ネイチャーエンジニア いきものブログ

虫・鳥などの動植物の魅力や知識など、自然観察をもっと楽しむための情報を発信します。

ミヤコドリはオレンジ色のユニークなくちばし!呼び名はニンジン

ミヤコドリ

あ、個性的なオレンジ色のくちばしの鳥がいるよ!

この鳥ってどんな鳥 ?

こんな疑問にお答えします。


写真の鳥は、ミヤコドリ


白黒のモノトーンの羽で、オレンジ色の長いくちばしを持つ、ユニークな姿の鳥です。


ミヤコドリには、その姿から「ニンジン」という呼び名も。


ミヤコドリは旅鳥・冬鳥として干潟や海岸で見られますが、「東京湾」では冬に多くの個体を見ることができます!


僕はネイチャーエンジニアの亀田です。


年間100回以上全国各地で生き物観察をし、様々な野鳥に出会ってきました。


そんな鳥好きの僕が、ミヤコドリの特徴と魅力を紹介します。




 

ミヤコドリのユニークなオレンジ色のくちばし

ミヤコドリは「チドリ目ミヤコドリ科」というグループに属する鳥で、日本で見られるミヤコドリ科の鳥はこの1種のみです。


ミヤコドリの姿で最も特徴的なのが、なんといっても”オレンジ色のくちばし”。


その細長い形と色味から、ミヤコドリは「にんじん」と呼ばれることがあります。


にんじんと呼ばれることもあるミヤコドリ
ミヤコドリ


誰がにんじんと呼び始めたのかは分かりませんが、実に的確な表現だと思います。


僕は本物のミヤコドリを見てからその表現を改めて聞いたとき、「そう言われると、もうにんじんにしか見えない」となってしまいました笑


にんじんのくちばし意外にも、白黒のモノトーンのはねも実に素敵。


さらに全長45cmと他のチドリ類に比べるとサイズも大きく、存在感のある鳥です。


モノトーンのはねも美しい
ミヤコドリ


とってもユニークな姿なので、一度で覚えられるインパクトのある鳥です!

ミヤコドリの英名「Oystercatcher」もくちばしが関係

ミヤコドリの英名は「Oystercatcher」と言います。


これは日本語に訳すと「カキを捕らえるもの」という意味。


この英名の由来にも、特徴的なくちばしが関係しています。


ミヤコドリは、"カキのような二枚貝"を好んで食べます。


その時に役立つのが、にんじん姿の長いくちばしであり、貝にくちばしを差し込むのに適しているのですね。


ミヤコドリに出会った時は、「くちばしの使い方」にも注目です!




ミヤコドリと東京湾

ミヤコドリを漢字で書くと「都鳥」。


名前の通り、「東京湾」でも多く見ることができます。(※)

※ミヤコドリの和名と東京湾には関連ありません。由来は諸説あるようです


以下は「三番瀬」という東京湾に接する干潟で撮影したものですが、ミヤコドリがずらり。


三番瀬のミヤコドリ
ミヤコドリ 三番瀬 東京湾


しかし実は、ミヤコドリの飛来は全国的には局地的


僕はミヤコドリは東京湾以外では、北海道や千葉の海岸などで見たことがありますが、いずれも少数。


これほど多くのミヤコドリを見られるなんて、びっくりです!


東京湾は国内でも特別ミヤコドリが多く集まる場所で、実は超希少な場所なのです。


また少し補足すると、ミヤコドリは、日本には「旅鳥」と「冬鳥」の2パターンがあります。


旅鳥は「繁殖地と越冬地の間の移動中に立ち寄る」パターンで、冬鳥は「その土地で越冬する」パターン。


旅鳥はあくまで立ち寄りなので短い期間しか見られないのですが、東京湾のミヤコドリは「冬鳥」。


そのため、冬の間の一定期間、ミヤコドリを観察するチャンスがあるのです。


この希少な環境である三番瀬ですが、実はかつて埋め立て計画があった場所でした。


しかし2001年、この埋め立て計画は、地元住民の反対運動などによって中止。


もし埋め立てが行われていたら、現在のように東京湾で多くのミヤコドリの姿を見ることはできなかったかもしれません。


ただ現状も周囲の埋め立てや都市化などによる影響もあるようで、環境悪化の危機は続いているとのこと。


現在は三番瀬の再生事業も行われていますが、まだまだ課題も多い状況のようです。


ミヤコドリを含む干潟の生き物たちが多くが生活するこの希少な環境を、今後も守っていきたいものです。


ミヤコドリと同じ分類に属する鳥たち

イカルチドリ

ミヤコドリはチドリ目ミヤコドリ科に属する鳥。同じ分類の鳥たちを以下で紹介しています。


[チドリ目]
チドリ目の野鳥まとめ|ユニークな水鳥を多く含むグループ

[ミヤコドリ科]


おわりに:ミヤコドリを観察してみよう!

ミヤコドリはとってもユニークな姿を持つ魅力的な鳥です。


姿だけでなく、えさを探す行動や、チドリのような歩き方など、行動の観察もとても面白い鳥。


もし関東付近にお住まいであれば、地元住民たちの努力によって守られた「三番瀬」で出会うことができるので、ぜひ一度観察してみてください!


野鳥撮影を体験できるゲームアプリも配信中!こちらもぜひ、遊んでみてください↓


■ 鳥マスター!

かわいい鳥たちが登場する、野鳥撮影が体験できるゲーム。

鳥マスター!

f:id:kkamedev:20180714123115p:plain f:id:kkamedev:20180714123127p:plain


他の鳥の紹介、鳥ゲーム・アプリ、野鳥観察、用語解説などに関する記事はこちらから↓

鳥に関連する記事まとめへ