ネイチャーエンジニア Blog

全国各地で年間100箇所以上探索するフリーランスITエンジニアが、自然をもっと楽しむための情報を発信。


TOP | 自己紹介 | アプリ・ゲーム | 


野鳥撮影初心者のカメラは「望遠」にこだわるべきたった1つの理由

野鳥撮影を始めようと思っているけど、カメラはどうやって選んだらいいんだろう?

オススメのカメラとかあるのかな?

 

そんなあなたの悩みにお答えします。

 

「野鳥」と一口に言っても、色々な野鳥がいます。

 

カモや、タカなどの猛禽類、コマドリのような小鳥類など。

 

公園で人馴れしている鳥たちも野鳥です。

 

あなたはどんな野鳥を撮りたいですか?

 

きっと、人馴れした野鳥たちではありませんよね。

 

そうなら、あなたは「望遠機能」を重視してカメラを選ぶべきです。

 

僕はネイチャーエンジニアの亀田です。

年間100回以上、野鳥撮影に行っています。

 

今回の記事では、

  • カメラ選びでは「望遠機能」にこだわるべき理由
  • オススメの望遠カメラ

をお伝えします。

 

■ 目次

 

 

カメラ選びでは「望遠機能」にこだわるべき理由 

f:id:kkamedev:20180730150120j:plain

あなたが撮影したい野鳥たち。

 

彼らは、どれくらい遠くにいますか? 

 

猛禽達は最低30mくらいの距離があるでしょう。

 

小鳥達でも10mくらい。

 

そう、野鳥を撮るのに望遠機能が大事な理由は

 

野鳥は遠くにいる

 

からです。

 

望遠機能が弱いカメラだと、せっかく鳥を見つけても、撮影できない可能性が高いです。

 

想像してみてください。

 

あ、図鑑で見たことのあるあの鳥だ!
でも、もう少し近づかないと撮れないな〜

そろ〜り…

あ!逃げちゃった…

 

きっと、この繰り返しになります。

 

というか実は、これは昔の僕の姿です。

 

野鳥撮影を始めてから半年間、僕は普通のデジカメを使っていました。

 

もちろん、特に望遠には強くありません。

 

その時は、たまたま近づけた鳥しか撮れません。

 

唯一撮れた猛禽は、トビです。 

 

でも、当時はそういうものだと思っていました。

 

「鳥って難しいんだな。じゃあ、虫を撮ろうっと」

 

という感じ(笑)

 

ココが重要なポイントです。

 

初心者は、望遠機能が弱いカメラを持つと、撮影の経験をする機会が激減するのです。

 

さらに、野鳥への興味は膨らみません

 

なぜなら、

  • 撮影対象範囲内で探してしまう → 野鳥を見つけられない
  • 野鳥を見つけた時は大体警戒されてる → 逃げられる
  • 撮影経験が増えない → 撮影技術が上がらない
  • 撮影できない → 面白くない

完全に悪循環です。

 

英語の勉強も、スポーツも、プログラミングだって、練習量がモノを言います。

 

カメラも全く同じです。

 

初心者ほど多く打席に立ち、経験を積む必要があるのです

 

これを解決するのはズバリ、望遠機能が良いカメラを持つことです。

 

撮影対象になる鳥が広がり経験を積むことで、

と好循環になっていくのです。

 

僕自身、野鳥に夢中になったのは、望遠機能のカメラに変えてからでした。

 

撮影の成功・失敗の経験をたくさん積みました。

 

その経験の中で、野鳥のことを知って、さらに野鳥を知りたくなりました。

 

知るにつれてどんどん野鳥が好きになり、色々な場所に出かけました。

 

その結果、鳥をたくさん見つけられるようになったし、撮影技術も上がりました。

 

関連: 奥多摩トレッキング。2年間で野鳥撮影技術はどの程度上達するのか?

 

初心者こそ、「望遠機能」にこだわるべきなのです!

 

オススメの望遠カメラ

ズバリ!

 

ニコンの高倍率コンパクトデジタルカメラ、COOLPIX P900 です。

実は、僕が今使っている、自信を持ってオススメできるカメラです。

 

オススメの理由は3つあります。

 

1. 超高倍率ズーム!

一番の理由はもちろん、「望遠機能」です。

 

その性能は、83倍ズーム、35mm版換算で最大2000mmです。

 

この数字が大きいほど望遠なわけですが、

一眼レフカメラの超望遠レンズは、800mmで超高額になります。

 

つまり、2000mmというのはとんでもない数字なんです。

 

↓これが

f:id:kkamedev:20180124214605j:plain

 

↓こんなことになります!

f:id:kkamedev:20180124214911j:plain

 

2. 持ち運びやすい

一眼レフに超望遠レンズをつけると、かなりの大きさと重さになります。

 

それを持ち歩くのはかなり大変です。

 

それに対して、コンデジはその名の通り、かなり手軽

 

撮影方法としては、移動せずに一箇所に留まり、「待ち」の撮影というものがあります。

 

ですが、初心者は最初は歩いて、色々な野鳥に会う経験を積んだ方が良いと思います。

 

そのためにも、持ち運びやすいカメラを選ぶのは大事なポイントです。

 

3. 価格が手頃

本格的な一眼レフを揃えると、100万円以上の金額になることもザラです。

 

それに対して、コンデジは5万円程度です。

 

決して安くはないかもしれませんが、他の本格的なカメラと比べたら圧倒的に手を出しやすい。

 

もちろん高価格なカメラには、高解像度であったり優秀なオートフォーカス機能が付いていたりします。

 

野鳥の飛翔姿を美しく撮りたい、というなら、本格的な一眼レフが必要かもしれません。

 

ですが、「初心者にとっては」コンデジで必要な機能は十分に備えていると思います。

 

僕が思う、COOLPIX P900 のデメリットはこちら。

  •  一眼レフに比べてオートフォーカスが弱い
    飛翔姿を綺麗に撮りたいとなると、結構頑張る必要があります
  • 暗所に弱め
    明るい林なら問題ないですが、薄暗い森の中とかは設定をかなり調整しないと厳しいです

です。

 

ただ、どんなカメラを買ったとしても、一台のカメラで全てのシーンをカバーできるものはありません。

 

あまりに気になるようであれば、サブのカメラを買ったりする必要があるかもしれませんね。

 

なお、コンデジでカメラの設定と撮影テクニックで、ある程度は、カバーできます。

 

もう1つ、以前使っていたコンデジとの比較記事もあるのでよかったらご覧ください。

野鳥観察向け最強の高倍率コンパクトデジカメは?ニコン COOLPIX P900 vs キヤノン PowerShot SX60 HS

  

真夏が過ぎたら秋の渡りの季節です。

 

狙っている鳥が来る前に、練習をしてカメラの操作に慣れておきましょう!

 

おわりに 

  • カメラ選びでは「望遠機能」にこだわるべき理由
  • オススメの望遠カメラ

をお伝えしてきました。

 

僕は今のカメラを使っていると、かなりの鳥がターゲットにできるので大変満足しています。

 

逆に、望遠が強くないカメラには、もう戻れないと思います。

 

あなたにも、野鳥撮影の楽しさが伝わることを願っています。

 

では、また。

 

ピックアップ記事 

www.nature-engineer.com