ネイチャーエンジニア いきものブログ

虫・鳥などの動植物の魅力や知識など、自然観察をもっと楽しむための情報を発信します。

幼虫は熊毛虫(クマケムシ)!「ヒトリガ」の特徴と種類を紹介

ヒトリガ 幼虫

うわー、すごい姿の毛虫がいる!

この毛虫、やっぱり毒あるの!?

こんな疑問にお答えします。


上の写真の毛虫は、ヒトリガの幼虫です。


毛むくじゃらのその姿から、熊毛虫(クマケムシ)とも呼ばれています。


その見た目から苦手な人も結構いると思います。


しかし、上の写真の毛虫に毒はありません


彼らに触ってもケガもしないし、はれたりするようなことはなく、むしろモシャモシャした毛並みは触り心地が良いくらい笑

※ 皮膚が弱い方はかゆみが出たりすることがあるようです


彼らの本当の姿を知ると、実は嫌いになるような理由はほとんどないかもしれませんよ!


僕はネイチャーエンジニアの亀田です。


年間100回以上全国各地で生き物観察をし、様々な虫に出会ってきました。


そんな虫好きの僕が、ヒトリガの特徴と魅力を紹介します。




 

ヒトリガの特徴と魅力

スジモンヒトリ

ヒトリガは、チョウ目ヒトリガ科ヒトリガ亜科というグループに含まれる虫たち。


僕が思う、ヒトリガの魅力は大きく2つ。

1. 幼虫の姿は毛虫型【クマケムシ】
2. 幼虫と成虫の姿のギャップ


1. 幼虫の姿は毛虫型【クマケムシ】

ヒトリガの幼虫の姿は毛虫(ケムシ)型。


しかもかなり毛むくじゃらの、かなりの剛毛タイプが多い笑


こんな毛むくじゃらの毛虫は、その熊のような姿から「熊毛虫(クマケムシ)」と呼ばれたりします。


熊毛虫(おそらくシロヒトリ)

シロヒトリ 幼虫


見た目上はいかにも毒がありそうで、かぶれたり腫れたりしそうですが、上の毛虫は実は無毒


下の写真のように触っても大丈夫です。

シロヒトリ 幼虫


モシャモシャした毛は気持ちいい。哺乳類の毛皮のようでなんなら可愛いくらいです。


野生動物の世界では、戦わないことこそが最も強力な武器なので、この姿はどくがあるように見せて身を守るための「擬態」の1つなのでしょうね。


ただし、毛虫の中には本当に毒があるものもいます


似ている毛虫もいて、油断して触ると思わぬダメージを負うことになります。


彼らの見分けができない場合は、触らずに見るだけの観察のみにしましょう

2. 幼虫と成虫の姿のギャップ

先述した通り、ヒトリガの幼虫は毛深いものが多く、インパクトのある姿のものが多いです。


一方、成虫の姿は一言でいうと、とてもこざっぱりした姿になるものが多い。


熊毛虫は、その姿からイメージすると、以下のような姿になりそうなものです。


トビイロトラガ

トビイロトラガ


しかし上記はトビイロトラガという別のグループのガで、本当のヒトリガの成虫は以下。


ヒトリガの成虫(おそらくスジモンヒトリ)

スジモンヒトリ


なんと、こざっぱり。


ヒトリガ科の成虫は、幼虫の頃の姿と比べてシンプルなものが多い。


ほぼ真っ白のはねのものが複数いて、識別にはお腹の色を見る、なんてのもいるんですよ。


このようにヒトリガは、目立つ幼虫とシンプルな成虫、という姿のギャップにも注目です!




ヒトリガの種類

ヒトリガの幼虫たち

ヒトリガの幼虫たちは、インパクトのある姿のあるものが多い。


種類によって剛毛度は結構違いますが、どの種類も毛虫らしい毛を持ちます。


ヒトリガ

ヒトリガ 幼虫


シロヒトリ(多分)

シロヒトリ 幼虫


アカハラゴマダラヒトリ or キハラゴマダラヒトリ

ゴマダラヒトリ 幼虫


アメリカシロヒトリ

アメリカシロヒトリ 幼虫


上で紹介した毛虫たちは、どれも毒はありません


彼らは蛹になる前にあちこち歩き回り、道路などにも出てきてしまうので、いつも踏まれてしまわないかとヒヤヒヤします。


おかげで見つけやすく、観察もしやすいというのはあるのですが。


ヒトリガの幼虫は見分けは難しいものが多いですが、ぜひ色々なヒトリガの幼虫の姿を比べてみてください!

シンプルな姿のヒトリガ

ヒトリガの成虫は、思いの外シンプルな姿のものも多いです。


ヒトリガの中には一定数、
白いはねに黒い斑点がついている姿を持っているものがいます。


スジモンヒトリ(多分)

スジモンヒトリ


アカハラゴマダラヒトリ(多分)

アカハラゴマダラヒトリ


アメリカシロヒトリ(多分)

アメリカシロヒトリ


あれだけ毛むくじゃらだった幼虫たちがこんなシンプルな姿になるなんて、面白いですね!


ちなみにアメリカシロヒトリは名前の通り、アメリカからやってきた外来種


たまに大量発生し、樹木の葉を食い荒らします困りものとして、名前を聞いたことがある方もいるのではないでしょうか。


遠い地であるアメリカからやってきたヒトリガも、他のヒトリガとよく似た姿をしているんですね。

モンシロモドキ

モンシロモドキ

こちらは昼行性で明るい時間帯にヒラヒラと舞い、一見チョウっぽく見えます。


その姿がモンシロチョウに似ているということでモンシロモドキと呼ばれます。


モンシロモドキには黒い筋があるので、スジグロシロチョウの方が似ているかもしれませんね。


ちなみに以下がスジグロシロチョウ。


スジグロシロチョウ

スジグロシロチョウ 春型


なるほど確かに似ていると言えば似ている…かもしれません。


ともかくヒトリガには、こんな個性派もいるんですね!

ヒトリガのようなかわいい毛虫をもっと知る方法【イモムシ・ケムシの図鑑】

ヒトリガの幼虫の姿はなかなかインパクトがある幼虫です。


しかし、先述したように彼らは実はかわいい毛虫でした。


しかしながら、実際には似た姿で毒を持つものもいて、見た目では毒があるか判断できない虫は多くいます。


そんなイモムシたちの情報を知るのにおすすめなのが、以下の「イモムシ ハンドブック」シリーズ。


この本には、イモムシたちの姿や特徴だけでなく、虫ごとの毒の有無も記載されています。


さすがに全てのイモムシは載っていませんが、この図鑑のイモムシたちを知ることで注意すべきイモムシ・ケムシの傾向は分かってくるはずです。


そういう目的でなくとも、多様なイモムシたちを眺めるだけでもとっても楽しいので、オススメの本です!


その他の幼虫図鑑は以下をどうぞ↓


ヒトリガに関連する虫たち

イモムシ・ケムシ(チョウ・ガの幼虫)

ナミアゲハ 終齢幼虫


同じ分類に属する虫たち

ナミアゲハ

チョウ目 > ヒトリガ科

※リンクから各分類の紹介を見ることができます。

おわりに:知ることで熊毛虫(クマケムシ)も好きになれる!

ヒトリガの幼虫は、そのインパクトのある姿から、嫌われがちな虫でもあります。


しかし彼らが毒を持たないと知ると、その姿をじっくりと観察することができます。


そうすると不思議と彼らが可愛く見えてくるものです。


というのも、実は僕も今のように生き物観察をする前、彼らが無毒だと知らない時はやはり怖がって積極的に近付かなかったのです。


しかしやはりよく見てみないとその魅力は分からないもの。


彼らをよく観察したり、たまには触れてみたりすると、とても親しみが湧いてくるのです。


この記事を読んだあなたに少しでも、彼らの魅力が伝わると嬉しいです!


合わせて以下もお読みください↓

「他の虫の紹介」を読みたい方はこちら!

虫の魅力紹介まとめ【甲虫目、チョウ目など分類ごとに紹介】

「昆虫観察」について知りたい!

昆虫観察の始め方【観察に必要な知識・道具などを紹介】