ネイチャーエンジニア いきものブログ

虫・鳥などの動植物の魅力や知識など、自然観察をもっと楽しむための情報を発信します。


TOP | 自己紹介 | 運営者のアプリ・ゲーム | 運営者の本


野鳥のことを勉強したい!野鳥好きがオススメする図鑑・Webサイト

アオアシシギ

この前森の中で綺麗な鳥を見た!

もっと鳥のことを勉強したいけど、たくさん図鑑があって悩む…。

おすすめの図鑑を知りたいな。

 

こんな悩みを解決します。

 

僕はネイチャーエンジニアの亀田です。

 

僕は年間100回以上、全国の様々な場所に野鳥観察に行きます。

 

野鳥観察って、鳥のことを知れば知るほど楽しくなる趣味なんです。

 

山や森を歩いていて、綺麗な鳥が見つけられるようになると、とっても楽しくなると思いませんか?

 

特に僕が野鳥観察を始めた頃は、スズメくらいしか知らず、何か鳥に出会うたびに調べてました。

 

関連: スズメに似た身近な野鳥たち。その特徴と見分け方まとめ

 

でも、鳥のことを知って、見つけられるようになってから、色んな自然のある場所に行くのがとっても楽しくなりました。

 

そんな時、野鳥を勉強するための味方が「図鑑」「Webサイト」

 

僕は海外の野鳥用のものも含め、10冊以上野鳥の本を持っています。

 

今回は、僕が使った経験をもとに、おすすめの図鑑・Webサイトをご紹介します。

 

 

 

■ 目次

 

野鳥図鑑は、野鳥の名前の識別の最強ツール

野鳥を調べる上では、「野鳥図鑑」が欠かせません。

 

目的が国内の野鳥の識別なら、最低1冊あればほとんどの野鳥の識別ができます。

 

これは、「野鳥図鑑」の特徴です。

 

なぜなら、日本で記録された野鳥は600種〜700種です。

 

本によっては、1冊の図鑑のみで網羅しているものがあります。 

 

図鑑なんだから、全ての情報がまとまってるのが普通なんじゃないの?

 

と思うかもしれません。

 

しかし、例えば昆虫図鑑ではそうはいきません

 

なぜなら、昆虫は日本だけでも3万種類がいると言われており、とても1冊の本では網羅できません。

 

関連: 見つけた虫を識別したい!虫の名前を調べる3つの方法

 

ということで、野鳥図鑑は野鳥の名前を調べる上で非常に強力な武器になります

 

しかし、種数は1冊でカバーできたとしても、全てを備えた完璧な図鑑はありません

 

なぜなら、野鳥は

 

  • 季節によって姿が変わる(夏羽・冬羽など)
  • オスとメスで姿が違うものが多い
  • 地域ごとに亜種があるものもいて、姿が異なる

 

などがあるからです。

 

なので各図鑑には長所・短所があり、それを押さえて図鑑選びをする必要があるのです。

 

野鳥の勉強にオススメの図鑑

今回は、野鳥の勉強にオススメの図鑑を3つ紹介します。

 

1. ぱっと見わけ観察を楽しむ 野鳥図鑑

楽しみながら野鳥のことを知るのにオススメの図鑑です。

 

理由は、野鳥の習性や生態についての解説が豊富なためです。

 

掲載種数が多い図鑑では、外見的特徴に留まるほか、1種ごとの解説が少なくなりがち。

 

例えば、

 

「留鳥として本州から九州の草原に生息する。頭部に白い紋があり、…」

 

こんな感じです。

 

それに対して、この図鑑のフクロウの説明では、

 

「森の賢者と呼ばれる。ハート形の顔でおなじみのフクロウ類。…」

 

親しみやすい文章で鳥を紹介してくれます

 

さらに、鳥の行動や習性の魅力も多く掲載しています。

 

さらに、シラサギなど識別の難しいグループについて、見分けポイントの解説を特集しています。 

 

鳥のことがもっと好きになれる図鑑です。

 

ちなみに僕はこの本を読んで、ケリという鳥が「ケリッ」と鳴く事を知り、冬の田んぼを歩き回った記憶があります笑

 

短所は、掲載種数が300種程度と少ないこと。

 

身近な野鳥であれば問題ないですが、固有種なども含めて識別したいという方はこれでは足りないかもですね。 

 

価格は1,500円程度。

 

野鳥を外見だけでなく、中身や習性も知りたいと言う方は、ぜひこの図鑑をどうぞ。 

 

2. 日本の野鳥650

日本の野鳥をコンプリートしたい目標があるならこの一冊!

 

この図鑑のオススメポイントは以下の通り。

 

  • 日本で記録された野鳥650種が掲載されている
  • 各野鳥の外見的特徴と類似種との識別ポイントが詳しく紹介されている
  • 全ての種でイラストではなく写真が掲載されている
  • 亜種の情報も載っている

 

特に亜種の写真が細かく掲載されている図鑑は、他にほとんどないと思います。

 

僕は全国各地に足を運びますが、亜種と出会うこともしばしば。

 

でも、亜種の情報ってあまり見つけられません

 

そんな亜種の情報を提供してくれるこの図鑑にはいつも助けられています。

 

短所は、 類似種との比較がしづらいこと。

 

類似種との違いは文言での説明になっています。

 

全て綺麗な生体写真を使っている分、そういった所のスペースにスペースは割けないのでしょう。

 

シギ・チドリなど、文言で識別点が理解しづらい仲間は別の図鑑と併用する必要があるかもしれません。

 

価格は4,000円程度。

 

他の図鑑よりも高めですが、それだけの情報は詰まっていますよ。 

 

3. 日本の野鳥図鑑

「野鳥が好む環境を知りたい!」という方にオススメの一冊です!

 

この本では、環境(森、干潟など)別に見られる野鳥を紹介してくれています。

 

各野鳥がどういう環境で生活していて、どういう行動を取っているのかイラスト付きで分かりやすく解説してくれています。

 

例えば、サシバという猛禽類の鳥は田園に住む鳥として記載されています。

 

解説を読むと、イラストと共に

 

  • 多様な生態系が必要
  • 田園の上空をよく飛んでいる
  • 見張り場によく止まっている
  • 区画された田んぼには少ない
  • 人工林には少ない

 

と、サシバ探しのヒントが盛りだくさん!

 

ネットでも頑張って探し集めればこれらの情報を得られるかもしれません。

 

でもこれ一冊あれば、野鳥の情報を検索する時間を削減できます

 

デメリットは、識別にはそんなに力を入れていないこと。

 

野鳥の識別目的であれば、他の野鳥図鑑が良いかもしれません。

 

価格は2,000円程度。

 

鳴き声が収録されたDVDもついていますよ!

  

野鳥のWebサイトの特徴

図鑑がそんなに優れているのなら、図鑑だけで十分じゃないの?

 

図鑑は強力なツールですが、Webサイトを図鑑のサポーター的存在として活用することでさらに識別が捗ります!

 

Webの強みは、

 

世界中の情報が拾える

無料で使える

 

この2点です。

 

野鳥観察初心者のうちは、まずは身近な野鳥を知ることが第一歩です。

 

身近な野鳥を徐々に知って行くことで、野鳥のグループの特徴が掴めるようになります。

 

そうすれば、その後珍しい野鳥を見た時に、グループの予測ができ、どんな習性を持つ鳥か理解しやすくなるからです。

 

なので、初心者は最初に掲載種数の多い図鑑を買うよりも、1種1種の野鳥の情報や魅力が多く書かれている図鑑の方がオススメです。

 

そうすると、たまに持っている図鑑に掲載のない野鳥が出てくるでしょう。

 

その時が無料のWebサイトの出番です。

 

Webサイトでは、

 

  • 野鳥情報が図鑑的に掲載されているサイト
  • バードウォッチャーのブログ(ローカルな情報/リアルタイムな情報)

 

あたりが活用しやすいです。

 

そして野鳥観察が上達して、色んな場所に出かけるようになったり、細かい情報が欲しくなった時に、網羅的な図鑑を購入するのが良いでしょう。

 

というより、毎回Webで調べるのが面倒だから図鑑買おう、ってなると思います。

 

あと、Webでは鳥の鳴き声を調べる時にも有効です。

 

鳴き声収録のDVDもありますが、毎回再生するのも面倒だったりします。

 

そんな時、Webならば手軽に確認できますよ。(オススメサイトは後述)

 

これも野鳥観察が上達すると、「もっと質の高い、網羅的な情報が欲しい」となります。

 

そうなった時は、ちゃんとした鳴き声図鑑を買ったほうが良いでしょう。

 

野鳥の勉強にオススメのWebサイト

それでは、具体的にオススメのWebサイトを紹介していきます。

 

1. BIRD FAN

日本野鳥の会が運営するポータルサイトです。 

 

なので、情報の質についてはとても信頼感がありますね。

 

各野鳥を図鑑的に紹介しています。

 

各野鳥の詳細ページでは、たくさんの野鳥の写真を閲覧することができます

 

これもページ数が限られる図鑑ではできない見せ方ですよね。 

 

データ数は少ないですが、実際にその野鳥が観察された場所を確認でき、全国における分布も確認することができます。

 

www.birdfan.net

 

2. バードリサーチ

Webサイトで鳥の鳴き声を調べるならこのサイト!

 

同じ鳥でも、「さえずり」のほか「地鳴き」「ぐぜり」など様々な鳴き方をしますが、様々な鳴き方に対応しています。

 

ちょっと気になる鳥の声を確認したい、という時にはこのWebサイトが役立つことは間違いなしです。

 

Webサイト: バードリサーチ鳴き声図鑑| バードリサーチ / Bird Research

 

3. カモ類の識別

Webサイトいうかページですが、カモの識別点を一覧化してくれています。

 

掲載種数は多くないのですが、オス・メス、エクリプス(非繁殖期の姿)の識別はそれ用の本を購入しないと確認できないため、非常に助かります。

 

身近なカモの識別を確認する程度の使い方であれば、このページは非常に役立つかと思います。

 

Webサイト: kamo

 

4. 野鳥情報 NAVER まとめ

こちらではバードウォッチャーの方々のブログ情報などをまとめてくださっており、リアルタイムな情報を得られます。

 

このサイトを活用することによって、渡り鳥はもう渡来しているのか、もう繁殖地に帰ってしまったのか、と言った情報を手に入れるのに役立ちます。

 

しかも地域別の情報になります。

 

更新頻度が高く、新鮮な情報が手に入るのも、Webならではの強みですね!

 

matome.naver.jp

 

おわりに

今回、初心者向けにオススメする図鑑・Webサイトを紹介しました。

 

野鳥の識別について紹介しましたが、野鳥の名前を知ること自体はそんなに大事ではありません。

 

名前を知ったことをきっかけに、その野鳥をもっと調べてより深く知ることが大事なのです。

 

図鑑などで新たな特徴や習性を知ったら、次回の野鳥観察時にその知識を活かしてみましょう。

 

僕は図鑑で、タゲリが猫のような鳴き声をすると知って、それを聞くために観察に行ったこともあります。(「にゃー」という声、確かに聞けました!)

 

「他の野鳥の魅力も知りたい!」という方はこちらの記事もどうぞ↓

>> 身近にも海外にも面白い野鳥はたくさんいる!野鳥の魅力紹介まとめ

 

「野鳥観察をこれから始めてみたい!」という方はこちらの記事もどうぞ↓

>> 野鳥観察を始めよう!必要な装備と野鳥観察に役立つ知識を紹介

 

では、また。