地で生き物観察をし、様々な虫に出会ってきました。


そんな虫好きの僕が、「桜につく虫」について紹介します。




 

桜は虫たちからも人気の樹木

桜は、春に明るく華やかな花を咲かせることから、多くの人を魅了する樹木です。


毎年桜の花が咲く季節は、多くの人が花見を楽しみますよね。


桜の花
ソメイヨシノ


さて、この桜は、人だけでなく虫たちからも非常に人気であり、多様な虫たちが集まる樹木でもあります。


特に春の季節は葉に「多様なイモムシたち」が集まり、人の花見にも負けないくらいにぎやかな状況になります。


桜につくシロヘリキリガの幼虫
シロヘリキリガ 幼虫


この虫たちは見方を変えると桜にとっての「害虫」となるわけですが、虫に興味を持っていれば、桜で様々な昆虫との出会いながら過ごす時間は、非常に楽しい時間なのです。


また、桜は観察において、さらに嬉しいポイントがあります。


それは、桜は人里近くにまとまって植えられていることが多いため、「非常に観察がしやすい」こと。


桜は花の美しさだけでなく、昆虫観察の観点でも、とても魅力的な樹木なのです!




桜につく虫たち

イモムシ・ケムシ

■ フユシャクの仲間

桜には多様なイモムシたちが集まりますが、「フユシャク」の仲間は面白い習性を持つ蛾たちです。


チャバネフユエダシャクの幼虫
チャバネフユエダシャク 幼虫


フユシャクは、成虫が"冬に活動する"という珍しい習性を持つ蛾です。


それに成虫は”メスのはねが退化している”という、ユニークな特徴も持っています。


チャバネフユエダシャクのメス
チャバネフユエダシャク メス


フユシャクの仲間には様々な種がいるのですが、桜につくものが多く、樹上で色々なフユシャクが見られます。


フユシャクの親は冬に産卵し、その卵から孵った幼虫たちが、春に桜で見られるようになるのですね。


1年を通して昆虫観察をしていると、「冬に観察した蛾たちの子どもたちが、無事生まれてきたんだなあ」という嬉しさも感じられるのです。


■ マイマイガ

代表的な毛虫である、マイマイガ


マイマイガは様々な樹木につく虫ですが、桜でも見られます。


マイマイガの幼虫
マイマイガ 幼虫


マイマイガはいかにも毒がありそうな見た目をしていますが、実は基本的には毒は持ちません


『1齢幼虫』という、孵化して初期の幼虫には毒があると言われていますが、1齢幼虫というのは非常に小さな時期のものであり、マイマイガと認識できるサイズになったものは、もう毒を持たないのです。


マイマイガの幼虫には顔に大きな「ハの字」があるのも特徴的なので、もし見つけたらその顔に注目してみてください。


■ オオミズアオ

大型イモムシ、オオミズアオも桜で見られることがあります。


オオミズアオの幼虫
オオミズアオ 幼虫


オオミズアオの成虫は透き通った水色のはねを持ち、「最も美しい蛾」と言われることもある蛾です。


オオミズアオの成虫
オオミズアオ


また、オオミズアオは「ヤママユガ科」というグループに属する蛾で、このグループには非常に大型の蛾たちが属します。


オオミズアオの成虫も80〜120mmという巨大さ。


オオミズアオは、その巨大かつ美しい姿により、神聖な印象を受ける蛾です。


■ その他のイモムシ・ケムシ

ここで紹介しているのはほんの一部ですが、そのほかにも以下のような様々なイモムシたちが見られます。


ニトベエダシャクの幼虫
ニトベエダシャク幼虫


シロヘリキリガの幼虫
シロヘリキリガ 幼虫


モンクロシャチホコの幼虫
モンクロシャチホコ 幼虫


▼生き物の戦略から人生の学びを得る本▼


セモンジンガサハムシ

セモンジンガサハムシ

セモンジンガサハムシは「コウチュウ目ハムシ科」というグループに属する昆虫で、カメノコハムシと呼ばれるハムシの仲間です。


カメノコハムシの仲間は、半透明の円盤型の姿をしているものが多く、ユニークな姿をしています。


その中でもセモンジンガサハムシは、背面中央に輝くX字状の紋があるのが特徴的です。



ゴマダラカミキリ

ゴマダラカミキリ

身近で見られる大型のカミキリムシとして印象的なのが、このゴマダラカミキリです。


僕が子どもの時も、カミキリムシといえばこの虫、というイメージでした。


青みがかった黒のボディと、散らばる白い斑点がかっこいいです。



ムネアカアワフキ

ムネアカアワフキ

ムネアカアワフキは全身が黒く、胸部が赤くなる特徴を持つアワフキムシの仲間です。


アワフキムシの名前の由来は、幼虫が自身が出す分泌液で「泡の巣」を作る習性を持つことから。


アワフキムシの泡
アワフキムシ 泡


林縁で泡を見つけたら、その中にはアワフキムシの幼虫がいるかもしれません。

ナナフシ

ナナフシモドキ

かの有名な擬態名人、ナナフシも桜につく昆虫です。


成虫は10cmほどにもなる巨大な昆虫ですが、春の時期はもっと小さな幼虫が桜の葉上にいます。


ちなみに、一般的に「ナナフシ」と呼ばれているものは、写真のナナフシモドキという種のこと。


「他のナナフシたちと比べて触角が短いこと」が見分けポイントです。



おわりに:桜につく虫を観察してみよう!

桜は花見だけでなく、昆虫観察においても魅力的な樹木です。


ぜひ、桜を取り巻く生き物たちにも注目して観察してみてください!


むし探しを体験できるゲームアプリも配信中!こちらもぜひ、遊んでみてください↓


■ 虫探しロールプレイングゲーム「むしマスター!3」

むしマスター!3

 


[%common/finish_article%]