ネイチャーエンジニア Blog

全国各地で年間100箇所以上探索するフリーランスITエンジニアが、自然をもっと楽しむための情報を発信。


TOP | 自己紹介 | アプリ・ゲーム | 


"渡り"を制する者は野鳥観察を制す!季節と野鳥の関係を知ろう!

渡り鳥

ネイチャーエンジニアの亀田です。

 

渡り」は多くの野鳥たちが行う習性です。

「渡り鳥って言葉はよく聞くけど、実際よくわからない」

 

と言う方に、渡りという言葉について解説します。

 

渡りを理解していることで、野鳥観察より深く楽しむことができます!

 

その理由も解説していきますよ! 

 

■ 目次

 

野鳥の習性"渡り"とは

野鳥の渡りのことをすごく端的に言うと、季節に応じて遠距離を移動する行動のことです。

 

どれくらい遠距離かというと、鳥によってどこからどこに移動するかは変わりますが、日本で見られる渡り鳥は、北はロシアのシベリア、南はインドネシアなどから渡ってきます。

 

インドネシアのジャワ島まで渡る場合、往復で2万2000キロも移動するとのことです。

この距離を自力で飛んで渡るのですからすごいものです。

 

人間がこの距離を時速4キロの速さで移動した場合、なんと15年掛かる計算になります!

 

とんでもない距離ですね!

 

この「渡り」という習性は、鳥を深く知るための重要なキーワードになります。

 

なぜなら日本で見られる野鳥の半分以上が渡りをするからです。

 

渡りをする鳥のことを渡り鳥といいますが、その中でも渡りの仕方によって夏鳥・冬鳥・旅鳥に分けられます。

 

ちなみに、夏や冬という季節は他の国にもありますので、この用語の季節は日本基準です。

 

日本で夏に見られる=夏鳥、と言った具合です。

 

それでは、夏鳥・冬鳥といった用語について解説していきます。

 

夏鳥

日本において夏に見られる鳥のことです。

 

冬の寒い時期は東南アジアなどの南の国で過ごし、春〜初夏の時期になると日本にやってきて繁殖活動をします

 

なので日本では夏に、繁殖活動をする為の求愛行動が観察できるのが魅力です。

 

求愛行動の1つである、さえずりできれいな声を聞かせてくれるのは、この夏鳥たちですね。

 

夏鳥には、オオルリやキビタキ、カッコウなどがいます。

 

キビタキ 

夏鳥キビタキ

 

冬鳥

日本において冬に見られる鳥のことです。

 

夏の暑い時期はロシアのシベリアなどで過ごし、晩秋〜冬の時期になると日本にやってきて越冬をします

 

この時期は、冬は樹木の葉が落ちて、樹上で暮らす野鳥たちも観察しやすい季節です。 

 

冬鳥には、カモ類やジョウビタキ、ツグミなどがいます。

 

コガモ

冬鳥コガモ

 

旅鳥

日本では繁殖も越冬もせず、通過する鳥のことです。

 

春と秋、南北への移動途中に見られます。

 

この旅鳥は出会う時期により、姿が違うのが魅力です。

 

春に出会った時は「夏羽」、秋に出会った時は「冬羽」の姿見られるのです。

 

旅鳥には、シギ・チドリ類がいます。

 

ソリハシシギ

旅鳥ソリハシシギ

 

留鳥

今までは渡り鳥のことでしたが、留鳥とは渡りをしない鳥のことです。

 

渡りをしないので、越冬も繁殖期も含めて1年中観察することができます

 

限られた地域や離島などの島にしか生息しないような固有種も留鳥になります。

 

留鳥には、スズメやメジロ、カラ類やセキレイ類がいます。

 

メジロ

留鳥メジロ
 

野鳥の渡りを理解することがもたらす2つの良いコト

このような野鳥の「渡り」という習性ですが、渡りは大変な労力を使う上に、大きなリスクも伴います

 

渡りの途中で嵐に襲われるかもしれません。

渡りで疲弊している所に天敵が襲ってくるかもしれません。

渡った先が昨年と同じように過ごしやすい場所という保証はありません。

 

この「渡り」という行動によって失ってしまう命もたくさんあります。

 

なぜそんなリスクを冒して渡りをするのか、最新の科学でも実はまだよく解明されていません

 

だけど、野鳥は毎年「渡り」という行動を取るのです。

 

この毎年規則的に行う行動を知ることは、野鳥観察をより楽しませてくれます。

 

これから、その2つの良いコトをご紹介します。

 

1. 季節の移り変わりを体感できる

生き物の季節を感じ取る力はとても優れています。

 

野鳥もそれに違わず、季節の変化を敏感に感じ取って渡りを開始するのです。

 

===

 

春の最初にやってくるのはツバメです。

3月後半〜4月頃に一番乗りで飛来します。

 

桜が散って4月後半、初夏が近づいてくると、計ったようにキビタキやオオルリが飛来してきれいなさえずりを聞かせてくれます。

 

5月になると、夏鳥の後発隊、ホトトギスが渡来して夏鳥が勢ぞろいします。

 

繁殖が終わって、日本から越冬地に帰る時も季節の進みに沿って離散していきます。

 

===

 

日本の季節と言うと、四季という言葉が使われますが、一方で六季あるという見方もあります。

 

「早春」「春」「初夏」「夏」「秋」「冬」

 

です。

 

野鳥を観察しているとこれを体で理解することができます。

 

同じ「夏」でも、夏鳥が次々と渡来し始める「初夏」と、猛烈な日差しが降り注ぎ繁殖期が終わった鳥たちが日陰で静かに過ごす「真夏」は明らかに別の季節であると感じます。

 

生き物の世界には、人間がおおざっぱに分けた四季以外の季節の区分が明らかに存在するのです。

 

何気なく季節を過ごしていると、その区分を感じ取ることは難しいのですが、1年を通して野鳥を観察し、鳥の行動を把握してくると、そのような季節の移り変わりを肌で感じて楽しむことができるのです。

 

2. 渡り鳥の行動を理解することで探鳥の効率が上がる 

渡りの習性を理解する=野鳥が今どこにいるかが分かる、ということです。

 

「この公園でキビタキが見られるって聞いたけど、どこを探してもいないよ!」 

 

といった経験がある方、探している時期はいつでしょうか?

 

鳥の渡りのスケジュールを把握することで、高確率で鳥に出会うことができます。

 

野生の生き物の行動は思っている以上に正確なので、少しでも時期がずれると全然見つからなかったりします。

 

日本に渡来するタイミングも、「去年もほぼ同じ日に見てた!」といった感じに、例年とほぼ同じことが多いです。

 

例えば、あの鳥は昨年あの公園に◯月の×週目にいたから、今年も同じタイミングで行ってみよう!

 

とするとかなり高確率で出会えるはずです。

 

その経験値が溜まっていくと、渡り鳥との遭遇率はどんどん上昇していくでしょう。

 

「渡り」を理解することは、野鳥観察に大変有利なのです。

 

 おわりに

渡り」についての紹介してきました。

 

渡りを知ることで、季節を肌で感じることできる上に、野鳥観察も捗るのです。

 

さらに言うと、渡りを理解して野鳥の行動を把握した後、さらに楽しめる段階になっていきます。

 

野鳥の行動を理解すると、次は野鳥の考えや気持ちを想像するようになってきます

 

「来週この辺りに来るだろうから、今はこの辺りを頑張って飛んでるのかな」

「もうそろそろ繁殖地に帰る頃だよね。だから今はたくさん食べて体力を蓄えてるのかな」

 

などと「鳥の気持ちや考え」を想像し始めると、より鳥が愛おしく見え、そういう目で観察することで学びや発見もより深いものになっていきます。

 

"渡り"を制して、野鳥観察をより奥深いものにしましょう!

 

関連記事

www.nature-engineer.com