ネイチャーエンジニア いきものブログ

虫・鳥などの動植物の魅力や知識など、自然観察をもっと楽しむための情報を発信します。

アカスジカメムシ|赤と黒のストライプ柄!危険そうな姿だけど本当は?

アカスジカメムシ

あ、赤と黒のストライプ柄のカメムシがいるよ!

なんだか危険そうな姿だけど…どんな虫なの?

こんな疑問に答えます。


写真の虫は、アカスジカメムシ


名前の通り、「赤い筋模様」がよく目立つカメムシです。


また、アカスジカメムシは「セリ科植物」に集まります。


1株の中に"様々な成長段階の個体が見られる"のも、面白いんですよ!


僕はネイチャーエンジニアの亀田です。


年間100回以上全国各地で生き物観察をし、様々な虫に出会ってきました。


そんな虫好きの僕が、アカスジカメムシの特徴と魅力を紹介します。




 

アカスジカメムシの特徴と魅力

赤と黒のストライプ柄がユニーク

アカスジカメムシは「カメムシ目カメムシ科」というグループに属する昆虫。


アカスジカメムシを見てまず目に入るのが、その「赤と黒のストライプ柄」です。


赤と黒のストライプ柄が目立つアカスジカメムシ
アカスジカメムシ


赤筋亀虫(アカスジカメムシ)」の名前の由来も、このストライプ柄が由来。


まるで絵で書いたかのようなユニークな姿をしていて、自然が生み出すデザインにはいつも驚かされます。


このようにあえて派手な姿で目立ち、捕食者に危険があるように見せる色の組み合わせを「警戒色」と言います。


例えば、ハチは黒と黄色の姿を警戒色として使っています。


警戒色を持つスズメバチ
オオスズメバチ


ハチには本当に毒がありますが、アカスジカメムシには毒はありません


毒を持つ他の虫に擬態をしているのか、それとも模様で危険がある雰囲気を醸し出しているのか。


いずれにしてもその派手な模様は、”自身の身を守るためのもの”ではないかと思われます。


このような虫たちが生き残るための知恵も、色々とあって面白いものです。




セリ科植物の上で見られる

アカスジカメムシは「セリ科植物」で見られるカメムシです。


セリ科植物は、山であればシシウドなど、海岸にも様々な種類の大型セリ科植物が見られます。


山や海岸というと、大自然感のある環境のイメージですが、もっと身近な場所で見ることのできるセリ科植物もいます。


例えば、「フェンネル」。


フェンネル食用として使われる植物であり、公園などにも植えられています。


アカスジカメムシは、このフェンネルの上でも見ることができます。


フェンネルとアカスジカメムシ
フェンネル


このように、アカスジカメムシは公園など身近な場所でも観察できる昆虫なのです。

成長過程を観察しやすい

アカスジカメムシは、「1株の植物の上で群れている」ということも多いです。


そこでは、"様々な姿や成長段階の個体が見られる"のも面白いところです。


例えば、以下はアカスジカメムシの「幼虫」。


アカスジカメムシの幼虫
アカスジカメムシ 幼虫


幼虫はまだはねが生えそろっていません。


ちなみに幼虫も、孵化したばかりのものから成虫に近い段階のものまで、様々な姿のものがいます。


また、以下のように「交尾中の姿」を観察することもよくあります。


交尾中のアカスジカメムシ
アカスジカメムシ 交尾中


他にも、「脱皮直後の姿」を見ることもできたり!


脱皮直後と思われるアカスジカメムシ
アカスジカメムシ 脱皮直後


このように、様々な成長段階・行動をしている個体が見られるのです。


公園などの小さなエリアでは、植物が生えている範囲が集中しているため、群れが観察できることが多い


もしアカスジカメムシの群れに出会ったら、ぜひ様々な個体を観察してみてください!

アカスジカメムシと同じ分類に属する虫たち

クサギカメムシ

アカスジカメムシはカメムシ目カメムシ科に属する虫。同じ分類の虫たちを以下で紹介しています。


[カメムシ目]
半翅目(カメムシ目)の昆虫まとめ|ストローのような口吻を持つ虫たち

[カメムシ科]
カメムシ科の昆虫の種類と特徴|代表的なカメムシを多く含むグループ


おわりに:アカスジカメムシを観察してみよう!

アカスジカメムシは、とても個性的な姿を持つカメムシです。


身近な場所でも見られる可能性のある虫なので、出会ったら、ぜひそのユニークな姿を観察してみてください!


むし探しを体験できるゲームアプリも配信中!こちらもぜひ、遊んでみてください↓


■ 虫探しロールプレイングゲーム「むしマスター!3」

むしマスター!3

 


他の虫の紹介、虫ゲーム・アプリ、虫観察、用語解説などに関する記事はこちらから↓

虫に関連する記事まとめへ