ネイチャーエンジニア いきものブログ

虫・鳥などの動植物の魅力や知識など、自然観察をもっと楽しむための情報を発信します。

渡り鳥とは?野鳥観察用語「冬鳥」「夏鳥」「留鳥」について解説

渡り鳥

渡り鳥って聞くけど、イマイチよくわかってない…。

わかりやすく教えて!

こんな疑問にお答えします。

 

ネイチャーエンジニアの亀田です。

 

実は、僕も「渡り鳥」という言葉をちゃんと理解したのは、野鳥観察を始めてから

 

有名な曲のタイトルとかになっていて、言葉だけは知っていたのですが笑

 

でも、野鳥観察する上で超大切な言葉であることはもちろんですが、野鳥観察しなくても野鳥の世界を覗ける重要なキーワード

 

知っていて決して損はないと思います。

 

ということで今回は、

  • 渡り鳥
  • 冬鳥
  • 夏鳥
  • 留鳥

といった言葉について解説します。

 

 

 

 

渡り鳥って何?

f:id:kkamedev:20180807161123j:plain

渡り鳥 = 「渡り」をする鳥のこと。

渡り = 季節に応じて遠距離を移動する行動のこと

 

例えば、日本に渡ってくる野鳥たちは、

  • 冬に日本に渡ってくる野鳥 = ロシアのシベリアなど
  • 夏に日本に渡ってくる野鳥 = 東南アジア(インドネシアなど)

からやってきます。

 

日本からインドネシアのジャワ島まで渡る場合、往復で2万2000キロも移動するとのことです。

 

人間がこの距離を時速4キロの速さで移動した場合、なんと15年掛かる計算になります。

 

とんでもない距離ですね!しかも、この距離を自力で飛んで渡るのです。

 

冒頭でも少し触れましたが、この「渡り」という習性は、鳥を深く知るための重要なキーワード。

 

なぜなら、日本で見られる野鳥の半分以上が渡りをするからです。

 

また、渡り鳥はその中でも渡りの仕方によって以下の3つに呼び分けられます。

  • 夏にやってくる = 夏鳥
  • 冬にやってくる = 冬鳥
  • 日本を通過する = 旅鳥

 

ちなみに、「夏鳥」「冬鳥」などは、その地点基準での飛来時期によって決まります。

 

例えば、アオジという小鳥も渡り鳥です。

 

アオジ

アオジ

アオジは夏は北海道にいるのですが、冬は関東などの南に渡ってきます。

 

つまり、アオジは関東では「冬鳥」ですが、北海道では「夏鳥」なのです

 

夏鳥とは

夏に見られる鳥のことです。

 

日本の夏鳥は、冬の寒い時期は東南アジアなどの南の国で過ごし、春〜初夏の時期になると日本にやってきて繁殖活動をします

 

なので日本では夏に、繁殖活動をする為の求愛行動が観察できるのが魅力です。

 

求愛行動の1つである、さえずりできれいな声を聞かせてくれるのは、この夏鳥たちですね。

 

夏鳥には、オオルリやキビタキ、カッコウなどがいます。

 

キビタキ 

夏鳥キビタキ

 

冬鳥とは

冬に見られる鳥のことです。

 

日本の冬鳥は、夏の暑い時期はロシアのシベリアなどで過ごし、晩秋〜冬の時期になると日本にやってきて越冬をします

 

この時期は、冬は樹木の葉が落ちて、樹上で暮らす野鳥たちも観察しやすい季節です。 

 

冬鳥には、カモ類やジョウビタキ、ツグミなどがいます。

 

コガモ

コガモ オス 繁殖羽

 

旅鳥とは

繁殖も越冬もせず、その地点を通過する鳥のことです。

 

日本では春と秋、南北への移動途中に見られます。

 

この旅鳥は出会う時期により、姿が違うのが魅力です。

 

春に出会った時は「夏羽」、秋に出会った時は「冬羽」の姿が見られるのです。

 

旅鳥には、シギ・チドリ類がいます。

 

ソリハシシギ

旅鳥ソリハシシギ

 

留鳥とは

今までは渡り鳥のことでしたが、留鳥とは渡りをしない鳥のことです。

 

渡りをしないので、越冬も繁殖期も含めて1年中観察することができます

 

限られた地域や離島などの島にしか生息しないような固有種も留鳥になります。

 

留鳥には、スズメやメジロ、カラ類やセキレイ類がいます。

 

メジロ

留鳥メジロ
 

野鳥の渡りという行動の謎

野鳥の「渡り」について説明してきましたが、野鳥たちがこの行動をする理由については、実はまだちゃんと解明されていません

  • 生活しやすい環境に移動している
  • 繁殖に適した豊富な餌がある場所に移動している

など、関係はありそうですが、留鳥のように渡りをしない鳥がいたり、冬鳥と夏鳥が明確に繁殖地を分けているなど、色々と説明のつかないこともあります。

 

さらに渡りは、大変な労力を使う上に、大きなリスクも伴います

  • 渡りの途中で嵐に襲われるかもしれない
  • 渡りで疲弊している所に天敵が襲ってくるかもしれない
  • 渡った先が昨年と同じように過ごしやすい場所という保証はない

 

この「渡り」という行動によって失ってしまう命もたくさんあります。

 

なぜそんなリスクを冒して渡りをするのか?

 

だけど、野鳥は毎年必ず「渡り」します。

 

まだまだ自然の生き物たちには、たくさんの謎とロマンが残されていますね。

  

 おわりに

「渡り」を理解すると、日本という場所に留まらずに野鳥をみられるようになります。

 

僕は先日マレーシアに行ってきました。

 

すると、「日本に来る夏鳥たちはこういう環境からやってきているのか。ここから日本に来た時に、どういう気持ちなんだろう」 と、渡りを知ってるからこそ思うことがあります。

 

だって、日本で見られる夏鳥の行動は、たった半分でしかないのです。

 

その夏鳥に興味を持ったら、「もう半分をいつか見てみたい」と思いませんか?

 

そういう風に思うと、いつか行きたい場所がどんどん増えて行き、夢がどんどんと広がっていくのです。

 

渡りの知識を野鳥観察に活かす方法は、以下の記事で紹介していますので、こちらもぜひどうぞ!

 

今回の記事が、あなたの未来をさらに広げるきっかけになれば嬉しいです。

 

合わせて以下の記事もどうぞ↓

野鳥観察を始めたい!

野鳥観察(バードウォッチング)の始め方。必要な装備と観察に役立つ知識を紹介

鳥を楽しむための情報・グッズを知りたい!

鳥を楽しむ情報・グッズまとめ【本、アプリ、グッズなど】

鳥に関する他の記事を見る

「鳥」カテゴリーの記事一覧

 

では、また。