ネイチャーエンジニア Blog

全国各地で年間100箇所以上探索するフリーランスITエンジニアが、自然をもっと楽しむための情報を発信。


TOP | 自己紹介 | アプリ・ゲーム | 


野鳥観察入門まとめ 〜未経験から初級者への道〜

ネイチャーエンジニアの亀田です。

 

この記事では、野鳥観察未経験者が初級者にレベルアップするために必要な情報を、レベル別に紹介していきます。

 

■ 目次

 

レベル0:野鳥観察に興味あり

1. 野鳥観察の魅力を知ろう!

f:id:kkamedev:20180604221547j:plain

>> 野鳥観察の魅力とは?動物園や猛禽カフェとの違い

 

■ ポイント

  • 野鳥観察では「姿」だけでなく、「鳴き声」「行動」などを楽しむこともできる
  • 野鳥観察について、動物園などとの違いは「野生の姿」を見れること

 

レベル1:野鳥観察未経験者

1. 近くの公園に野鳥観察に行ってみよう!

f:id:kkamedev:20180606143156j:plain

>> 野鳥観察初心者はどこに出かければいい?まずは近くの公園に行ってみよう!

 

■ ポイント

  • 都内の公園にも15-20種類の魅力的な野鳥がいる
  • 公園で野鳥を探すポイントを知っておこう

 

レベル2:野鳥観察開始

1. 見つけた野鳥のことを調べてみよう!

f:id:kkamedev:20180613204404j:plain

>> 鳥の名前を知りたい!初心者にオススメの野鳥図鑑・Webサイト

 

■ ポイント

  • 野鳥観察において図鑑は強力な味方である
  • Webサイトは図鑑の補助的なツールとして使う

 

2. 見つけた野鳥の姿を写真に残そう!

f:id:kkamedev:20180605002750j:plain

>> 野鳥撮影を楽しむ!カメラを使ったバードウォッチング

 

■ ポイント

  • 野鳥撮影は、「どんなテーマで撮影するか」によって色々な楽しみ方ができる
  • 撮影した写真を使って自己表現や他のバードウォッチャーとの交流ができる

 

3. 野鳥を大切にできるバードウォッチャーになろう!

f:id:kkamedev:20180612124150p:plain

>> 野鳥の命を奪わない為に知っておくべき野鳥観察のマナー

 

■ ポイント

  • 野鳥観察のマナーの意義は「野鳥を守るため」「トラブルを避けるため」
  • 先輩のバードウォッチャーの行動で初心者がマナーを守るかどうかが決まる
  • 未来の野鳥を守るためには、リスクを避けるだけでなく人と野鳥の関わりを繋げて行くことが大事

 

レベル3:野鳥観察初心者

1. 公園以外の場所に野鳥観察に行ってみよう!

f:id:kkamedev:20180620170213j:plain

>> 野鳥はどんな場所で観察できる?野鳥観察初心者が知っておきたい野鳥が好む環境

 

■ ポイント

  • 自然がある場所になんとなく行っただけだと思ったように野鳥に出会えない
  • 野鳥がどういう環境を好むかを知ることで出会える確率が上がる
  • 環境にも旬があり、同じ環境でも季節によって出会える野鳥が違う

 

2. 「渡り」を意識して野鳥観察してみよう!

f:id:kkamedev:20180615013443j:plain

>> "渡り"を制する者は野鳥観察を制す!季節と野鳥の関係を知ろう!

 

■ ポイント

  • 日本で見られる野鳥の半分以上は「渡り」をする
  • 渡りを理解すると、季節の移り変わりを体感できる
  • 渡りを理解すると、探鳥の効率が上がる

 

おわりに

これらの記事を読んで実際に野鳥観察に応用できたら、立派な初級者です!

 

でも、まだまだ野鳥観察の最初の扉を開いたばかり。

これからもさらなる野鳥があなたとの出会いを待っていますよ!

 

関連記事

www.nature-engineer.com