ネイチャーエンジニア いきものブログ

虫・鳥などの動植物の魅力や知識など、自然観察をもっと楽しむための情報を発信します。

ジョウビタキはオレンジ色のかわいい冬鳥【名前の由来は鳴き声とオスの頭】

ジョウビタキ

オレンジ色のかわいい鳥がいる!

この鳥ってどんな鳥?

こんな疑問にお答えします。


写真の鳥は、ジョウビタキ


オレンジ色の姿をした、温かみのある小鳥です。


このジョウビタキは冬鳥であり、日本では秋頃からその姿を観察することができます。


ヒタキの鳥にはたくさんの魅力的な仲間がいますが、ジョウビタキはその中でも身近に観察できる、親しみのある鳥なんですよ!


僕はネイチャーエンジニアの亀田です。


年間100回以上全国各地で生き物観察をし、様々な野鳥に出会ってきました。


そんな鳥好きの僕が、ジョウビタキの特徴と魅力を紹介します。




 

ジョウビタキはオレンジ色のかわいい冬鳥【名前の由来は鳴き声とオスの頭】

ジョウビタキ


オレンジ色のかわいい小鳥【紋付袴を着た鳥】

ジョウビタキは、オレンジ色の姿をしたかわいい小鳥。


以下のように、オスとメスで姿が違います


黒とオレンジが鮮やかなオス
ジョウビタキ オス


ちょっと地味な色味のメス
ジョウビタキ メス


全体としてはメスが茶色っぽい地味な色味ですが、尾はちゃんとオレンジ色になっています。


このオレンジ色が温かみがあって、とっても親しみを感じる鳥なんですよね。


またオス・メスに共通した特徴があって、それは羽にある白い紋


特にオスは黒い地に紋が入っている姿が服を着ているに見え、「紋付袴(もんつきはかま)」を着ているとたとえられます。

鳴き声は「ヒッ、ヒッ、ヒッ」

ジョウビタキは冬鳥であり、日本には秋(10〜11月)頃、中国やロシアから日本に渡ってきます。


基本的に野鳥が鳴く(=さえずる)のは繁殖期である夏。


ジョウビタキは日本では基本的に夏に彼らの姿を見ることはできませんので、彼らのさえずりを聞くには、夏に繁殖地である中国などに行く必要があります。


そのため、彼らのさえずりを日本で聴くのは難しいのです。


ところが、冬にも関わらず、彼らが「ヒッ、ヒッ、ヒッ」と鳴くのを聞く事があります。


実はこの鳴き声は地鳴きと呼ばれるもので、さえずりとは別物


地鳴きは、繁殖期などの季節とは関係なく出す鳴き声なのです。


だから冬の季節も地鳴きは聞くことができるので、農耕地などひらけた場所でこの声が聞こえたら、ジョウビタキがいるかもしれません。

名前の由来は鳴き声とオスの白髪頭

ジョウビタキの名前は、

・「ヒッ、ヒッ、ヒッ」という鳴き声
・オスの白髪頭

が由来です。


まず、ジョウビタキの「ジョウ」は漢字で「」と書きますが、これは能楽の翁(おきな)のこと。


オスの灰色の頭を「男性の白髪」に見立てたんですね。


ジョウビタキのオスは頭が灰色
ジョウビタキ


また、ジョウビタキの「ビタキ」は「ヒタキ」という意味。


ジョウビタキはスズメ目のヒタキ科というグループに属し、〇〇ビタキという鳥は「ヒッ、ヒッ」という鳴き声を出すのです。


この声が「火打石を叩いた音」に聞こえることが、「火焚=ヒタキ」という名の由来になったようです。


なのでジョウビタキとは、「尉(=能楽の翁)のような姿のヒタキ」という意味なのですね。




ジョウビタキは観察しやすい身近な冬鳥

ジョウビタキ

ジョウビタキは多様なヒタキの仲間の中でも、観察しやすい種です。


その理由は大きく以下の2つ。

1. 農耕地など人里でよく見られる
2. 人前によく現れる【縄張り意識が強い】


1. 農耕地など人里でよく見られる

ジョウビタキは、農耕地や林縁、公園、庭など、人里近くで行動することの多い鳥。


僕は東京の都市部に住んでいますが、冬は家にいてジョウビタキの声を聞くことがあります。


家のベランダから外をのぞくと、ジョウビタキの姿を見ることもあるんですよ。


それ以外にも、普段探索をしていて、人家の庭の木やブロック塀にジョウビタキが立っている姿も良く見かけます。


このように、ジョウビタキは人に近い場所に住むヒタキなのです。

2. 人前によく現れる【縄張り意識が強い】

ジョウビタキと同じように人の近くに住んでいる鳥はいますが、多くの鳥は姿を頻繁に見せることはありません


特に小鳥はあまり人前に姿を出さない傾向があり、ウグイスやメジロなどは近くに生息はしていても、じっくり観察するチャンスはあまり多くないかと思います。


ではなぜジョウビタキが人前に現れてくれるのか?


それは、「縄張り意識が強い」ため。


むしろ目立つ場所に立って、相手に自分がいることをアピールしているのです。


実は同じような時期に同じような行動をしている鳥が、身近にもう一種います。


それは、モズ


小さな猛禽類 モズ
モズ


モズも秋になると、縄張りアピールのために目立つ場所に立ち、大きな声で鳴いたり(モズの高鳴き)します。


また、農耕地や林縁など、モズが住む場所もジョウビタキに似ています。


つまり、ジョウビタキとモズはライバル


本格的な冬になる前の時期は、ジョウビタキとモズが縄張り確保のために、にらみ合いや威嚇し合っている場面を見ることがあります。

冬の季節に会いたくなる

このように、ジョウビタキは身近な場所で色々な表情を見せてくれる鳥。


毎年シーズンに彼らに出会うのが楽しみな鳥なのです。


僕にとってもジョウビタキは非常に思い出深い鳥です。


僕が野鳥観察を初めて初めての冬シーズン、図鑑でジョウビタキという鳥を知って「ぜひ見てみたい!」と、生態とかよく知らないまま当てずっぽうで色々な場所を探したものの、なかなか見つからずでした。


そしてジョウビタキを探し始めて1ヶ月ほど、林縁を歩いているとヒョコッと顔を出したのがジョウビタキ(オス)


その美しい姿と可愛らしい姿に感激し、写真を何十枚も撮影したのを覚えています。


その時出会ったジョウビタキ
ジョウビタキ


ジョウビタキに関連する鳥たち

冬鳥

ツグミ

ジョウビタキは冬鳥と紹介しました。


鳥たちの多くは渡りという行動をし、季節が変化するにつれて出会える鳥たちが変化します。


夏鳥・冬鳥といった季節ならではの鳥について知っていると、季節の移り変わりをより楽しむことができます


以下ではジョウビタキのような、身近に見られる冬鳥を紹介していますので、ぜひご覧ください↓


同じ分類に属する鳥たち

オオルリ

※リンクから各分類の紹介を見ることができます。

おわりに:ジョウビタキのかわいい行動を観察してみよう!

記事で紹介してきたように、ジョウビタキはかわいらしく魅力的な鳥。


ですが、実はもっと面白い所があります。


例えば、彼らは縄張りアピールのため目立つ場所に出てきている時、尾を震わせながら、頭を下げる動作をします。


これがまるで「お辞儀」をしているようで可愛らしいのです。


このように、まだまだ彼らの魅力はたくさんありますので、ぜひ彼らを探して観察してみてくださいね!


以下では、野鳥観察の始め方観察に役立つ知識や道具とともに紹介していますので、ぜひご覧ください!


合わせて以下もお読みください↓

「他の野鳥の紹介」を読みたい!

野鳥の魅力紹介まとめ【海外で観察した野鳥も紹介】