ネイチャーエンジニア いきものブログ

虫・鳥などの動植物の魅力や知識など、自然観察をもっと楽しむための情報を発信します。

野鳥撮影初心者のカメラは「望遠」にこだわるべきたった1つの理由

野鳥撮影を始めようと思っているけど、カメラはどうやって選んだらいいんだろう?

オススメのカメラとかあるのかな?

そんなあなたの悩みにお答えします。

 

野鳥」と一口に言っても、色々な野鳥がいます。

 

カモや、タカなどの猛禽類、コマドリのような小鳥類など。

 

野鳥撮影用にカメラを選ぶ際、人馴れした公園の鳥たちのみを撮る場合を除いて、一番に重視すべき機能があります。

 

それが「望遠機能」。

 

特に野鳥観察初心者にとっては特に重要で、未来の野鳥撮影効率は全く違うものになります

 

僕はネイチャーエンジニアの亀田です。

 

年間100回以上全国各地で生き物観察をし、様々な野鳥を撮影してきました。

 

今回は、過去の僕のように、カメラの選び方がよく分からない方に向けて、カメラ選びでは「望遠機能」にこだわるべき理由を紹介します。

 

 

カメラ選びでは「望遠機能」にこだわるべき理由

f:id:kkamedev:20180730150120j:plain

あなたが撮影したい野鳥たちは、どれくらい遠くにいるでしょうか?

 

小鳥達でも10mくらいの距離かもしれません。

 

猛禽達は最低30mくらいの距離、100m以上という場合も普通にあります。

 

そう、野鳥を撮るのに望遠機能が大事な理由は「野鳥は遠くにいるから」。

 

望遠機能が弱いカメラだと、せっかく鳥を見つけても、撮影できない可能性が高いです。

 

想像してみてください。

 

あ、図鑑で見たことのあるあの鳥だ!
でも、もう少し近づかないと撮れないな〜

そろ〜り…

あ!逃げちゃった…

 

カメラによっては、これが繰り返されるのです。

 

というか実は、これは昔の僕の姿です。

 

野鳥撮影を始めてから半年間、僕は普通のデジカメを使っていました。

 

その時は、たまたま近づけた鳥しか撮れませんでした。

 

唯一撮れた猛禽は、トビです。

 

トビ

 

でも、当時はそういうものだと思っていました。

 

「鳥って難しいんだな。じゃあ、虫を撮ろうっと」

 

という感じ(笑)

 

ココが重要なポイントです。

 

初心者が望遠機能が弱いカメラを持つと、撮影の経験をする機会が激減します

 

そうなると、野鳥への興味は膨らみません

 

なぜなら、

  • 撮影対象範囲内で探してしまう → 野鳥を見つけられない
  • 野鳥を見つけた時は大体警戒されてる → 逃げられる
  • 撮影経験が増えない → 撮影技術が上がらない
  • 撮影できない → 面白くない

 

完全に悪循環です。

 

英語の勉強も、スポーツも、プログラミングだって、練習量がモノを言います。

 

カメラも全く同じです。

 

初心者ほど多く打席に立ち、経験を積む必要があるのです

 

これを解決するのはズバリ、望遠機能が良いカメラを持つことです。

 

撮影対象になる鳥が広がり経験を積むことで、

撮影技術が上がる

撮影が楽しくなる

ただ撮るだけじゃなく、背景や季節を考えて撮影できるようになる

のように好循環になっていくのです。

 

僕自身、野鳥に夢中になったのは、望遠機能のカメラに変えてから。

 

そしたら今までスルーしていた鳥も視界に入るようになりました。

 

また、撮影できなくて悔しい思いをすることも起きました。

 

でも、以前は撮影にチャレンジすることすらできていませんでした

 

打席に立つ経験を繰り返して野鳥のことを知ると、さらに野鳥を知りたくなって色々な場所に出かけました。

 

その結果、経験値が上がって以前より撮影技術も上がっていったのです。

 

まとめると、

・初心者は撮影の練習が必要

・撮影チャンスを増やす必要がある

「望遠機能」にこだわるべき

なのです!

 

望遠機能を持つカメラの具体例

ここまで述べてきた「望遠機能」の具体例を見てみましょう。

 

以下は僕も使っている、望遠機能に優れたコンパクトデジタルカメラ、COOLPIX P900 です。

 

このカメラの最大な特徴は、「超高倍率ズーム」。

 

超高倍率ズームはこんなにすごい

その性能は、83倍ズーム、35mm版換算で最大2000mmです。

 

この数字が大きいほど望遠なわけです。

 

例えば、一眼レフカメラの超望遠レンズは、800mm程度。

 

2000mmというのは、超望遠レンズをはるかにしのぐとんでもないものなんです。

 

こんなカメラは他にありません。

 

ちなみに、一眼レフの有名メーカーの超望遠レンズは、その値段も超高額

 

100万円以上するものもあります。(ちなみに COOLPIX P900 は5万円くらいです)

 

野鳥の飛翔姿を美しく撮りたい」といった場合は本格的な一眼レフが必要かもしれませんが、このようなケースでない場合、このカメラで必要十分な機能を備えています。

 

さあ、本題の望遠機能の凄さを見てみましょう。

 

↓ズーム無しの状態。これが…

f:id:kkamedev:20180905205332j:plain

 

↓こんなことに!カワセミがいたのでした!

f:id:kkamedev:20180905205445j:plain

 

↓さらに電子ズームMAXすると、こんなことに!

f:id:kkamedev:20180905205558j:plain

 

電子ズームまでフルで使うと流石に画質に問題が出てきますが、電子ズームを使わないところまでであれば綺麗な写真が撮影できます。

 

ちなみに、このカメラは「月のクレーターまで撮影できる」とアピールもしています。

 

このカメラがあれば、視界に入るほとんどのものは撮影対象にできてしまうでしょう。

 

コンデジカメラの比較記事も書いていますので、こちらもどうぞ↓

 

※現在僕はP900の次機種のP950を使っていて、レビュー記事も書いているのでぜひご覧ください。

 

おわりに

  • 「望遠機能」の強いカメラだと撮影対象となる野鳥が増える
  • その結果、撮影技術が高まり、野鳥撮影がもっと楽しくなる
  • 超高倍率ズームの実力

をお伝えしてきました。

 

望遠機能の強いカメラを持つと、肉眼で見えるほぼ全ての野鳥が撮影ターゲットになります。

 

僕はもう、普通の望遠レンズには戻るのには非常に抵抗があります。

 

カメラ選びの際は、ぜひ参考にして見てくださいね。

 

合わせて以下の記事もどうぞ↓

写真撮影を上達させたい!

ストアカの写真講座を受講してみた【カメラの技術をピンポイントで学ぶのにオススメ】